栗林良吏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
栗林 良吏
広島東洋カープ #20
20210402 Ryoji kuribayashi.jpg
2021年4月2日横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県海部郡佐織町(現・愛西市
生年月日 (1996-07-09) 1996年7月9日(25歳)
身長
体重
178 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2020年 ドラフト1位
初出場 2021年3月27日
年俸 5300万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 2021年
獲得メダル
日本の旗 日本
オリンピック
2020 野球

栗林 良吏(くりばやし りょうじ、1996年7月9日[2] - )は、愛知県海部郡佐織町(現・愛西市)出身[3]プロ野球選手投手)。右投右打[2]広島東洋カープ所属。

2020年東京オリンピック野球競技金メダリスト。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

軟式野球を始めた当初は内野手で、愛西市立勝幡小学校在学中に勝幡ドラゴンズ、愛西市立佐織中学校在学中に藤華クラブへ所属[4][5]愛知黎明高校在学中に、投手へ転向した[6]

進学した名城大学[5]山内壮馬コーチに指導を受けてから急成長。愛知大学野球のリーグ戦には、1年時の春季から登板すると、3年時の春季にノーヒットノーランを達成した[7]。リーグ戦では通算で32勝を挙げたほか、2年時と3年時には、チームの秋季優勝を経て明治神宮野球大会に出場。3年時には大学日本代表へ選ばれた。

大学4年生だった2018年の秋にプロ志望届日本学生野球協会へ提出し、10月25日に行われたNPBドラフト会議に臨んだ。2位指名以内でなければ社会人チームに進むことを決めており、結局指名漏れとなった[8][9]。卒業後はトヨタ自動車へ入社[10][7]。入社1年目の2019年からエース格で活躍したばかりか、同年のアジア・ウインターリーグでも、JABA(社会人野球)選抜チームの優勝に貢献した。

2020年10月26日に行われたNPBドラフト会議1巡目で、広島東洋カープから単独指名され[2][10]、契約金1億円、年俸1600万円(金額は推定)に出来高分を加えた最高の条件で入団した[11]背番号はかつて北別府学永川勝浩が使用していた20[11]

広島時代[編集]

2021年には、佐々岡真司監督から抑えに指名され、開幕第2戦となった3月27日の中日ドラゴンズ戦で3点リードの9回に登板し、三者凡退の投球でプロ入り初登板初セーブを挙げた[12][注 1]。6月13日に途切れるまで、開幕から22試合連続無失点を記録し、新人投手による開幕からの連続無失点試合数の日本記録を更新した[13][14]。前半を防御率0.53という好成績で終えた。シーズン最終戦でセーブを記録し、プロ野球2位タイの20試合連続セーブを記録するとともに、セーブ機会での失敗なしでシーズンを終えた[15]。最終的には1敗37セーブ、防御率0.86、5失点[注 2]、打たれた本塁打はレギュラーシーズン最終戦での宮本丈の1本のみ[16]という成績を残し、牧秀悟らと新人王を争った。11月30日に推定年俸5300万円(前年より3700万円アップ)で契約を更改した。2年目の選手の年俸が5300万円になるのは前年の森下暢仁の4300万円を抜いての球団記録となった[1]

代表経歴[編集]

2021年6月16日、東京オリンピックの野球日本代表に選出された[17]。大会では侍ジャパンの守護神として全5試合に救援登板をし、初戦ドミニカ共和国戦の「プロ初勝利」をはじめ2勝3セーブと日本の金メダル獲得に大きく貢献。決勝のアメリカ戦では9回2点リードで登板しリードを守り抜き、胴上げ投手となった[18]

投球スタイル・人物[編集]

オーバースロー[19]から2021年9月4日に記録した最速155km/hのストレートに加え[20]、カーブ、カットボール、フォークといずれも高い水準の変化球を投じる[7]

プロ入り後はリリーフ専門ということもあり、走者がいない場合でもセットポジションから投げている。[要出典]

社会人時代の2020年7月に、名城大学の同級生と結婚していたが、広島入団に際して単身で入寮した[21]

幼い頃から中日ドラゴンズファンである[22]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2021 広島 53 0 0 0 0 0 1 37 0 .000 201 52.1 23 1 28 2 1 81 1 1 5 5 0.86 0.97
通算:1年 53 0 0 0 0 0 1 37 0 .000 201 52.1 23 1 28 2 1 81 1 1 5 5 0.86 0.97
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

オリンピックでの投手成績[編集]










































2020 日本 5 0 2 0 3 20 5.0 3 0 2 0 0 6 1 0 1 1 1.80

記録[編集]

投手記録
その他の記録
  • 開幕から22試合連続無失点:2021年3月27日 - 2021年6月10日 ※球団記録、新人の日本記録[23]
  • 23試合連続無失点:2021年6月27日 - 2021年10月14日
  • 20試合連続セーブ:2021年7月14日 - 2021年11月1日※球団記録、岩瀬仁紀と並び歴代2位
  • シーズン37セーブ:2021年11月1日 ※新人記録(山﨑康晃と同数)
  • シーズン53交代完了:2021年11月1日 ※新人記録(平井正史(1995年)の52完了を更新、シーズン全53登板で記録)
  • オールスターゲーム出場:1回(2021年

背番号[編集]

  • 20(2021年 - )[11]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 新人選手による初登板初セーブは2003年の永川勝浩以来18年ぶり5人目となった[12]
  2. ^ 内訳:T-岡田1(サヨナラ安打)、大和1、ウィーラー2、宮本丈1(本塁打)。

出典[編集]

  1. ^ a b 広島・栗林が“森下超え”2年目球団史上最高額 3700万増、5300万円でサイン”. デイリースポーツ (2021年11月30日). 2021年12月1日閲覧。
  2. ^ a b c 2020年プロ野球ドラフト会議 交渉権獲得選手情報!”. 広島東洋カープ公式サイト (2020年10月26日). 2020年10月29日閲覧。
  3. ^ 栗林良吏投手表敬訪問” (日本語). 愛西市. 2020年12月18日閲覧。
  4. ^ 栗林 良吏|侍ジャパン選手プロフィール|野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト”. 2020年12月18日閲覧。
  5. ^ a b 栗林良吏 | トヨタ自動車 | 選手” (日本語). 週刊ベースボールONLINE. 2020年10月29日閲覧。
  6. ^ “広島東洋カープ・ドラ1栗林良吏、福留孝介との対戦を希望「小学生の頃からファンだった」”. マイナビニュース. (2020年12月12日). https://news.mynavi.jp/article/20201212-1582356/ 2020年12月18日閲覧。 
  7. ^ a b c “広島はトヨタ自動車・栗林1位指名 社会人№1右腕1本釣り プロでも「勝てる投手」証明へ”. スポーツニッポン. (2020年10月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/10/26/kiji/20201026s00001728436000c.html 2021年1月17日閲覧。 
  8. ^ 知名度よりも潜在能力。2018年ドラフトの本当の「隠し玉」はこの5人!”. web Sportiva (2018年10月23日). 2021年5月4日閲覧。
  9. ^ 広島1位栗林、指名漏れから2年プロ入りで恩返し”. 日刊スポーツ (2020年10月26日). 2021年5月4日閲覧。
  10. ^ a b 硬式野球部出身の栗林良吏投手がドラフト会議で広島から1位指名” (日本語). 名城大学. 2020年10月29日閲覧。
  11. ^ a b c “広島ドラ1栗林良吏が仮契約 背番号「20」に決定「1年目から活躍したい」”. デイリースポーツ. (2020年11月30日). https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2020/11/30/0013903629.shtml 2020年12月18日閲覧。 
  12. ^ a b c d 広島ドラ1栗林が永川以来18年ぶり初登板初セーブ”. 日刊スポーツ (2021年3月27日). 2021年5月4日閲覧。
  13. ^ 広島・栗林、無失点途切れ初黒星「いい流れを壊してしまって申し訳ない」”. サンケイスポーツ (2021年6月13日). 2021年6月13日閲覧。
  14. ^ 広島栗林良吏がついに失点 連続無失点22試合で止まりプロ初黒星”. 日刊スポーツ (2021年6月13日). 2021年6月13日閲覧。
  15. ^ 失敗しない男 広島・栗林記録締め!! 新人最多タイ37S「与えられた仕事を100%できた」”. スポーツニッポン (2021年11月2日). 2021年11月3日閲覧。
  16. ^ 広島・栗林が最終戦でプロ初被弾 宮本に大ファウル打ち直しでまさか 37セーブは飾る”. デイリースポーツ (2021年11月1日). 2021年11月2日閲覧。
  17. ^ 東京五輪に挑む侍ジャパンメンバー発表!「プロ野球ニュース」解説陣が期待する選手は?”. BASEBALL KING (2021年6月17日). 2021年9月9日閲覧。
  18. ^ 侍胴上げ投手の栗林、拳を天に突き上げた!出られなかったはずの大舞台「いろんなことに感謝」”. スポーツニッポン (2021年8月8日). 2021年9月30日閲覧。
  19. ^ プロ野球の連続無失点記録、広島・栗林良吏はどこまで伸ばすか”. SPAIA (2021年5月12日). 2021年6月17日閲覧。
  20. ^ 広島栗林が自己最速155キロ 連続四球も併殺に打ち取る「さすが」監督”. 日刊スポーツ (2021年9月4日). 2021年9月4日閲覧。
  21. ^ “新婚ドラ1は単身赴任!広島・栗林が激白「奥さんは愛知で待ってもらう」”. サンケイスポーツ. (2020年12月16日). https://www.sanspo.com/article/20201216-L3I3TCPLIFLQBDORCBRWX3MJQ4/ 2021年6月13日閲覧。 
  22. ^ 侍ジャパン、栗林良吏投手 兄・勇太さんは消防士、コロナ禍の搬送に奮闘”. 中日新聞 (2021年8月3日). 2021年8月10日閲覧。
  23. ^ “広島・栗林 ついに陥落 開幕からの連続無失点記録は22試合で止まる”. スポーツニッポン. (2021年6月13日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/06/13/kiji/20210514s00001173592000c.html 2021年6月13日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]