渡真利克則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡真利 克則
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県平良市(現:宮古島市
生年月日 (1962-08-23) 1962年8月23日(56歳)
身長
体重
183 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手三塁手外野手
プロ入り 1980年 ドラフト2位
初出場 1984年6月12日
最終出場 1991年9月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

渡真利 克則(とまり かつのり、1962年8月23日 - )は沖縄県平良市(現:宮古島市)出身の元プロ野球選手、元審判員

来歴・人物[編集]

中学時代は野球部陸上部を兼部。興南高等学校入学時は投手だったが、三塁手に転向。1980年夏の甲子園に出場する。2年生エース竹下浩二を擁し、五番打者として準々決勝に進出するが、この大会に準優勝した早稲田実荒木大輔投手に完封を喫した[1]。この大会第9号の本塁打を放ち、高校同期の四番打者、金城博和外野手とともに右の長距離砲として注目を浴びる。同年のドラフト2位で阪神タイガースに入団。

プロ野球選手時代[編集]

プロ入り後は期待されるが伸び悩み、二軍暮らしが長かった。1985年10月には3試合に左翼手、六番打者として先発出場。10月16日、セントラルリーグ優勝決定の試合(対ヤクルトスワローズ24回戦/明治神宮野球場)ではランディ・バースの代走から一塁手として途中出場、10回裏2死の場面で角富士夫の投手ゴロを処理した中西清起からの送球を受けて試合が終了した(5-5の引き分け)ため、優勝ボールを掴んだ選手として阪神の球団史に名を刻んだ[2][注 1]。同年の西武ライオンズとの日本シリーズでも、第4戦の9回二死から代打として起用されるが二塁ゴロに終わる。1987年には一軍に定着、不調の佐野仙好に代り、8月後半から左翼手の定位置を確保し、六番打者として起用される。その後も主に左腕投手を相手に外野手、一塁手の準レギュラーとして活躍。1989年には打率.301の好記録を残すが、1990年は出場機会が減少。同年オフに4対5の大型トレードで池田親興大野久岩切英司と共にダイエーに移籍。1991年指名打者、一塁手として9試合に先発出場、うち7試合には三番打者として起用される。しかし1992年には出場機会がなく、同年限りで引退。

プロ野球審判員時代[編集]

1993年よりセ・リーグ審判員となる。同じセ・リーグ審判の橘高淳は、現役時代阪神の同期生。

2003年9月2日広島対阪神戦で球審を務めていたが試合中に倒れて途中交代した。この時は控え審判員の谷博が2塁へ、2塁塁審だった上本孝一が球審にそれぞれ廻った。また、2005年5月にも病気で長期離脱している。

2006年4月21日巨人対阪神戦で、阪神先発の井川慶が巨人小坂誠に5球目を投げようとしたとき、捕手矢野輝弘に向かって覆いかぶさるように倒れ途中交代した。試合は、控え審判員の有隅昭二が3塁へ、3塁塁審の井野修が球審にそれぞれ廻り、続行された。渡真利は担架で運ばれ退場し、そのまま入院したが翌日に退院した。

原因は不整脈といわれているが、精密検査では異常は見られなかった。セントラル野球連盟は渡真利の体調等を考慮し、2007年1月1日付で、渡真利を審判部から連盟関西事務所職員とする人事異動を発令した。渡真利は不整脈治療の手術も受けて審判復帰を目指したものの、最終的に断念した[2]

現在[編集]

2009年限りでセントラル野球連盟を退職すると共に2010年から阪神園芸に再就職し、整備課の主任として鳴尾浜球場の整備を担当している[2][3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1984 阪神 9 3 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1985 38 33 31 6 8 1 0 0 9 0 1 0 0 0 0 0 2 7 0 .258 .303 .290 .593
1986 8 10 9 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 4 1 .111 .200 .111 .311
1987 43 141 137 17 37 6 1 5 60 17 3 0 1 1 0 0 2 25 4 .270 .279 .438 .717
1988 52 118 113 6 28 4 0 1 35 6 0 0 0 0 3 0 2 15 3 .248 .280 .310 .589
1989 71 130 123 14 37 4 1 4 55 13 0 0 2 0 3 0 2 23 2 .301 .328 .447 .775
1990 28 41 38 3 4 0 0 2 10 4 0 0 0 1 2 0 0 10 2 .105 .146 .263 .409
1991 ダイエー 19 42 40 6 11 1 1 2 20 7 0 1 0 0 2 0 0 10 1 .275 .310 .500 .810
通算:8年 268 518 494 55 126 16 3 14 190 47 4 1 3 2 11 0 8 95 13 .255 .282 .385 .666

記録[編集]

背番号[編集]

  • 62 (1981年 - 1987年)
  • 29 (1988年 - 1990年)
  • 38 (1991年 - 1992年)

審判員袖番号[編集]

  • 39 (1993年 - 2003年)
  • 5 (2004年 - 2006年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ なお、その渡真利が捕球したボールはシーズン中の8月12日に発生した日本航空123便墜落事故で逝去した中埜肇球団社長の霊前に手向けられた。

出典[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ a b c 酒井俊作 (2017年12月29日). “酒井俊作の記者の旬なハナシ! 85年勝利球捕った男が阪神園芸で土と戦う”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/news/201712290000441.html 2017年12月29日閲覧。 
  3. ^ 甲子園球児にエール送る興南OBの元トラ戦士 スポーツニッポン(2010年3月19日)、2010年3月19日閲覧[リンク切れ]


関連項目[編集]