金色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。
閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
金色
きんいろ
Gold Color Sample.jpg
16進表記 none
RGB none
CMYK none
HSV none
マンセル値 none

金色(きんいろ、こんじき)または黄金色(こがねいろ)は、黄色山吹色金属光沢を持つ、物体表面の光学的状態である。(きん)がその代表例である。英語ではゴールド (gold)。

としては黄色系の色だが、金属光沢、つまり、反射光があまり乱反射せず強い指向性を持つことで金色となる。ただし、完全な指向性を持てば、黄色いと見える。

色だけの性質ではないので、色空間表色系だけで完全に表すことはできないが、ウェブカラーとしては#FFD700が定義されており、ややオレンジがかった黄色である。JIS慣用色名としても定義されている。右図では、金属光沢をグラデーションでイメージしている。

Gold (webcolor)
  16進表記 #FFD700

金色のもの[編集]

は金色である。多くの金属は吸収帯が紫外線帯にあり可視光は全て反射するので白色(銀色)になるが、金では吸収帯が可視光にまで及んでいるため色が付く。より正確には、金は波長約550nm以下の光を吸収するので、それより長波長の黄緑・黄色・オレンジ・赤が混ざって、ややオレンジ寄りの黄色(金色)となる。

金以外ではセシウムが黄色系の色だが、やや色合いが異なる。銅は金より広い600nm以下の光を吸収するため、赤っぽくなる。逆にセシウムは吸収帯が狭く、白っぽくなる。またこれらの金属は容易に錆びて、光沢を失ったり色合いが変わってしまう。合金では黄銅硫化錫(IV)スズ添加量が多い一部の青銅砲金など)およびアルミ青銅窒化チタンサマリウム酸化物が金色に近い。

金属的な光沢は構造色でも生み出せるので、黄色を選択的に反射する構造色は金色を呈する。

近似色[編集]

関連項目[編集]