高山郁夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高山 郁夫
オリックス・バファローズ コーチ #73
HAWKS82-TAKAYAMA.jpg
ソフトバンク・コーチ時代
(2011年6月24日、福岡Yahoo!JAPANドームにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県大館市
生年月日 (1962-09-08) 1962年9月8日(56歳)
身長
体重
188 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1984年 ドラフト3位
初出場 1985年5月6日
最終出場 1996年8月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

高山 郁夫(たかやま いくお、1962年9月8日 - )は、秋田県大館市出身の元プロ野球選手投手、右投右打)、コーチ2018年からオリックス・バファローズの一軍投手コーチを務めている。

来歴・人物[編集]

アマチュア時代[編集]

秋田商業高校では甲子園に3回出場。2年生の時、背番号11ながらエースとして1979年夏の甲子園に出場。2回戦(初戦)で永田利則のいた広島商に敗退。翌1980年春の選抜に出場。140km/h近い速球を投げ[1]、1回戦では玄岡正充を擁する鹿児島商工を4安打1失点に抑え完投勝利した[2]。チームにとって19年ぶりとなった準々決勝では帝京高伊東昭光と投げ合い、5安打2失点で完投したものの0-2で敗れた[3]

一方で対帝京戦の途中で右足に激痛が走り、大会終了後に診察を受けたところ親指つけね付近の骨が砕けている事がわかった[4]。手術が必要なものの従来通りの投球ができなくなる可能性もあって悩み、1年生の頃から面識のあった根本陸夫に相談したところ、プリンスホテルに入社して手術とリハビリを行なう事を勧められた[4]。何年でも待つという根本の言葉に感銘を受け[4]同年のドラフト会議前には西武以外から指名を受けた場合はプリンスホテルに進む事を明言している[5]

1980年の春季東北大会県予選は先述のケガのため出場しなかったが、夏の甲子園県予選には復帰[1]。決勝で能代高に延長11回サヨナラ勝ち、夏の甲子園に2年連続で出場を決める。本大会は3回戦で橘高淳のいた瀬田工に敗退するが、最高149km/hの速球を投げ[6]、大会屈指の好投手と評された[7]。ドラフト会議では日本ハムから1位指名を受けたが、事前の発表通り入団を拒否し、11月30日三沢今朝治スカウトらに正式に断りをいれて[8]プリンスホテルに入社した。入社後は右足の手術を受けて3年間をリハビリに費やし[4]1984年に西武の練習生となり、1A・カリフォルニアリーグサンノゼ・ビーズに野球留学して24試合に登板している。同年オフのドラフトで3位指名を受けて正式に選手登録された。

プロ野球選手時代[編集]

手術後は球速が140km/hに届かず技巧派を目指し[4]、1年目の1985年は初先発となった8月29日の対南海戦で完封勝利を挙げている。翌1986年は1試合の登板に終わったものの、1988年には5月8日の対ロッテ戦で3年ぶりの完投勝利を記録した[9]1989年先発ローテーションの谷間を埋め[10]、自身最高の5勝を挙げる。大一番となった10月12日の対近鉄戦ではダブルヘッダーの第2試合に先発したが、ラルフ・ブライアントに第1試合から続き日本タイ記録となる4打数連続本塁打を達成されるなど4失点でノックアウトされ、チームも連敗を喫してリーグ5連覇を逃した。

1991年1月9日に高木宣宏との交換トレードが発表され、広島に移籍[11]。スリークォーターからアンダースローサイドスローに転向し試行錯誤したものの登板機会は少なく[4]1992年オフには160万円減の年俸1,440万円(推定)で契約を更改している[12]1995年ダイエーへ移籍するも同じく出番が少なく、1996年に現役を引退した。武器はカーブ、シュート、決め球はフォークボール。

現役引退後[編集]

引退後は三鷹市の不動産会社に勤務し[4]、その傍らで少年野球の指導を行なっていた。またマスターズリーグでは博多ドンタクズに所属している[4]2005年に西武時代の同僚だった石毛宏典に誘われて四国アイランドリーグ愛媛マンダリンパイレーツの投手コーチに就任した。制球力に難のあった西山道隆のフォームを矯正し[13]、西山は同年のドラフトでソフトバンクに指名を受けて入団した。また、指名に先立って自身のソフトバンク2軍投手コーチへの就任も決まり、10月27日にマンダリンパイレーツの退団を発表している[14]

2007年シーズンからは1軍投手コーチ(ブルペン)となり、2008年はリーグワーストの救援防御率だった[15]2009年からは解任された杉本正の後任として一軍投手コーチ(ベンチ)に就任。同年は馬原孝浩につなぐセットアッパーの整備を課題として掲げ[16]、シーズンに入るとSBMという継投のパターンが確立された。同年はチーム防御率はリーグ5位から2位になった。2010年には勢いのある投手を起用する方針を打ち出し、森福允彦の登板機会増加につながった[17]。 現役時代から西武、ダイエーで同僚だった秋山幸二と親交が深く、監督と投手コーチという関係で円滑な連携を見せている。 2011年はチーム防御率を12球団トップの2.32(チーム防御率2点台前半は1971年の大洋以来40年ぶり)としてチームの連覇、日本一に貢献した。2013年は先発のチーム防御率が4.14とリーグワーストの2位に低迷し[18]、同年10月11日に退団することが発表された[19]

2013年10月30日にソフトバンクコーチ時代同僚だった森脇浩司が監督を務める[20]オリックス・バファローズの一軍投手コーチに就任することが発表された[21]。2015年6月2日に森脇の監督辞任が発表された際、高山も進退伺を出し球団から慰留されていたが[22]、10月3日に来年度の契約更新を行わない旨を通告された[23]。2014年から2年間コーチと選手の関係だったブランドン・ディクソンは「日米を通して、僕が指導を受けたなかで、彼は最も素晴らしいコーチのひとりです。まず、すごく頭のキレがいいんです」と述べている[24]

2015年10月17日、2016年から中日ドラゴンズの二軍チーフ投手コーチに就任することが発表された[25]2017年限りで中日を退団し、2018年からオリックス一軍投手コーチに復帰。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1985 西武 10 2 1 1 0 1 1 0 -- .500 106 22.0 19 5 23 0 1 14 0 0 19 19 7.77 1.91
1986 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 14 2.0 8 1 0 0 0 1 0 0 6 5 22.50 4.00
1988 11 5 1 0 0 3 2 0 -- .600 159 36.2 42 4 10 0 0 13 2 0 24 19 4.66 1.42
1989 21 15 4 0 1 5 4 0 -- .556 432 101.2 111 15 23 1 1 47 0 0 52 47 4.16 1.32
1990 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 5 0.1 3 0 1 1 0 0 0 0 3 3 81.00 12.00
1991 広島 9 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 51 11.0 18 2 2 0 0 9 0 0 6 6 4.91 1.82
1992 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 9 1.2 2 0 2 0 0 1 0 0 2 2 10.80 2.40
1993 3 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 28 6.1 7 2 2 0 2 3 0 0 4 4 5.68 1.42
1994 9 7 0 0 0 3 3 0 -- .500 154 35.2 42 5 7 1 1 18 0 0 23 23 5.80 1.37
1995 ダイエー 16 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 99 25.1 17 2 7 2 0 11 1 0 8 7 2.49 0.95
1996 8 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 32 6.2 11 4 1 0 1 3 0 0 9 8 10.80 1.80
NPB:11年 92 31 6 1 1 12 12 0 -- .500 1089 249.1 280 40 78 5 6 120 3 0 156 143 5.16 1.44
  • 「-」は記録なし

記録[編集]

背番号[編集]

  • 55 (1984年 - 1988年)
  • 28 (1989年 - 1990年)
  • 12 (1991年 - 1994年)
  • 43 (1995年 - 1996年)
  • 76 (2006年)
  • 82 (2007年 - 2013年)
  • 80 (2014年 - 2015年)
  • 87 (2016年 - 2017年)
  • 73 (2018年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b 読売新聞、1980年7月26日付朝刊、P.16
  2. ^ asahi.com 第52回選抜高校野球大会 秋田商 対 鹿児島商工
  3. ^ asahi.com 第52回選抜高校野球大会 帝京 対 秋田商
  4. ^ a b c d e f g h 毎日新聞、2001年11月19日付夕刊、西部本社版、P.6
  5. ^ 読売新聞、1980年11月28日付朝刊、P.17
  6. ^ 読売新聞、1980年11月27日付朝刊、P.19
  7. ^ 読売新聞、1980年8月23日付朝刊、P.17
  8. ^ 読売新聞、1980年12月1日付朝刊、P.17
  9. ^ 読売新聞、1988年5月9日付朝刊、P.18
  10. ^ 読売新聞、1989年9月24日付朝刊、P.19
  11. ^ 読売新聞、1991年1月9日付朝刊、P.19
  12. ^ 毎日新聞、1992年11月13日付朝刊、P.15
  13. ^ 毎日新聞、2005年11月16日付夕刊、P.3
  14. ^ 朝日新聞、2005年10月28日付朝刊、愛媛地方面
  15. ^ ソフトB優勝の原動力…目立たないけどスゴかった『最強ブルペン』
  16. ^ 朝日新聞、2009年2月15日付朝刊、福岡地方面
  17. ^ 毎日新聞、2010年9月4日付朝刊、西部本社版、P.19
  18. ^ ソフトB大石ヘッド、高山コーチが退団
  19. ^ コーチの退団についてソフトバンク球団公式サイト2013年10月11日配信
  20. ^ オリ投手コーチにソフトB高山氏招へい
  21. ^ コーチングスタッフ決定のお知らせオリックス・バファローズ球団公式サイト2013年10月30日配信
  22. ^ 【オリックス】楽天・酒井2軍監督を招へい 元ロッテ監督・西村氏をヘッドにスポーツ報知2015年10月2日
  23. ^ コーチ退団のお知らせオリックス・バファローズ球団公式サイト2015年10月3日配信
  24. ^ 世界一の宝石を持つ男・ディクソンがオリックスで成功したわけ スポーツナビ 2016年3月11日
  25. ^ 【中日】前Bs投手コーチの高山氏、2軍チーフ投手コーチに就任スポーツ報知2015年10月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]