山本大斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山本 大斗
千葉ロッテマリーンズ #124
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鳥取県米子市
生年月日 (2002-08-09) 2002年8月9日(19歳)
身長
体重
180 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2020年 育成選手ドラフト3位
年俸 230万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山本 大斗(やまもと だいと、 2002年8月9日 - )は、鳥取県米子市出身のプロ野球選手外野手育成選手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。

経歴[編集]

米子市立車尾小学校1年生時に野球を始め、車尾スポーツ少年団野球部に所属。6年生時に主将として第34回高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会に出場しベスト16進出。その後に行われた第21回西日本学童軟式野球大会では鳥取県勢初となる準優勝を達成した。 米子市立東山中学校時代は硬式野球のクラブチームである米子ボーイズに所属。同学年のチームメイトに岡本大翔がいた。

開星高等学校に進学し、1年秋から外野のレギュラーに定着。2年夏の島根県大会は1学年上の田部隼人と共に決勝まで勝ち進んだが、石見智翠館に延長の末逆転サヨナラ負けを喫し、甲子園出場を逃した[2]。3年時の2020年新型コロナウイルスの影響で公式戦が中止となったため、県で行われた夏の独自大会に出場。松江南との2回戦では5球団のスカウトが視察に訪れる中、2打席連続本塁打を放った[3]。その後準決勝で後にチームメイトとなる谷川唯人擁する立正大淞南に敗れた[4]。大会後にプロ志望届を提出した。

2020年10月26日に行われたドラフト会議にて、育成3位で千葉ロッテマリーンズから指名を受け[5]、11月20日に支度金300万円、年俸230万円で仮契約した[6]。背番号は「124」。

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 124 (2021年 - )

登場曲[編集]

  • 「Touchin' On My」3OH!3(2021年 - )

脚注[編集]

  1. ^ ロッテ - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年12月9日閲覧。
  2. ^ 延長13回で2点差「伝説始まる」 石見智翠館が劇的V” (日本語). 朝日新聞デジタル (2019年7月28日). 2021年3月7日閲覧。
  3. ^ 開星・山本5球団前で2発7打点「安心した」/島根” (日本語). 日刊スポーツ (2020年7月18日). 2021年3月7日閲覧。
  4. ^ ロッテ山本大斗と谷川唯人は昨夏に対戦したライバル” (日本語). 日刊スポーツ (2021年1月19日). 2021年3月7日閲覧。
  5. ^ ロッテ、育成3位の山本大斗に指名挨拶「指名を頂き嬉しかった」” (日本語). BASEBALL KING (2020年11月4日). 2021年3月7日閲覧。
  6. ^ yuki (2020年11月20日). “千葉ロッテ、育成ドラフト3位・山本大斗選手と仮契約、「ホームラン王を取りたい」” (日本語). ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page. 2021年3月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]