宇佐美和雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宇佐美 和雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県君津郡平河町
生年月日 1950年
没年月日 1969年3月14日
身長
体重
179 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1968年 ドラフト3位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

宇佐美 和雄(うさみ かずお、1950年[1] - 1969年3月14日)は、千葉県出身[1]プロ野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

木更津中央高ではノーヒットノーランを2回達成[2]1968年夏の甲子園県予選では準決勝に進出するが、千葉商に0-2で惜敗し甲子園への出場は果たせなかった[3]。高校同期には、宇佐美と二本柱だった長谷川勉投手がいる。

同年のドラフト西鉄ライオンズに3位指名されて入団[3]。ドラフト1位の東尾修、2位の乗替寿好とともに西鉄の三羽烏と呼ばれていた[4]。本格派でカーブ、シュートを武器にした。

1969年3月14日午後9時頃、雨天練習場で練習中に同僚の打球が左胸に直撃[2]。その場に倒れた後、立ち上がって練習場の出口まで歩き、再度倒れた[5]。その場で人工呼吸や酸素吸入を受けたが、外傷性ショックのため[5]30分後に死去[4]。プロ野球選手になって僅か数ヶ月での悲劇だった[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 36 (1969年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 森岡浩 『プロ野球人名事典2003』 日外アソシエーツ、2003年、80頁。
  2. ^ a b 週刊ベースボールベースボール・マガジン社、1969年3月31日号、13頁。
  3. ^ a b c 房総球児選手名鑑 宇佐美和雄 Archived 2010年10月27日, at the Wayback Machine. 2011年7月11日閲覧。
  4. ^ a b 『朝日新聞』1969年3月15日、13面。
  5. ^ a b 『週刊ベースボール』、14頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]