1980年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プロ野球ドラフト会議 > 1980年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

1980年度新人選手選択会議(1980ねんどしんじんせんしゅせんたくかいぎ)は1980年に行われた第16回のプロ野球ドラフト会議である。

概要[編集]

  • 1980年11月26日東京・飯田橋ホテルグランドパレスにおいて開催された。
  • 指名順位で選手が重複した場合は抽選となった。
  • 抽選に外れた球団は奇数指名順位はウエーバー方式、偶数指名順位は折り返しウエーバー方式で希望選手を指名。
  • ウエーバー順位は南海 - 中日 - 阪急 - 阪神 - 西武 - 大洋 - 日本ハム - 巨人 - ロッテ - ヤクルト - 近鉄 - 広島。

複数球団指名選手[編集]

順位 選手名 ポジション 指名球団
1位 原辰徳 内野手 巨人、広島、大洋、日本ハム
1位 石毛宏典 内野手 西武、阪急
1位 竹本由紀夫 投手 ヤクルト、近鉄
2位 武藤一邦 外野手 ロッテ、南海、日本ハム、近鉄
2位 岡村隆則 外野手 西武、ヤクルト
3位 小原正行 内野手 巨人、中日、阪神、日本ハム
3位 花房健 投手 近鉄、ヤクルト
  • 太字は交渉権獲得球団。

指名リスト[編集]

セントラル・リーグ[編集]

広島東洋カープ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 川口和久 投手 デュプロ 入団
2位 榊原聡一郎 内野手 宮崎日本大学高 入団
3位 松林和雄 外野手 柳井商業高 入団
4位 原伸次 捕手 広陵高 入団

ヤクルトスワローズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 竹本由紀夫 投手 新日本製鐵室蘭 入団
2位 佐々木正行 外野手 大昭和製紙 入団
3位 宮城弘明 投手 横浜商業高 入団
4位 高仁秀治 投手 東京農業大学第二高 入団

読売ジャイアンツ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 原辰徳 内野手 東海大学 入団
2位 駒田徳広 投手 桜井商業高 入団
3位 小原正行 内野手 臼杵商業高 入団
4位 瀬戸山満年 内野手 中京高 拒否・プリンスホテル入社

横浜大洋ホエールズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 広瀬新太郎 投手 峰山高 入団
2位 堀井恒雄 内野手 大阪商業大学 入団
3位 高木豊 外野手 中央大学 入団
4位 市川和正 捕手 東海大学 入団

阪神タイガース[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 中田良弘 投手 日産自動車 入団
2位 渡真利克則 内野手 興南高 入団
3位 石橋功行 投手 島根・大田高 入団
4位 山田和英 投手 大阪商業大学 入団

中日ドラゴンズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 中尾孝義 捕手 プリンスホテル 入団
2位 後藤祝秀 投手 本田技研 入団
3位 古谷盛人 捕手 和歌山・熊野高 入団
4位 長田克史 内野手 日産自動車 入団

パシフィック・リーグ[編集]

近鉄バファローズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 石本貴昭 投手 兵庫・滝川高 入団
2位 大石大二郎 内野手 亜細亜大学 入団
3位 花房健 投手 福岡大学 入団
4位 依田栄二 投手 甲府商業高 入団

ロッテオリオンズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 愛甲猛 投手 横浜高 入団
2位 武藤一邦 外野手 法政大学 入団
3位 欠端光則 投手 岩手・福岡高 入団
4位 桃井進 内野手 電電信越 入団

日本ハムファイターズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 高山郁夫 投手 秋田商業高 拒否・プリンスホテル入社
2位 金城博和 外野手 興南高 入団
3位 木村孝 外野手 近畿大学 入団
4位 清水信明 捕手 東京農業大学第二高 入団

西武ライオンズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 石毛宏典 内野手 プリンスホテル 入団
2位 岡村隆則 外野手 河合楽器 入団
3位 杉本正 投手 大昭和製紙 入団
4位 安部理 内野手 東北高 入団

阪急ブレーブス[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 川村一明 投手 松商学園高 拒否・プリンスホテル入社
2位 長村裕之 捕手 駒澤大学 入団
3位 弓岡敬二郎 内野手 新日本製鐵広畑 入団
4位 西尾利春 投手 二松學舍大学附属高 入団

南海ホークス[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 山内和宏 投手 リッカー 入団
2位 井上祐二 投手 都城高 入団
3位 刀根剛 外野手 敦賀高 入団
4位 山田勉 外野手 松下電器 入団