秋葉敬三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
秋葉 敬三
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県
生年月日 (1946-11-11) 1946年11月11日(71歳)
身長
体重
172 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1968年 ドラフト11位
初出場 1969年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

秋葉 敬三(あきば けいぞう、1946年11月11日 - )は、鹿児島県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

鹿児島商業高校では1年生の時、1962年夏の甲子園に控え投手として出場。準々決勝に進出するが、林俊彦木俣達彦のバッテリーを擁する中京商に敗退[1]。この試合でエース浜崎正人をリリーフし甲子園初登板を果たす。チームメートに中原勝利下須崎詔一がいた。

高校卒業後は、社会人野球リッカーミシンに入団。その後、鹿児島鉄道管理局に移籍し1965年からエースとなる。1967年の全国鉄大会で、高崎鉄道管理局を相手に完全試合を達成し脚光を浴びた。同年の都市対抗には日本鉱業佐賀関の補強選手として出場。1回戦で池田重喜を好リリーフ、電電東北を降すが、2回戦で日本コロムビアに敗退[2]

1968年プロ野球ドラフト会議西鉄ライオンズから11位指名を受け、翌1969年のシーズン途中に入団[3]

入団当初はシュートを武器にしていたが、1969年の秋の練習でスライダーを取得。1970年には主に中継ぎとして22試合に起用されたが、その後は登板機会に恵まれず、1972年限りで引退。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1969 西鉄 6 2 0 0 0 0 2 -- -- .000 62 13.2 19 2 4 0 2 5 1 0 9 7 4.50 1.68
1970 22 4 0 0 0 0 3 -- -- .000 175 39.1 45 6 14 0 1 20 0 0 22 19 4.38 1.50
1971 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 8 2.0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.50
通算:3年 29 6 0 0 0 0 5 -- -- .000 245 55.0 67 8 18 0 3 25 1 0 31 26 4.25 1.55

背番号[編集]

  • 14 (1969年 - 1970年)
  • 37 (1971年 - 1972年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  3. ^ プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、8ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]