角富士夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
角 富士夫
東京国際大学 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県糟屋郡宇美町
生年月日 (1956-05-31) 1956年5月31日(63歳)
身長
体重
178 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1974年 ドラフト2位
初出場 1976年7月23日
最終出場 1994年10月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • ヤクルトスワローズ
    東京ヤクルトスワローズ (1995 - 2009)
  • 東京国際大学

角 富士夫(すみ ふじお、1956年5月31日 - )は、福岡県出身の元プロ野球選手内野手)。

福岡第一高等学校から1975年ヤクルトスワローズへ入団。1994年に現役を引退してからも、同球団でコーチや編成部門の管理職を務めた。1996年からは「角 冨士夫」という名義で活動していたが、2018年10月31日付で退団した後に、2019年2月7日付で東京国際大学硬式野球部の監督へ就任[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

福岡第一高等学校3年時の1974年に、投手として第56回全国高等学校野球選手権全国大会に出場。大会2号本塁打を放つなど活躍したが、3回戦で敗退した。この年のNPBドラフト会議ヤクルトスワローズから2位で指名されたことを機に、内野手として入団した。入団当初の背番号は41

ヤクルト時代[編集]

入団1年目から故障に悩まされながらも、2年目の1976年から一軍公式戦へ出場するなど、徐々に頭角を表した。

入団4年目の1978年には、船田和英水谷新太郎との併用ながら、主に三塁手として一軍公式戦87試合に出場。現役生活で唯一のオールスターゲーム出場も果たした。一時は首位打者争いにも加わるほど好調で、セントラル・リーグの最終規定打席に届かなかったものの、打率.273をマーク。前身球団を通じても初めてのリーグ優勝と日本シリーズ制覇に貢献した。阪急ブレーブスとの日本シリーズでは、ホームゲームとして後楽園球場で催された第2戦で特大の本塁打を放つと、第3戦ではスタメンに起用。しかし、後に故障したため、日本一決定後の胴上げには加われなかった。

背番号を5に変更した1979年以降も、パンチ力を備えた打撃と、堅実な守備を武器に、正三塁手として長らく活躍。1984年には、現役生活で唯一の一軍公式戦全(130)試合出場を果たした。翌1985年には、リーグの規定打席に到達したが、打率は到達者の中で最も低かった(.245)。10月16日の対阪神タイガース戦(明治神宮野球場)では延長10回裏2死で打席が回ってきたが、中西清起の前に投手ゴロに倒れた。試合時間に関する当時のリーグ規定によって、試合は5 - 5のスコアで引き分けに終わったが、この一打によって阪神は球団史上21年振りのリーグ優勝を決めた。

1987年には、前年まで三塁手としてMLBで活躍していたボブ・ホーナーが入団した影響で、正三塁手の座をホーナーに譲った。ホーナーが1年でMLBに復帰したため、翌1988年から正三塁手に返り咲くと、1990年には現役生活で唯一の打率3割を記録した。1991年には、セ・リーグの三塁手部門でゴールデングラブ賞を獲得するなど、守備面でチームのAクラス入りに貢献。しかし、前年から打撃成績が低下したため、シーズンの終了後には球団からの減俸提示を受け入れる格好で契約を更改した。

1992年1993年にはジャック・ハウエルに正三塁手の座を明け渡すが、1992年には、チームのリーグ優勝決定前日(10月9日)の対広島東洋カープ戦で佐々岡真司から代打決勝3点本塁打を記録。西武ライオンズと対戦した翌年の日本シリーズでも、自身およびチーム15年振りの日本一達成の瞬間を、三塁手としてグラウンド上で迎えた。

1994年に現役を引退したが、1995年に二軍内野守備・走塁コーチへ就任したことを皮切りに、2018年まで44年にわたってヤクルトに在籍。在籍中には、一軍打撃コーチ(1996年)、二軍打撃コーチ(1997年 - 2001年, 2006年)、二軍守備・走塁コーチ(2002年 - 2005年, 2007年 - 2009年)を歴任した。2010年からフロント(編成部門)へ異動した[2]が、編成グループ次長だった2018年10月31日に、任期満了でヤクルトを退団した[3]

ヤクルト退団後[編集]

学生野球資格の回復に向けて講習会を受講した後に、2019年2月5日付で日本学生野球協会から資格の回復を認定された[4]。この認定によって、同協会に加盟する大学・高校の硬式野球部での指導が可能になったため、2月7日付で東京国際大学硬式野球部の監督に就任した。同大学には、ヤクルト時代のチームメイトで、コーチ時代に捕手兼任で一軍監督を務めた古田敦也が特命教授として在籍。同部の監督に招聘された元・プロ野球選手は、先々代の古葉竹識[5]、先代の山中潔(いずれも角と同じ経緯で招聘)に続いて3人目である[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1976 ヤクルト 25 56 51 11 14 4 0 2 24 4 0 0 1 0 4 0 0 13 1 .275 .327 .471 .798
1977 23 18 17 2 3 1 0 0 4 1 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .176 .222 .235 .457
1978 87 370 322 41 88 20 0 7 129 29 2 3 25 0 21 0 2 48 4 .273 .322 .401 .723
1979 48 179 153 27 44 5 0 7 70 21 1 0 5 1 18 0 2 29 8 .288 .368 .458 .826
1980 97 332 295 35 74 12 0 7 107 28 5 2 15 0 21 2 1 52 2 .251 .303 .363 .666
1981 120 486 431 52 121 17 2 18 196 46 2 4 13 1 38 2 3 62 5 .281 .342 .455 .797
1982 126 535 473 50 127 19 2 13 189 47 2 4 18 2 39 1 3 42 10 .268 .327 .400 .727
1983 89 351 314 35 79 11 0 11 123 30 2 0 19 1 16 0 1 31 11 .252 .289 .392 .681
1984 130 538 445 58 119 15 1 11 169 38 1 3 31 3 59 4 0 58 13 .267 .351 .380 .731
1985 122 487 429 42 105 12 2 15 166 54 1 1 16 4 37 1 1 46 13 .245 .304 .387 .691
1986 80 288 248 29 70 9 3 6 103 29 1 1 19 2 18 3 1 27 6 .282 .331 .415 .746
1987 68 183 166 18 36 4 1 5 57 12 0 0 8 0 8 0 1 24 5 .217 .257 .343 .600
1988 98 230 209 16 48 8 0 6 74 23 0 0 8 2 10 3 1 41 7 .230 .266 .354 .620
1989 96 318 282 27 75 17 1 5 109 32 0 2 12 2 20 2 2 46 7 .266 .317 .387 .704
1990 112 409 366 26 110 14 2 6 146 51 2 2 7 6 29 6 1 41 11 .301 .348 .399 .747
1991 106 325 285 21 67 10 1 7 100 34 0 1 7 5 27 2 1 37 16 .235 .299 .351 .650
1992 79 76 66 5 13 1 0 2 20 8 0 1 1 1 8 2 0 14 1 .197 .280 .303 .583
1993 14 15 13 0 3 1 0 0 4 2 0 0 0 0 2 0 0 0 1 .231 .333 .308 .641
1994 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:19年 1521 5196 4565 495 1196 180 15 128 1790 489 19 24 205 30 376 28 20 614 121 .262 .319 .392 .711
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100本塁打:1987年4月26日、対広島東洋カープ2回戦(広島市民球場)、10回表に長冨浩志から決勝2ラン ※史上148人目
  • 1000試合出場:1987年9月11日、対読売ジャイアンツ23回戦(明治神宮野球場)、8回表にボブ・ホーナーに代わり三塁手として出場 ※史上274人目
  • 1000安打:1989年8月30日、対広島東洋カープ23回戦(広島市民球場)、6回表に金石昭人から右前適時打 ※史上158人目
  • 200犠打:1991年6月16日、対横浜大洋ホエールズ13回戦(横浜スタジアム)、9回表に岡本透から ※史上10人目
  • 1500試合出場:1992年9月16日、対横浜大洋ホエールズ26回戦(明治神宮野球場)、7回裏に伊東昭光の代打として出場 ※史上104人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 41 (1975年 - 1978年)
  • 5 (1979年 - 1994年)
  • 82 (1995年)
  • 76 (1996年 - 2009年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 東京国際大野球部監督に元ヤクルトの角富士夫氏 悲願の大学日本一へ特命教授・古田敦也氏もバックアップ(『日刊スポーツ2019年2月7日付記事)
  2. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P21
  3. ^ ヤクルトの角冨士夫氏と酒井圭一氏が任期満了で退団(『日刊スポーツ2018年10月31日付記事)
  4. ^ 学生野球資格回復に関する規則 第4条による認定者日本学生野球協会
  5. ^ 山中の監督在任中は名誉監督。角の監督就任を機に野球部を離れるものの、特命教授として大学に引き続き籍を置く。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]