佐藤拓也 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤拓也
JR東日本硬式野球部 #1
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県鹿嶋市
生年月日 (1994-08-12) 1994年8月12日(24歳)
身長
体重
173 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

佐藤 拓也(さとう たくや、1994年8月12日 - )は、茨城県出身の野球選手。立教大学硬式野球部JR東日本硬式野球部所属、右投げ左打ち[1]

経歴[編集]

7歳で野球のキャリアをスタートさせ[1]、小学校4年生から投手のポジションにつき[2]鹿島中学校時代には軟式野球部に所属していた[1]浦和学院高校時代には、1年生の春から内野手でベンチに入り、1年の秋から、背番号1番を背負い、投手として明治神宮大会でベスト4に入る[2]。高校3年生の時には春の選抜高校野球において、ベスト8に入るなど[2]、甲子園に3回出場した経験を持ち[1][2]、その後、立教大学に入学[1]。大学1年生の春から東京六大学野球リーグ戦に出場し、大学2年生から4年生には大学野球の日本代表に選ばれており、2015年には第28回ユニバーシアード競技大会に出場して金メダルを獲得した[1]

特に自身が持参している赤バットに対してはこだわりを持っていて、高校野球日本代表の時にいくつかのいろんな形をしたバットを用意され、ぴたりと合ったのが元プロ野球選手の二岡智宏が使っていたものと同じモデルだったといい、2016年春にこのバットに改良を施した[3]

2016年9月15日に正式にプロ志望届を提出した[4]。しかし、2016年10月20日に行われたドラフト会議で指名されることはなかった[5][6]

2016年10月10日に行われた東京六大学野球のリーグ戦で、東京大学相手に通算100安打を記録し史上32人目の記録達成となった[1]

2017年、JR東日本に入社。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 米谷輝昭 (2016年10月11日). “ドラフト候補立大・佐藤拓32人目の通算100安打”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/baseball/news/1722746.html 2016年10月11日閲覧。 
  2. ^ a b c d 坂本達洋 (2016年7月15日). “ベビーフェースのドラフト候補 立大・佐藤が狙う米5タテ…12日から日米大学野球”. スポーツ報知. http://www.hochi.co.jp/baseball/ama/20160630-OHT1T50162.html 2016年10月11日閲覧。 
  3. ^ “大学野球 立大の赤バットマン・佐藤拓 100安打&34季ぶりV狙う”. 中日スポーツ. (2016年9月22日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/shutospo/news/CK2016092202000170.html 2016年10月13日閲覧。 
  4. ^ “立大・沢田、佐藤拓らがプロ志望届提出”. 日刊スポーツ. (2016年9月15日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1710241.html 2016年10月11日閲覧。 
  5. ^ “流経大・生田目、立大佐藤ら/主な指名漏れ選手一覧”. 日刊スポーツ. (2016年10月20日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1726824.html 2017年8月11日閲覧。 
  6. ^ “流通経大・生田目、指名漏れ…社会人に進む意向/ドラフト”. サンケイスポーツ. (2016年10月20日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20161021/npb16102105000008-n1.html 2017年8月11日閲覧。 

外部リンク[編集]