浜村孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浜村 孝
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 高知県土佐市
生年月日 (1947-04-26) 1947年4月26日(72歳)
身長
体重
180 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1965年 ドラフト1位
初出場 1966年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

浜村 孝(はまむら たかし、1947年4月26日 - )は、高知県出身の元プロ野球選手。ポジションは遊撃手。西鉄ライオンズ高卒新人時代から読売ジャイアンツ退団までの選手としての登録名浜村 健史(読み同じ)。

経歴[編集]

高知商業では2年生の時、1964年夏の甲子園予選南四国大会準決勝に進むが徳島商に敗退。この大会で3本塁打を放ち注目される。同年の秋季四国大会決勝に進出、同期のエース江本孟紀が好投し、小坂敏彦のいた高松商を降し優勝を飾る。翌1965年第37回選抜高等学校野球大会への出場を決めたが、部の不祥事で出場辞退。夏の県予選も出場停止処分を受けた。

1965年のプロ野球ドラフト会議西鉄ライオンズに1位指名され入団する。同じく江本も西鉄に4位指名されるが、4番でエースだったにも関わらず、3番を打っていた浜村より下位指名だった事が納得いかず入団拒否した。

入団2年目の1967年には、船田和英の故障もあって遊撃手に定着。豊田泰光の背番号7を受け継ぎ、1969年までレギュラーとして活躍。しかし打撃面で伸び悩み、1970年のシーズン後半には、菊川昭二郎にポジションを譲る場面が多くなる。

同年オフ、広野功と共に、高橋明田中章梅田邦三とのトレード読売ジャイアンツへ移籍[1]1971年には12試合に先発出場。しかしシーズンオフに事故で右手小指を切断し、1972年に二軍で復帰するものの、同年限りで引退した。

1976年に太平洋へ復帰し、登録名は戸籍上の「浜村孝」とした。翌1977年は一軍に入れず、同年限りで再び引退。ロッテオリオンズコーチ1988年から1992年まで務めた。ロッテ退団後は、地元で浜村海産の代表として活動している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1966 西鉄 13 10 9 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1967 75 209 193 18 42 7 1 5 66 16 1 3 3 0 10 0 3 31 4 .218 .267 .342 .609
1968 114 284 253 24 60 9 0 3 78 18 6 2 5 2 23 6 1 37 10 .237 .301 .308 .609
1969 85 270 240 26 51 13 1 4 78 20 5 1 7 1 19 0 3 32 9 .213 .278 .325 .603
1970 89 206 190 13 44 7 1 1 56 3 5 4 6 0 10 0 0 33 1 .232 .270 .195 .465
1971 巨人 39 50 45 2 6 1 0 0 7 1 1 0 2 0 2 0 1 9 2 .133 .188 .156 .344
通算:6年 415 1029 930 84 203 37 3 13 285 58 18 10 24 3 64 6 8 144 26 .218 .274 .306 .580

背番号[編集]

  • 16(1966年 - 1967年)
  • 7(1968年 - 1970年)
  • 29(1971年)
  • 33(1972年)
  • 32(1976年 - 1977年)
  • 89(1988年 - 1991年)
  • 74(1992年)

登録名[編集]

  • 浜村 健史(はまむら たかし、1966年 - 1972年)
  • 浜村 孝(はまむら たかし、1976年 - 1977年)

脚注[編集]

  1. ^ 『別冊週刊ベースボール早春号 プロ野球 新・トレード史』ベースボール・マガジン社、1998年2月28日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]