中埜肇 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかの はじむ
中埜 肇
生誕 (1922-03-31) 1922年3月31日
死没 (1985-08-12) 1985年8月12日(63歳没)
群馬県多野郡上野村高天原山山中
出身校 京都帝国大学
職業 阪神電気鉄道専務取締役
阪神タイガース取締役社長

中埜 肇(なかの はじむ、1922年3月31日 - 1985年8月12日)は、日本昭和中期から後期(1940年代後半 - 1980年代中盤)の技術者実業家阪神電気鉄道株式会社(以下、阪神電鉄)専務取締役鉄道事業本部長、阪神タイガース(以下、阪神)取締役社長福音派のクリスチャンだった。

球団社長在職中の1985年8月12日、群馬県多野郡上野村高天原山山中(御巣鷹の尾根)での日本航空123便墜落事故により死去した。

事故報道の際に、一部のメディア[1]から「中野肇」と誤って[2]表記された。

来歴・人物[編集]

京都帝国大学工学専攻卒業後、1947年に阪神電鉄へ入社し、阪神土木工業(子会社)の専務を経て社長、阪神電鉄専務取締役を務めた。土木技術畑出身で、阪神電鉄グループ関連の建築物以外にも国内の数々の大型建造物やレジャー施設の建設にも関与していた。

1984年の10月には子会社であるプロ野球球団・阪神の球団社長へ就任したが、中埜は元々野球のことにはあまり詳しくなかった。しかし中埜は「タイガース(阪神)のことを知っておくのも本社役員としての任務」と考えており、球団社長就任後は家に帰れば必ず全テレビ局のスポーツニュースを視聴して、翌朝は全てのスポーツ新聞に目を通すなどして野球について猛勉強した。そして、ホーム球場、ビジター球場を問わず頻繁に訪れ、かばんの中には常に応援歌六甲おろし』の歌詞コピーを入れて「みんなに歌ってもらおう」と周囲の人に配布したりしていた。

球団内の事に関しては基本的に球団代表の岡崎義人に任せ、中埜自らは管理者に徹していた。また、ビジター球場(もしくは地方主催球場)にも自ら訪れて試合終了後に選手一人一人を労っていた。

事故前と当日[編集]

事故前々日の1985年8月10日から2日間、阪神が福岡県福岡市平和台球場で地方主催試合(対中日戦)を行っていたため、中埜も福岡まで赴き、10日の試合後はロッカールームに戻ってきた阪神の選手一人一人と握手を交わし、選手を労っていた。翌8月11日昼に帰阪して、その日の阪神戦は自宅で観戦した。

8月12日午前の役員会議で、当時の阪神電鉄社長で球団オーナーも務めていた久万俊二郎が所用で東京都千代田区霞が関運輸省で行われる民鉄協の会議に出られなくなったことから中埜が久万の代理で急遽民鉄協の会議に出席することとなり、電鉄本社常務取締役の石田一雄と同道して12時25分伊丹発の全日空(ANA)24便で東京へ移動した。そして、同会議終了後に帰阪のため羽田発大阪(伊丹)行の日本航空(JAL)123便に搭乗したが、飛行中に群馬県の山中に墜落する事故(日本航空123便墜落事故)に巻き込まれ、石田と共に死亡した。63歳没。阪神の21年ぶりの優勝を目前にしての死であった。中埜の妻によると、当初は18時羽田発のANA35便で帰阪する予定だったが、何らかの事情により同時刻発のJAL123便に変更されたという。

選手・関係者の反応[編集]

事故当日、11日の平和台球場での対中日戦を終えた阪神ナインは、13日から行われる後楽園球場での試合(対巨人戦)に備え、中埜よりも遅れて東京入りした[注 1]。そして都内の宿舎に到着して間もなく、テレビでJAL123便墜落事故の緊急報道番組を目の当たりにし、直後に中埜がこのJAL123便に搭乗していたことが関係者から告げられた。

日本航空123便に中埜と石田の二人の取締役が搭乗していたことが判明して阪神電鉄本社、及び阪神球団の関係者は大きな衝撃を受けた。選手達も例外ではなく翌日の対巨人戦から阪神は6連敗を喫して一時はセ・リーグ首位から陥落したが、「(亡くなった)社長のためにみんなで頑張ろうと、ナイン全員と首脳陣が誓い合った結果が再結束に繫がり、優勝に繋がった」と後に吉田義男(当時の監督)や掛布雅之真弓明信川藤幸三たちも語っている。

事故発生から4日後の8月16日の夜に息子たちにより遺体が確認されたが、遺体の損傷が激しかったため歯型と着衣[注 2]でようやく中埜の遺体であることが確認された。妻も中埜の遺体との対面を希望したが、先に遺体と対面した息子たちから「遺体は見ない方がいい」と止められ、結局最後まで遺体と対面する事はできなかったという。そして、翌17日に中埜の遺体は群馬県高崎市の斎場で荼毘に付された。

その17日は広島市民球場で対広島戦の試合前に両球団の選手・首脳陣全員による黙祷が行われ、スコアボード上の両球団旗を半旗にして試合を行った。8月31日には大阪府吹田市にある千里会館で中埜と石田の社葬が営まれ、阪神の選手たちも外国人選手含め全員がユニホーム姿で参列した。

同年の10月16日、阪神が1964年以来21年ぶりのセ・リーグ優勝を果たした際、渡真利克則が試合終了の際に捕球したボールが中埜の霊前に手向けられた。自らの手でボールを届けたナインたちは、社長宅で嗚咽をもらしていたという[3]

プロ野球界に与えた影響[編集]

中埜の事故死は、阪神にとどまらず他のプロ野球11球団(当時)の関係者にも多大な衝撃をもたらした。巨人は中埜の事故機搭乗が報じられた直後に「うちも他人事ではない。今後の航空機利用は十分に考え直す必要がある」という声明を発表し、他球団も今後の航空機利用に関して検討を迫られることになった。これによりほとんどの球団はそれまで利用していたJALとの契約を打ち切り、航空機移動する際は必ず全日空を利用させるようにした。また、国内移動は極力航空機ではなく新幹線で移動させるようにさせた[注 3]。また、航空機移動の場合でも、可能な限り複数の便に分散して移動するようになっている。

事故後、プロ野球球団が航空機を利用する場合には春季・秋季キャンプ地への移動、公式戦期間中での地方遠征の際に三大都市圏から九州北海道東北などへ移動するといったように、新幹線や在来線での移動が厳しい場合に限られている。

参考文献[編集]

  • 「亡き夫・中埜肇が愛したタイガース」中埜トシ著 Number No.134 文藝春秋 1985年11月5日号 P.50 - 52

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この時にナインが搭乗した飛行機は福岡発羽田行JAL366便であり、この便に使用された機体(JA8119)がJAL123便として遭難することになった。
  2. ^ 中埜球団社長は事故当日、10日の福岡出張時に購入した博多織の青色ネクタイにこの年の阪神タイガース球団創立50周年を記念して作られた虎のロゴマーク入りのネクタイピンを付けていた。ネクタイは焼け焦げていたものの所々に青色の部分が残って球団創立50周年記念のネクタイピンも付いていたため、これらが中埜の遺体であることを確認する決定的な遺留品となった。
  3. ^ 首都圏 - 広島間は航空機で移動するのが恒例だったが、後にほとんどの球団が新幹線での移動に切り替えている。

出典[編集]

  1. ^ 朝日新聞東京本社発行版1985年8月13日付23面14版
  2. ^ ただし、「埜」は表外字であるため、1985年当時の新聞表記としては必ずしも誤記ではない(長島茂雄参照)
  3. ^ ナイン搭乗機が墜落、6連敗で首位陥落…号泣の日本一の背景 - 産経新聞(産経ニュースwest) ベテラン記者のデイリーコラム・「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記(2013年11月24日)

外部リンク[編集]