全球団勝利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

全球団勝利(ぜんきゅうだんしょうり)とはプロ野球の公式戦で投手が組織に所属する全ての球団から勝利を挙げることである。

日本プロ野球[編集]

日本プロ野球機構におけるこの記録が注目され始めたのは、1978年渡辺秀武ロッテオリオンズに移籍し、すでにその時点で日本ハムファイターズ以外の当時NPBに存在していた11球団から勝利投手となっていたので、「史上初」の記録を達成するのではないかと当時の『週刊ベースボール』誌上で取り上げられたことが、初期のものとして確認できる。宇佐美徹也『プロ野球記録大鑑』(講談社、1993年ISBN 4-06-206108-2)によると、その後、野村収古賀正明が記録を達成し、渡辺[1]江夏豊[2]宮本幸信吉見祐治清水直行小林宏之下柳剛帆足和幸などがあと1球団で達成できたが果たせなかった。

日本野球連盟のリーグ分裂1950年)以降、セ・パ交流戦が実施される前年(2004年)までは、公式戦のない別リーグのチームから勝利を挙げることは難しかったが、交流戦開始により達成が容易となったことから、記録としての価値を落としたとの指摘がある[3]

達成者[編集]

[4]セ・パ12球団制となった1958年以降、2014年終了時点で以下の17名の選手が達成している。

○は大阪近鉄バファローズ東北楽天ゴールデンイーグルスを含む13球団から勝利した選手
○表記のない選手はそれぞれの達成当時の既存12球団から勝利
▲は2004年以前から現役で、近鉄に勝利していない、もしくは対戦していない選手
選手名の太字表記はNPB在籍現役選手、球団名の太字表記は達成時の所属球団を示す。所属球団はNPB球団のみ表記

選手 所属球団 達成日 対戦相手 備考 通算勝利数
野村収 大洋ホエールズ1969年 - 1971年
ロッテオリオンズ1972年 - 1973年
日本ハムファイターズ1974年 - 1977年
横浜大洋ホエールズ1978年 - 1982年
阪神タイガース1983年 - 1986年
1983年5月15日 大洋 交流戦開始以前の達成 121勝
古賀正明 太平洋クラブライオンズ
クラウンライターライオンズ
1976年 - 1978年)
ロッテオリオンズ(1979年
読売ジャイアンツ1980年
横浜大洋ホエールズ1981年 - 1984年
1983年10月4日 巨人 交流戦開始以前の達成 38勝
武田一浩 日本ハムファイターズ(1988年 - 1995年
福岡ダイエーホークス1996年 - 1998年
中日ドラゴンズ1999年 - 2001年
読売ジャイアンツ2002年
2002年5月7日 中日 交流戦開始以前の達成 89勝
門倉健 中日ドラゴンズ(1996年 - 1999年)
大阪近鉄バファローズ(2000年~2003年
横浜ベイスターズ(2004年 - 2006年)
読売ジャイアンツ(2007年 - 2008年)
2005年8月20日 中日 76勝
吉井理人 近鉄バファローズ(1984年 - 1994年)
ヤクルトスワローズ(1995年 - 1997年)
オリックス・ブルーウェーブ
オリックス・バファローズ
(2003年 - 2007年)
千葉ロッテマリーンズ(2007年)
2006年3月29日 楽天 [5] 89勝
工藤公康 西武ライオンズ1982年 - 1994年
福岡ダイエーホークス(1995年 - 1999年)
読売ジャイアンツ(2000年 - 2006年
横浜ベイスターズ2007年 - 2009年
埼玉西武ライオンズ2010年
2007年7月24日 巨人 [6] 224勝
久保康友 千葉ロッテマリーンズ(2005年 - 2008年
阪神タイガース2009年 - 2013年
横浜DeNAベイスターズ2014年 - )
2009年7月14日 中日
藤井秀悟 ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワローズ(2000年 - 2007年
北海道日本ハムファイターズ(2008年 - 2009年)
読売ジャイアンツ2010年 - 2011年
横浜DeNAベイスターズ(2012年 - 2014年
2010年5月3日 ヤクルト 88勝
石井一久 ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワローズ(1992年 - 2001年、2006年 - 2007年)
埼玉西武ライオンズ(2008年 - 2013年)
2010年5月19日 ヤクルト [7] 143勝
杉内俊哉 福岡ダイエーホークス
福岡ソフトバンクホークス(2002年 - 2011年)
読売ジャイアンツ(2012年 - )
2012年7月27日 広島
セス・グライシンガー 東京ヤクルトスワローズ(2007年)
読売ジャイアンツ(2008年 - 2011年)
千葉ロッテマリーンズ(2012年 - 2014年)
2012年8月14日 ソフトバンク 外国人選手では初 64勝
木佐貫洋 読売ジャイアンツ(2003年 - 2009年)
オリックス・バファローズ(2010年 - 2012年)
北海道日本ハムファイターズ(2013年 - 2015年)
2013年5月20日 巨人 62勝
涌井秀章 埼玉西武ライオンズ (2005年 - 2013年)
千葉ロッテマリーンズ(2014年 - )
2014年4月15日 西武 単独リーグ所属での達成は史上初[8]
寺原隼人 福岡ダイエーホークス
福岡ソフトバンクホークス(2002年 - 2006年)
横浜ベイスターズ(2007年 - 2010年)
オリックス・バファローズ(2011年 - 2012年)
福岡ソフトバンクホークス(2013年 - )
2014年4月16日 楽天
大竹寛 広島東洋カープ(2003年 - 2013年)
読売ジャイアンツ(2014年 - )
2014年4月26日 広島
ジェイソン・スタンリッジ 福岡ソフトバンクホークス(2007年 - 2008年)
阪神タイガース(2010年 - 2013年)
福岡ソフトバンクホークス(2014年 - 2015年)
千葉ロッテマリーンズ(2016年 - )
2014年6月9日 阪神
林昌範 読売ジャイアンツ(2002年 - 2008年)
北海道日本ハムファイターズ(2009年 - 2011年)
横浜DeNAベイスターズ(2012年 - )
2014年6月21日 西武

あと1球団勝利で達成[編集]

NPB所属の現役選手のみ。現在の所属球団から勝利で達成の場合は除く。

以下は2005年の近鉄消滅以降

参考記録[編集]

1957年以前も含め、最も多くの球団から勝ち星を挙げたのは緒方俊明ヴィクトル・スタルヒンの15球団だが、ともに自らが在籍した西日本パイレーツ(緒方)・トンボユニオンズ(スタルヒン)が短期で消滅(存在期間は西日本:1950年のみ、トンボ・高橋:1954年-1956年)したため、全球団勝利には至っていない。

メジャーリーグベースボール[編集]

メジャーリーグベースボールではこれまで18人が達成している[9][10]

あと1球団勝利で達成[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1978年8月25日の日本ハム戦で、同点の状況で登板、9回表にリードをもらい、勝利投手の権利を得たが、その裏に逆転負けを喫し、そのままシーズンを終えた。翌1979年から引退までを日本ハムとの対戦のない広島東洋カープで過ごした。
  2. ^ 江夏は日本プロ野球史上初の「全球団からセーブ」を達成。宇佐美徹也『プロ野球記録大鑑』(講談社、1993年ISBN 4-06-206108-2) p.805
  3. ^ 今年も“苦労人”の記録正当に評価したい - 番記者わがままトーク(スポーツニッポン
  4. ^ この節の出典は特記無い場合、パ・リーグ公式サイトのBLUE BOOK(2015年版)とする。
  5. ^ オリックス・ブルーウェーブ在籍時代に近鉄戦に登板しているが勝利はしていない。
  6. ^ 交流戦とは無関係に達成。
  7. ^ 2001年の日本シリーズで近鉄から勝利を挙げている。
  8. ^ 涌井 史上13人目全球団勝利 単独リーグ所属では初スポーツニッポン2014年4月15日配信
  9. ^ 黒田 日本選手初の30球団勝利ならず…「ホームランが痛かった」スポーツニッポン2014年8月6日配信
  10. ^ Haren 13th pitcher to beat all 30 MLB teams

関連項目[編集]