松本奉文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松本 有史(松本 奉文)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県呉市
生年月日 (1977-05-01) 1977年5月1日(45歳)
身長
体重
182 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1999年 ドラフト7位
初出場 2000年4月9日
最終出場 2005年9月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松本 有史(まつもと ともふみ、旧登録名:松本 奉文(読み同じ)、1977年5月1日 - )は、広島県呉市出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。現在は広島東洋カープ東海地方担当スカウト。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

崇徳高では3年夏の広島大会決勝で宮島工高に敗れる。

その後亜細亜大学に入学し、大学3年秋の明治神宮大会で優勝。4年春のリーグ戦では5本塁打と13打点で二冠王となった。東都大学リーグ通算73試合出場、231打数66安打、打率.286、7本塁打、43打点。ベストナイン2度受賞。大学の同期に同郷の佐藤宏志、1学年先輩に赤星憲広が、2学年先輩に井端弘和、1年後輩に松井光介吉川昌宏がいた。1999年のドラフト会議広島東洋カープから7位指名され、入団した[1]

プロ入り後[編集]

2004年は、ウエスタン・リーグで打点王を獲得[1]

2005年は課題とされてきた打撃にようやく確実性が芽生え、自己最高の成績を残した。この年は6月9日の対ソフトバンク戦で2死球を受ける等、4打席連続死球を記録した[注 1]。しかし、守備力が安定しないこともあって後半戦はファームに降格し、レギュラー奪取には至らなかった。このシーズン終了後の10月7日に球団から戦力外通告を受けてそのまま引退した。このシーズンの最終戦では、引退試合を行った野村謙二郎を始め、同じく同年限りで引退した澤崎俊和小林幹英と共に野村のセレモニー後ナインから胴上げされた。またこの年に、広島で活躍するモデルと結婚している。

現役引退後[編集]

2006年からは球団職員として出身の母校亜細亜大学東海地方を担当するスカウトを行っている[2]。それと同時に2005年10月末から名前を松本 有史(まつもと ともふみ)に改名した。

2006年の大学生・社会人ドラフトでは、ホンダ鈴鹿宮崎充登や、同じくホンダ鈴鹿で松本と同じ呉市仁方町出身の中東直己の獲得に主導的役割を果たした。中東は松本の背番号35を継承し、2010年まで使用した。

2008年のドラフトでは亜細亜大学の後輩に当たる岩本貴裕獲得に尽力、2009年のドラフトでは、1年生時から密着マークしていた堂林翔太庄司隼人2011年のドラフトでは、同じく大学1年生時から密着マークした菊池涼介の獲得に主導的役割を果たした。

2014年のドラフトでは、相次ぐケガのため大学での公式戦0勝に終わった薮田和樹を発掘し、ドラフト2位指名にこぎつける[3]

選手としての特徴・人物[編集]

攻守にバランスが取れた強打の内野手[1]。アマチュア時代はクリーンナップを打つ中軸として活躍[1]。守備位置は大学3年生まで遊撃手、4年生からは持ち前の打撃を生かすために一塁手を守った[1]

愛称は「デカ松[4]

礼儀正しく、穏やかで優しい性格[1]。亜細亜大学時代は主将を任され、「亜大野球部史上、最も優しい主将」と称された[1]。広島入団後もその人柄で後輩選手から慕われている[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2000 広島 23 36 30 1 4 0 0 1 7 2 0 0 2 0 3 0 1 16 0 .133 .235 .233 .469
2002 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000 .000 .000 .000
2003 14 17 17 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .059 .059 .059 .118
2004 13 24 21 0 2 0 0 0 2 0 0 1 0 0 3 0 0 10 0 .095 .208 .095 .304
2005 30 46 33 7 10 4 0 1 17 6 0 0 2 0 5 0 6 12 1 .303 .477 .515 .992
通算:5年 82 125 103 8 17 4 0 2 27 9 0 1 4 0 11 0 7 42 2 .165 .289 .262 .551

記録[編集]

  1. 4月21日、対中日ドラゴンズ5回戦(広島市民球場)、8回裏2死2塁に高橋聡文から
  2. 6月8日、対福岡ソフトバンクホークス5回戦(広島市民球場)、7回裏2死に斉藤和巳から
  3. 6月9日、対福岡ソフトバンクホークス6回戦(広島市民球場)、7回裏1死にペドロ・フェリシアーノから
  4. 同上、9回裏1死1塁に三瀬幸司から

背番号[編集]

  • 35(2000年 - 2005年)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ これまでに連続打席死球については記録を取っていなかったが、恐らく彼が初めてと思われる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 「亜大野球部史上、最も優しい主将」と言われた、広島出身の大砲が指名された理由【カープ名スカウトが語る】|carp|編集部コラム” (日本語). 広島アスリートマガジン (2021年9月30日). 2021年10月1日閲覧。
  2. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P20
  3. ^ 松本奉文(広島東洋カープスカウト)第16回「ドラフトの隠れ逸材選手たち」”. SPORTS COMMUNICATIONS (2016年10月24日). 2021年10月2日閲覧。
  4. ^ 中国新聞デジタル. “ルーキー松本竜也、呼び名は「フト松やな」【こぼれ球】 | 広島東洋カープ”. 中国新聞デジタル. 2022年3月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]