この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

泉北ライナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
泉北ライナー
泉北高速鉄道12000系による「泉北ライナー」(2017年2月2日 泉ヶ丘駅)
泉北高速鉄道12000系による「泉北ライナー」
(2017年2月2日 泉ヶ丘駅
概要
日本の旗 日本
種類 特別急行列車
現況 運行中
地域 大阪府の旗 大阪府大阪市堺市和泉市
運行開始 2015年12月5日
運営者 Nankai group logo.svg 南海電気鉄道
Semboku-logo.svg 泉北高速鉄道
路線
起点 難波駅
終点 和泉中央駅
営業距離 27.7 km (17.2 mi
使用路線 南海本線高野線泉北高速鉄道線
車内サービス
クラス 普通車
座席 普通車指定席
技術
車両 泉北高速鉄道12000系(光明池車庫)
南海12000系(検査時の代走・住ノ江検車区
軌間 1,067 mm
電化 直流1,500 V
テンプレートを表示

泉北ライナー(せんぼくライナー)は、南海電気鉄道泉北高速鉄道南海高野線泉北高速鉄道線で運行している特急列車である。種別を表す色は金色である(泉北線内の発車標のみ赤色)。

運行概況

ロゴ
(写真は南海11000系専用塗装にデザインされていたもの

難波駅 - 和泉中央駅間で全車座席指定の4連運行で運転される。朝と夕方から夜間にかけての時間帯に運転されており、平日は上り7本・下り6本、土休日は上り下り各8本ずつ運転される[1]

英語表記は「Ltd. Exp. SEMBOKU LINER」。難波と和泉中央を最速29分で結ぶが、泉北高速線内に待避駅がないことから、所要時間が準急行や区間急行とほぼ変わらない列車もある。 また、泉北線直通列車として準急行・区間急行と共通のダイヤパターンに組み込まれての運行であるため、基本10分間隔の準急行・区間急行の運転間隔が当列車の前後のみ約20分に開いてしまうデメリットもある。

停車駅

特急料金

利用区間に関わらず、大人510円・小児260円。

こうや・りんかん・天空・サザンの座席指定車、ラピートに乗り継ぐ場合は別料金となる。

車両・設備

現用車両

デビュー当初の使用車両は11000系であったが1編成しかなく、高野線系統の他の特急車両も予備車がないため、12000系も使用されている[2]。なお、専用の12000系導入後も検査時には11000系の代走が予定されている。

2017年(平成29年)1月27日からは、当列車の専用車両として南海12000系をベースとして製造された泉北高速鉄道12000系が運行を開始した[3][4]。外観や内装のデザイン、液晶ディスプレイ式の車内案内表示装置の採用、車両のすべての照明にLEDが使用され、形式も20番台となるなど、南海車両と異なる点も多い。

沿革

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b (PDF) 12月5日(土)高野線・泉北線のダイヤ改正を実施, 南海電気鉄道・泉北高速鉄道, (2015-10-08), http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/151008.pdf 2015年11月14日閲覧。 
  2. ^ 南海電気鉄道. “特急列車のご案内”. http://www.nankai.co.jp/traffic/express.html 2015年11月14日閲覧。 
  3. ^ a b 「泉北ライナー」に新型特急車両12000系を導入します〜平成29年2月(予定)営業運転開始〜 (PDF)”. 泉北高速鉄道 (2016年10月26日). 2017年1月27日閲覧。
  4. ^ 新型特急車両・泉北12000系デビューを記念し、一番乗り撮影会 in羽倉崎車庫を実施します (PDF)”. 泉北高速鉄道 (2016年12月16日). 2017年1月24日閲覧。
  5. ^ 泉北高速鉄道 (2015年10月30日). “「泉北ライナー」特急券の発売について”. http://www.semboku.jp/cat_news/3542/ 2015年11月14日閲覧。 

関連項目