幡野正秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
幡野 正秋
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県
選手情報
ポジション 内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

幡野 正秋(はたの まさあき)は、神奈川県出身の元社会人野球選手。ポジションは内野手遊撃手)。

経歴[編集]

武相高校では1963年の夏の甲子園神奈川県予選の準々決勝に進出するが、法政二高校に敗れる。

神奈川大学を卒業後、三協精機に入社する。1968年ドラフト会議阪神タイガースから7位で指名されるが入団を拒否し[1][2]、会社に残留した。

都市対抗野球大会に出場し続け、1974年には社会人ベストナインに選出され、1978年第49回都市対抗野球大会では10年連続選手に表彰された。

表彰[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]