佐藤洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐藤 洋
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県
生年月日 (1962-06-09) 1962年6月9日(55歳)
身長
体重
182 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1984年 ドラフト4位
初出場 1987年4月14日
最終出場 1992年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

佐藤 洋(さとう ひろし、1962年6月9日 - )は、宮城県出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

東北高校では、同期のエース中条善伸らと甲子園に4回出場。2年生時の1979年春の選抜には三塁手として出場。1回戦で下関商に敗れる[1]。同年夏の選手権も1回戦で済々黌高に大敗[2]。翌1980年春の選抜では二塁手に回り、2回戦(初戦)で松江商を降したが、準々決勝で丸亀商に惜敗[1]。同年夏の選手権は再び三塁手に戻り、1回戦で瓊浦高のエース本西厚博を打ち崩し勝利。2回戦では後関昌彦のいた習志野高を完封で降すが、3回戦で浜松商に逆転負け[2]。中条以外の高校同期に一塁手安部理がいた。

卒業後は電電東北に入社、強肩を活かし捕手に転向する。1983年都市対抗に出場、1回戦で九州産交を降す。2回戦では東芝川端順から適時三塁打を放つが、投手陣が打ち込まれ敗退した[3]

1984年のドラフト4位で読売ジャイアンツに指名され入団、内野手に転向した。1987年に一軍初出場。1991年に13試合、翌年には7試合に二塁手三塁手として先発出場を果たす。投手、捕手以外のすべてのポジションをこなした。しかしその後は出場機会に恵まれず、1994年を最後に引退した。

その後マスターズリーグ東京ドリームスの選手としてプレーした。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1987 巨人 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1988 27 17 14 3 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2 0 1 5 0 .071 .235 .071 .307
1989 3 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1990 1 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1991 30 56 52 9 17 2 1 1 24 4 1 0 1 0 2 1 1 11 1 .327 .364 .462 .825
1992 34 52 45 4 12 2 0 0 14 2 1 0 3 0 3 1 1 10 3 .267 .327 .311 .638
通算:6年 97 132 118 16 30 4 1 1 39 6 3 0 4 0 7 2 3 28 4 .254 .313 .331 .643

記録[編集]

背番号[編集]

  • 40 (1985年 - 1994年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]