上林成行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
上林 成行
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県音羽町
生年月日 (1949-11-01) 1949年11月1日(68歳)
身長
体重
179 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1973年 ドラフト3位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

上林 成行(かみばやし なりゆき、1949年11月1日 - )は、愛知県音羽町出身の元プロ野球選手投手)。近鉄バファローズに在籍。ドラフトで3回指名を拒否し4回目で入団した。ドラフト指名回数としては藤沢公也(5回指名、4回入団拒否)に次いで多い。

来歴・人物[編集]

愛知県立国府高等学校では、1967年春季中部大会県予選準決勝に進むが、愛知商に敗退。同年に南海ホークスにドラフト6位で指名されたが進学希望のため入団を拒否。右の本格派で長身から投げ込む速球が武器。高校時代には12球団のうち11球団のスカウトから誘われたが、一番入団したかった読売ジャイアンツのスカウトからオファーがなかった。大学受験浪人中の翌年1968年ドラフトで広島東洋カープから9位指名されるも拒否し、1969年法政大学進学。

しかし進学後、すぐに肩を痛め2年で中退。当時の法大は山中正竹横山晴久などの強力投手陣を擁し、出番も見込めなかった。1971年クラレ岡山に入社。スリークォーターからの速球、カーブを武器に社会人野球で活躍した。

1972年のドラフトで太平洋クラブライオンズから5位指名されるも会社からの慰留もあり、また拒否。翌1973年、クラレ岡山硬式野球部が11月末に廃部。同年のドラフトで近鉄バファローズから3位指名され入団した。1974年にはウエスタン・リーグで最多勝利投手になった。1981年まで在籍したが、ついに一軍昇格を果たせなかった。引退後は会社員となる。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 26 (1974年 - 1980年)
  • 52 (1981年)

関連項目[編集]