栂・美木多駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
栂・美木多駅
改札口
改札口
とが・みきた
TOGA-MIKITA
SB03 泉ケ丘 (2.4km)
(1.9km) 光明池 SB05
所在地 大阪府堺市南区桃山台二丁1番1号
駅番号 SB 04
所属事業者 泉北高速鉄道
所属路線 泉北高速鉄道線
キロ程 10.2km(中百舌鳥起点)
難波から23.6km
電報略号 トカ゛
駅構造 橋上駅
ホーム 島式 1面2線
乗降人員
-統計年度-
20,205人/日
-2016年-
開業年月日 1973年昭和48年)12月7日
テンプレートを表示

栂・美木多駅(とが・みきたえき)は、大阪府堺市南区桃山台二丁にある泉北高速鉄道線駅番号SB04

泉北ニュータウンの栂地区と呼ばれる細長い丘陵上にある。

歴史[編集]

当初は1975年(昭和50年)春に泉ケ丘 - 光明池間を開業する計画で、当駅はその中間駅として開業する予定だったが、栂地区の整備が進んだことから当駅までの区間を先行開業した[1]
  • 1977年(昭和52年)8月20日:当駅から光明池駅まで路線延伸。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線の橋上駅。改札口は1ヶ所のみ。

のりば
ホーム 路線 方向 行先
1 泉北高速線 下り 光明池和泉中央方面
2 泉北高速線 上り 泉ケ丘中もず・(南海高野線堺東なんば方面

利用状況[編集]

2016年(平成28年)度の調査結果による1日平均乗降人員20,205人である。この数字は中百舌鳥駅を除く泉北高速鉄道の駅としては最も少ない。

近年の1日平均乗降人員は下記の通り。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
出典
1990年 34,167 16,932 [2]
1991年 35,030 17,325 [3]
1992年 34,500 17,088 [4]
1993年 34,151 16,910 [5]
1994年 33,760 16,714 [6]
1995年 33,096 16,372 [7]
1996年 32,718 16,228 [8]
1997年 31,344 15,538 [9]
1998年 30,054 14,956 [10]
1999年 28,325 14,126 [11]
2000年 27,259 13,621 [12]
2001年 26,482 13,250 [13]
2002年 25,682 12,847 [14]
2003年 25,145 12,579 [15]
2004年 24,863 12,434 [16]
2005年 25,134 12,579 [17]
2006年 25,066 12,541 [18]
2007年 24,646 12,332 [19]
2008年 24,142 12,072 [20]
2009年 23,144 11,573 [21]
2010年 22,665 11,340 [22]
2011年 22,449 11,252 [23]
2012年 22,109 11,084 [24]
2013年 21,854 10,938 [25]
2014年 21,069 10,534 [26]
2015年 20,752 10,383 [27]
2016年 20,205 10,126 [28]

駅周辺[編集]

バス[編集]

路線バス[編集]

南海バス

南側ロータリー ※エアポートリムジンバス(のりば0から発車)、美木多線(のりば2から発車、いずれも光明池営業所担当)を除き、泉北営業所担当

  • のりば0
    • エアポートリムジンバス泉北・河内長野空港線
  • のりば1
  • のりば2
    • 泉北栂地区線
      • 泉ヶ丘駅行き(32-2、35-2系統)
    • 美木多線
      • 横山高校前行き(6系統)※堺東駅前始発
  • のりば3
    • 泉北栂地区線
      • 庭代台右回り(35、35-2系統)
      • 庭代台左回り(35、35-2系統)
  • のりば4
    • 泉北栂地区線
      • 御池台回り(32、32-2系統)
      • 御池台3丁止(32-1系統)

北側ロータリー ※光明池営業所担当

  • のりば5
    • 美木多線
      • 大森経由 堺東駅前行き(6系統)※横山高校前からの便
      • 桃山台経由 堺東駅前行き(7系統) ※当駅始発

このうち、西区役所前行き(6または7系統)はかつての長大系統の名残から、同停留所で鳳シャトルバス(堺東駅前行き)と接続しており、以遠も堺東駅前行き(特6系統)利用時と同一運賃で利用できたが、これに対して堺東駅前行き(特6系統)は西区役所前には立ち寄らなかったため(この場合、1つ手前の「鳳駅前」で下車することになる)、利用の際は注意が必要であった。2017年8月26日のダイヤ改正で全便堺東駅前発着となり、鳳シャトルバスとの乗継運賃制度は廃止された。また、横山高校前発及び当駅始発の堺東駅前行も西区役所前に停車するよう変更された。

堺市乗合タクシー
  • Gルート : 太平寺経由 鳳駅前行き
  • Hルート : 菱木神社前経由 鳳駅前行き
    • 何れもデマンド式であり、平日1日5往復の運行となっている。

深夜急行バス[編集]

南海バス

公共機関[編集]

大阪府警 南堺警察署

学校[編集]

医療機関[編集]

商業施設[編集]

ガーデンシティ
駅前から、無料送迎バスが運行されている。

公園・その他[編集]

駅名が決まるまで[編集]

3ブロック構成の泉北ニュータウンのうち、石津川 - 和田川間のブロックを大阪府が「栂地区」と銘打って開発したため、当初は「栂駅」となる予定であった。しかし、駅が美木多地区の檜尾(当時)に所在していたため、美木多地区の住民から「美木多駅」とするように要望が出された。この要望に対して、栂(旧・栂村)が属する上神谷地区の住民が反発し、調整が難航した。その後、「栂」と「美木多」を併記することで両者が妥協し、現在の駅名となった[33]

「・」(中黒)が入っている珍しい駅名で、「・」が使われている駅名の例としては、万座・鹿沢口駅中央大学・明星大学駅元町・中華街駅などがある。

隣の駅[編集]

泉北高速鉄道
泉北高速鉄道線
区間急行・準急・各駅停車
泉ケ丘駅 (SB03) - 栂・美木多駅 (SB04) - 光明池駅 (SB05)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大阪府都市開発編 『「流れの創造」大阪府都市開発30年のあゆみ』、1997年、126頁。 
  2. ^ 大阪府統計年鑑(平成3年) (PDF)
  3. ^ 大阪府統計年鑑(平成4年) (PDF)
  4. ^ 大阪府統計年鑑(平成5年) (PDF)
  5. ^ 大阪府統計年鑑(平成6年) (PDF)
  6. ^ 大阪府統計年鑑(平成7年) (PDF)
  7. ^ 大阪府統計年鑑(平成8年) (PDF)
  8. ^ 大阪府統計年鑑(平成9年) (PDF)
  9. ^ 大阪府統計年鑑(平成10年) (PDF)
  10. ^ 大阪府統計年鑑(平成11年) (PDF)
  11. ^ 大阪府統計年鑑(平成12年) (PDF)
  12. ^ 大阪府統計年鑑(平成13年) (PDF)
  13. ^ 大阪府統計年鑑(平成14年) (PDF)
  14. ^ 大阪府統計年鑑(平成15年) (PDF)
  15. ^ 大阪府統計年鑑(平成16年) (PDF)
  16. ^ 大阪府統計年鑑(平成17年) (PDF)
  17. ^ 大阪府統計年鑑(平成18年) (PDF)
  18. ^ 大阪府統計年鑑(平成19年) (PDF)
  19. ^ 大阪府統計年鑑(平成20年) (PDF)
  20. ^ 大阪府統計年鑑(平成21年) (PDF)
  21. ^ 大阪府統計年鑑(平成22年) (PDF)
  22. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年) (PDF)
  23. ^ 大阪府統計年鑑(平成24年) (PDF)
  24. ^ 大阪府統計年鑑(平成25年) (PDF)
  25. ^ 大阪府統計年鑑(平成26年) (PDF)
  26. ^ 大阪府統計年鑑(平成27年) (PDF)
  27. ^ 大阪府統計年鑑(平成28年) (PDF)
  28. ^ 大阪府統計年鑑(平成29年) (PDF)
  29. ^ 近畿大学医学部堺病院の事業承継について
  30. ^ 2018年4月1日近畿大学医学部堺病院は「堺咲花病院」として、生まれ変わりました
  31. ^ ダイエー栂店7/31閉店(泉北・金剛さやまコミュニティHP・街かど情報)
  32. ^ ガーデンシティが空っぽに(泉北・金剛さやまコミュニティHP・街かど情報)
  33. ^ 泉北コミュニティHP・泉北ニュータウンの基礎知識「と」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]