浜田智博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
浜田 智博
中日ドラゴンズ #202
Chunichi hamadatomohiro 20150322.JPG
2015年3月22日 阪神鳴尾浜球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県宮崎市
生年月日 (1992-10-01) 1992年10月1日(24歳)
身長
体重
183 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 ドラフト2位
初出場 2015年4月19日
年俸 563万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

浜田 智博(はまだ ともひろ、1992年10月1日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

宮崎工業高校では3年の選抜大会で甲子園に出場。1回戦では前橋工業を相手に2安打完封勝利。2回戦では広陵有原航平と投げ合い、0-1でサヨナラ負けを喫した[2]

九州産業大学に進学後、3年春の九州工業大学戦で無安打無得点試合を達成。4年春の全日本大学野球選手権大会ではベスト8入りし、秋には明治神宮野球大会にも出場した。大学通算24勝8敗[2]

2014年プロ野球ドラフト会議にて中日ドラゴンズから2位指名を受け入団。背番号は47に決まった。

プロ入り後[編集]

2015年4月10日に一軍登録され[3]、4月19日の対広島東洋カープ戦の8回にプロ初登板。初打者となった新人の野間峻祥にプロ初本塁打を被弾するなど5連打を浴びて3失点し、試合後に悔し涙を流した[4]。なお、新人投手がプロ初対戦打者の新人にプロ初本塁打を打たれたのは史上初だった[5]。2015年は即戦力として期待されながらも結局この1試合のみの登板に終わり、シーズンの大半を2軍で過ごした[6]。契約更改では減額制限いっぱいとなる25%減の年俸で契約した[6]

2016年10月28日に、来季の契約を結ばないことが発表された[7]。次年より育成選手として契約する予定であることも併せて発表された[7]

2017年7月7日、四国アイランドリーグplus香川オリーブガイナーズにシーズン終了まで派遣されることが発表された[8]

選手としての特徴・人物[編集]

投球フォーム

テークバックをほとんど取らず、ワインドアップのモーションで上げた両腕をそのままの位置からリリースする変則フォームから、最速144km/hのストレートとスライダー、フォーク、カーブを投げる[2][9]。球の出所が見えづらく、タイミングが取りにくい独特のフォームは本人曰く「ボールに力を伝えようとしたら、こうなった」と中学時代に自ら生み出したもので、「バンザイ投法」と呼ばれている[10]。このネーミングはドラフト指名後、サンデードラゴンズに出演した際に「本人公認」となった[2]

元々は読売ジャイアンツファンで、小学生の頃には巨人主催の野球教室に参加した経験を持つ。仮契約の際には「ドラゴンズにお世話になると決めました。巨人を倒して名古屋の方に認めていただきたい。その一心です」と決意を語った[11]

プロ入り後、「チーム内に(濱田達郎と)浜田が2人いる」という事で、「九州の浜田」という理由から「ハマ九(ハマキュウ)」というニックネームを付けられた[12]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 中日 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- 7 0.2 5 2 0 0 0 2 0 0 3 3 40.50 7.50
NPB:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- 7 0.2 5 2 0 0 0 2 0 0 3 3 40.50 7.50
  • 2016年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 47 (2015年 - 2016年)
  • 202 (2017年 - )
  • 15 (2017年)※香川オリーブガイナーズでの背番号

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年11月18日閲覧。
  2. ^ a b c d 中日2位浜田バンザイ投法で竜党バンザイ日刊スポーツ 2014年11月3日
  3. ^ 2015年4月公示 4月10日 スポニチ Sponichi Annex
  4. ^ 中日浜田智涙雨デビュー 野間被弾から5連打3失点 日刊スポーツ 2015年4月20日紙面から
  5. ^ 中日ドラ2左腕号泣…広島ドラ1野間 史上初!プロ初打者で一発見舞った スポニチ Sponichi Annex 2015年4月20日掲載
  6. ^ a b “中日浜田智、減額制限いっぱい25%↓750万円”. 日刊スポーツ. (2015年11月7日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1563186.html 2015年11月7日閲覧。 
  7. ^ a b 来季の契約について”. 中日ドラゴンズ公式サイト (2016年10月28日). 2016年10月28日閲覧。
  8. ^ 香川OG 中日ドラゴンズ浜田智博選手 派遣受け入れのお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2017年7月7日)
  9. ^ 中日スポーツ 2014年10月26日付
  10. ^ 中日スポーツ 2014年10月26日付
  11. ^ 中日スポーツ 2014年11月24日
  12. ^ 中日浜田智のバンザイ投法を谷繁監督称賛日刊スポーツ 2015年2月3日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]