安部理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安部 理
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県白石市
生年月日 (1962-12-19) 1962年12月19日(54歳)
身長
体重
184 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1980年 ドラフト4位
初出場 1984年5月11日
最終出場 1999年9月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ・監督歴

安部 理(あべ おさむ、1962年12月19日 - )は、宮城県白石市出身の元プロ野球選手外野手)。

経歴[編集]

現役時代[編集]

岩手県大船渡市立第一中学校卒。進学した東北高校では、一塁手として、同期のエース中条善伸らとともに甲子園に4度出場。「東北の掛布」の異名を持つ強打者だった。2年生時の1979年第51回選抜では1回戦で下関商に敗れる[1]。同年第61回全国選手権も1回戦で済々黌高に大敗[2]。翌1980年第52回選抜は2回戦(初戦)で松江商を破ったが、準々決勝で丸亀商に惜敗[1]。同年第62回全国選手権は、1回戦で瓊浦高のエース本西厚博を打ち崩し勝利。2回戦では後関昌彦のいた習志野高を完封で下すが、3回戦で浜松商に逆転負け[2]。中条以外の高校同期に三塁手佐藤洋がいた。

1980年度ドラフト会議で、西武ライオンズから4位指名を受けて入団。入団後は二軍暮らしが続いたが、1983年のアメリカマイナーリーグのサンノゼ・ビーズへの野球留学を経て(秋山幸二駒崎幸一白幡隆宗らと共に留学した)、1987年6月13日の対南海ホークス戦でプロ入り初本塁打となる満塁本塁打を放ち頭角を現す。同年の日本シリーズではAK砲の後続の5番打者を任され、1988年の初アーチも満塁本塁打を放つなど、チャンスに強いバッティングを遺憾なく発揮し、一躍全国のファンに名前を売った。

西武黄金時代にはレフトの準レギュラー、代打として黄金時代を支えた。ペナントレースでは不振でも、日本シリーズでは打ちまくり「シリーズ男」と言われた。特に巨人桑田真澄に強かった。

チームの若返りに伴い1996年オフに戦力外通告を受け、近鉄バファローズの入団テストを受けて合格。藤井寺球場近辺の寮で単身赴任しつつ若手選手を育て、1997年は好成績を挙げ復活した。(吉岡雄二が台頭するまでの一塁手代打として)1999年限りで現役を引退。現役最終試合は9月23日の西武ドームにおける古巣・西武戦であり、試合終了後、西武・近鉄両軍ナインが安部を胴上げして18年間にわたる現役生活への別れを労った。その為、この胴上げは多くのプロ野球ファンを感動させた。

引退後[編集]

その後、プロ野球マスターズリーグの東京ドリームスに所属。

2005年からは東北楽天ゴールデンイーグルスジュニアコーチとして選手・コーチとともに仙台市を中心とした小学校への訪問を行ったり、 「楽天イーグルス・BASEBALL SCHOOL」の常勤講師や、同球団が東北各地で主催する少年野球塾の講師などとして活動。その他、スカイ・A楽天イーグルスTVインターネット放送)での解説を担当した。

2010年より楽天の一軍打撃コーチ補佐に就任したが、総得点やチーム打率がともにリーグ最下位に低迷するなど打撃面で成績を残せず、7月25日付で礒部公一二軍育成コーチ(打撃担当)と入れ替わった。2011年は二軍打撃コーチを務めていたが、5月15日付で二軍育成コーチ(打撃担当)に配置転換となりシーズン終了後に退任[3]

2012年から西武の一軍打撃コーチに就任[4]2013年10月15日に球団から来季の契約を結ばない事が発表される[5]。2014年より韓国プロ野球高陽ワンダーズのコーチに就任する。

2015年から韓国・ハンファ・イーグルスの二軍打撃コーチに就任。同年10月8日に来季の契約を結ばないことが明らかになった[6]2017年4月から高千穂大学硬式野球部監督に就任。

人物[編集]

現役時代の愛称は「エビイ」(ローマ字で「ABE」と書くことから)。野球留学中はサム(Sam)という英語名が付けられていた(名前の「理(おさむ)」から、和田博実が命名)。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1984 西武 17 32 28 2 3 0 0 0 3 0 0 0 1 0 3 0 0 4 1 .107 .194 .107 .301
1985 23 28 26 1 2 0 0 0 2 1 0 0 0 1 1 0 0 6 0 .077 .107 .077 .184
1987 83 228 203 27 55 6 2 7 86 26 4 2 3 3 18 3 1 37 5 .271 .329 .424 .753
1988 107 361 319 39 84 17 3 8 131 49 1 3 8 2 31 3 1 57 7 .263 .329 .411 .739
1989 35 93 84 11 20 6 1 1 31 9 1 1 0 0 9 1 0 18 3 .238 .312 .369 .681
1990 34 75 62 2 13 3 1 0 18 6 2 2 2 1 10 0 0 12 1 .210 .315 .290 .605
1991 43 76 63 6 12 2 1 3 25 9 1 0 0 0 13 0 0 10 1 .190 .329 .397 .726
1992 84 248 220 24 54 17 0 7 92 25 0 3 1 1 25 1 1 29 10 .245 .324 .418 .742
1993 90 193 174 16 47 10 0 5 72 17 2 0 0 0 17 1 2 28 7 .270 .342 .414 .756
1994 92 217 201 27 70 19 3 3 104 33 2 2 0 2 14 1 0 32 6 .348 .387 .517 .905
1995 32 48 47 2 5 0 0 1 8 4 0 0 0 0 1 1 0 18 2 .106 .125 .170 .295
1996 6 8 7 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 1 2 .000 .125 .000 .125
1997 近鉄 81 195 173 16 52 11 0 2 69 24 2 2 0 4 18 1 0 27 3 .301 .359 .399 .758
1998 72 160 144 17 36 9 0 1 48 12 2 0 0 2 13 1 1 19 2 .250 .313 .333 .646
1999 17 21 21 2 5 0 0 0 5 1 1 0 0 0 0 0 0 6 2 .238 .238 .238 .476
通算:15年 816 1983 1772 192 458 100 11 38 694 217 18 15 15 16 173 13 7 304 52 .258 .324 .392 .716

記録[編集]

  • 初出場:1984年5月11日、対近鉄戦(西武) - 8回に山崎裕之の代打。橘健治の前に三振
  • 初安打:1984年5月19日、対ロッテ戦(西武) - 石川賢から単打
  • 初打点:1985年4月14日、対ロッテ戦(川崎) - 8回に村田兆治から犠飛
  • 初本塁打:1987年6月13日、対南海戦(西武) - 1回に山内和宏から満塁本塁打

背番号[編集]

  • 36 (1981年 - 1985年)
  • 6 (1986年)
  • 25 (1987年 - 1996年)
  • 38 (1997年 - 1999年)
  • 76 (2010年 - 2011年)
  • 72 (2012年 - 2013年)
  • 71 (2014年)
  • 73 (2015年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 【楽天】高浦氏ら4コーチと契約結ばず”. 日刊スポーツ (2011年10月20日). 2011年10月21日閲覧。
  4. ^ 2012年度コーチングスタッフ発表!”. 埼玉西武ライオンズ (2011年11月11日). 2011年11月12日閲覧。
  5. ^ 埼玉西武ライオンズコーチ来季契約について西武球団公式サイト2013年10月15日配信
  6. ^ 西本、立石コーチらハンファを退団デイリースポーツ2015年10月8日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]