川村一明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川村 一明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 新潟県五泉市
生年月日 (1962-05-04) 1962年5月4日(56歳)
身長
体重
184 cm
89 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1983年 ドラフト4位
初出場 1984年
最終出場 1991年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

川村 一明(かわむら かずあき、1962年5月4日 - )は、新潟県出身の元プロ野球選手投手)。現役時代のニックネームは「ハッカイ」(西遊記猪八戒から)。

来歴・人物[編集]

松商学園高等学校では1979年、2年生の時に夏の甲子園に出場。2回戦(初戦)で池田高に敗退。1980年夏の甲子園にも連続出場。1回戦で高知商に0-2で敗れたが、高知商のエース中西清起と互角の投手戦を展開し注目される。

1980年のドラフト会議阪急ブレーブスの1位指名を受けたが拒否している。なおこの年、日本ハムファイターズから1位指名を受けた高山郁夫読売ジャイアンツから4位指名を受けた瀬戸山満年も入団を拒否、3名ともプリンスホテルに進んでいる。1983年にはエースとして都市対抗に出場するが、1回戦で日本生命に惜敗。

同年のドラフト4位で西武に指名され入団。ルーキーイヤーの1984年に初勝利、この年はアメリカの1A・サンノゼ・ビーズに野球留学もしている。1985年には3勝をあげ、1989年にはイースタンリーグの最多勝利投手となるが、層の厚い一軍投手陣に割って入ることは出来なかった。1990年シーズン途中でヤクルトに金銭トレードで移籍。ヤクルトでは主に中継ぎとして起用され、同年は30試合に登板した。

1991年は2試合のみの登板に終わり、この年限りで引退した。オーバースローから、スライダー、カーブを武器とした。

2010年現在は長野県安曇野市在住で、スポーツDEPOに勤務している[1][2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1984 西武 12 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 131 31.2 32 6 7 0 0 27 0 0 19 15 4.26 1.23
1985 13 1 0 0 0 3 1 0 -- .750 142 30.2 33 6 15 0 1 16 0 1 20 18 5.28 1.57
1987 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 9 2.0 2 1 1 0 0 2 0 0 3 1 4.50 1.50
1989 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 9 2.0 3 1 0 0 0 1 0 0 3 3 13.50 1.50
1990 ヤクルト 30 1 0 0 0 3 4 1 -- .429 198 46.1 41 6 21 2 1 40 1 0 26 26 5.05 1.34
1991 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 11 2.1 3 0 1 0 0 0 0 0 2 2 7.71 1.71
通算:6年 61 2 0 0 0 7 5 1 -- .583 500 115.0 114 20 45 2 2 86 1 1 73 65 5.09 1.38

背番号[編集]

  • 53 (1984年 - 1990年途中)
  • 50 (1990年途中 - 1991年)

脚注[編集]

  1. ^ ベースボールマガジン 2011年3月号 p.110
  2. ^ 週刊ベースボール2012年4月16日号 P14

関連項目[編集]

外部リンク[編集]