ジェイコブ・ワゲスパック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェイコブ・ワゲスパック
Jacob Waguespack
トロント・ブルージェイズ #62
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ルイジアナ州アセンション郡プレイリービル英語版
生年月日 (1993-11-05) 1993年11月5日(25歳)
身長
体重
6' 6" =約198.1 cm
235 lb =約106.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 アマチュアFA
初出場 2019年5月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェイコブ・ダニエル・ワゲスパックJacob Daniel Waguespack, 1993年11月5日 - )は、アメリカ合衆国ルイジアナ州アセンション郡プレイリービル英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBトロント・ブルージェイズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2012年MLBドラフト37巡目(全体1126位)でピッツバーグ・パイレーツから指名されたが、ミシシッピ大学へ進学した。

プロ入りとフィリーズ傘下時代[編集]

2015年フィラデルフィア・フィリーズと契約してプロ入り。契約後、傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・フィリーズでプロデビュー。A-級ウィリアムズポート・クロスカッターズ英語版でもプレーし、2球団合計で19試合に登板して0勝1敗1セーブ、防御率2.00、32奪三振を記録した。

2016年はA級レイクウッド・ブルークロウズでプレーし、43試合に登板して4勝2敗6セーブ、防御率3.52、72奪三振を記録した。

2017年はA+級クリアウォーター・スレッシャーズ英語版とAA級レディング・ファイティン・フィルズでプレーし、2球団合計で31試合(先発16試合)に登板して9勝7敗1セーブ、防御率3.42、108奪三振を記録した。

2018年はAA級レディングとAAA級リーハイバレー・アイアンピッグスでプレーした。

ブルージェイズ時代[編集]

2018年7月31日にアーロン・ループとのトレードで、トロント・ブルージェイズへ移籍した[1]。移籍後は傘下のAAA級バッファロー・バイソンズでプレーし、移籍前を含めた3球団合計で28試合(先発21試合)に登板して6勝10敗1セーブ、防御率4.80、112奪三振を記録した。オフの11月20日にルール・ファイブ・ドラフトでの流出を防ぐために40人枠入りした[2]

2019年は開幕をAAA級バッファローで迎えた。5月26日にメジャー初昇格を果たすと[3]、翌27日のタンパベイ・レイズ戦でメジャーデビュー[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2019 TOR 16 13 0 0 0 5 5 0 0 .500 335 78.0 75 12 29 0 5 63 2 0 43 38 4.38 1.33
MLB:1年 16 13 0 0 0 5 5 0 0 .500 335 78.0 75 12 29 0 5 63 2 0 43 38 4.38 1.33
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2019 TOR 16 2 5 0 0 1.000
MLB 16 2 5 0 0 1.000
  • 2019年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 62(2019年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Todd Zolecki (2018年7月31日). “Phils acquire All-Star Ramos, lefty reliever Loup” (英語). MLB.com. 2019年9月1日閲覧。
  2. ^ Laura Armstrong (2018年11月20日). “Blue Jays exercise right to not share arms” (英語). The Star.com. 2019年9月1日閲覧。
  3. ^ Alexis Brudnicki (2019年5月26日). “For Waguespack, callup 'a dream come true'” (英語). MLB.com. 2019年9月1日閲覧。
  4. ^ Toronto Blue Jays at Tampa Bay Rays Box Score, May 27, 2019” (英語). Baseball-Reference.com. 2019年9月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]