佐藤敬次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 敬次
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県大宮市
生年月日 (1950-09-22) 1950年9月22日(68歳)
身長
体重
175 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1968年 ドラフト7位
初出場 1970年
最終出場 1970年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

佐藤 敬次(さとう けいじ、1950年9月22日-)は、埼玉県出身の元プロ野球選手である。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

大宮工業高校では1968年に、選抜高校野球大会全国高校野球選手権大会に出場。春の選抜では、防府商業高校(山口)・浜松工業高校(静岡)・平安高校(京都)などを降して、「初出場初優勝」の快挙を成し遂げている。但し、同期のエース・吉沢敏雄(慶大東京ガス)の控えに過ぎなかった佐藤は、この大会では登板機会が無かった。夏の選手権は2回戦で津久見高の石井吉左衛門(鐘淵化学)に抑えられ敗退するが、この試合で吉沢をリリーフし甲子園初登板を果たす。他の高校同期では、外野手の石井清一郎(阪急)、控え投手の奈良正雄(ロッテ)がプロ入りしている。

この年秋のドラフト会議で、東京オリオンズから7位指名を受け、プロ入り(会議の後、東京オリオンズはロッテに買収され、「ロッテオリオンズ」にチーム名を変更している)。

2年目(1970年)には、ジュニアオールスターゲームでMVPを獲得した。落差のあるカーブと手もとに食込むシュートが武器。この年は、初めて公式戦で投げたが、散々な結果に終わっている。

その後、1971年オフに金銭トレードで南海ホークスへ移籍。しかしここでは2軍暮らしに終始し、1972年暮れに引退した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1970 ロッテ 2 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 29 5.0 11 4 3 0 0 1 0 0 10 9 16.20 2.80
通算:1年 2 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 29 5.0 11 4 3 0 0 1 0 0 10 9 16.20 2.80

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 41 (1969年 - 1971年)
  • 37 (1972年)

関連項目[編集]