駒崎幸一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
駒崎 幸一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県川口市
生年月日 (1959-08-30) 1959年8月30日(60歳)
身長
体重
180 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1980年 ドラフト外
初出場 1981年
最終出場 1991年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

駒崎 幸一(こまざき ゆきいち、1959年8月30日 - )は、埼玉県川口市出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

川口工業高では、左翼手で中心打者として活躍。強打の選手として注目され、1977年夏の甲子園埼玉県予選決勝で熊谷商業高を降し、チームを甲子園初出場に導く原動力となった。甲子園では、2回戦(初戦)で智辯学園高のエース山口哲治に抑えられ敗退[1]

その年のプロ野球ドラフト会議でも指名候補としても注目されていたが指名はなく、社会人野球日本通運に進んだ。高校卒業でプロ入りしなかった理由としては、甲子園の初戦でチームが大敗し自分も活躍できなかったことから、プロ入りに対する自信がなくなったことが一因だった。

日本通運では、1978年都市対抗で本塁打を放つなど活躍、1979年の第4回インターコンチネンタルカップ日本代表に選出され、日本の準優勝に貢献した。

強打の外野手として期待され、1980年オフにドラフト外西武ライオンズに入団。

入団1年目から二軍ではレギュラーとなり、1985年にはイースタン・リーグで23本塁打を放ち本塁打王のタイトルを獲得するなどしたが、アマチュア時代から守備に不安があったことが一軍昇格の障害となった。1983年はアメリカの1Aサンノゼ・ビーズに野球留学をしている。野球留学から帰国後の翌1984年には、5月から左翼手、中堅手として起用され、27試合に先発出場。7月28日の阪急戦で佐藤義則からプロ初本塁打を放つなど活躍した。一方、8月12日のロッテ戦では、5回に外野手として最多の1イニング3失策を記録する。まず山本功児の打球を後逸し、山本を刺そうとした三塁送球を暴投。次々打者の袴田英利の打球もトンネルした。ただ最後の失策は札幌市円山球場のグラウンドに凸凹が多く、打球が駒崎の前で突然はねたものである。守備力が劣ることもあってレギュラーには届かず、翌年からは主に代打として起用され、この年を超える成績は挙げられなかった。

1990年開幕直前に村岡耕一河野誉彦との交換トレードで、秋元宏作青山道雄とともに横浜大洋ホエールズに移籍。しかし出場機会は少なく、1991年限りで引退。

2011年3月に三浦洋河野博文とともに、群馬県高崎市に株式会社ドリームチームを設立し、農林業およびスポーツ支援活動をしている。また現在は埼玉の野球塾ゼロベースボールのコーチである。

1984年5月29日の対南海ホークス戦で、三塁手の立石充男による隠し球に引っ掛かってアウトになった場面は、プロ野球珍プレー・好プレー大賞で繰り返し流された。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1981 西武 6 7 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1984 60 127 117 14 33 6 1 3 50 12 2 1 0 1 6 0 3 18 3 .282 .331 .427 .758
1985 16 20 19 2 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 1 0 0 6 0 .105 .150 .158 .308
1988 50 56 55 1 13 2 0 0 15 3 0 0 0 0 1 0 0 9 1 .236 .250 .273 .523
1990 大洋 24 25 24 1 5 0 0 0 5 2 0 0 0 0 0 0 1 6 1 .208 .240 .208 .448
1991 18 17 16 1 5 1 0 0 6 2 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .313 .313 .375 .688
通算:6年 174 252 238 19 58 10 1 3 79 19 2 1 0 1 8 0 4 44 5 .244 .279 .332 .611

背番号[編集]

  • 29 (1981年 - 1987年途中)
  • 20 (1987年途中 - 1989年)
  • 30 (1990年)
  • 45 (1990年 - 1991年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]