東條大樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東條 大樹
千葉ロッテマリーンズ #20
Tojo Taiki Chiba Lotte Marines at Tokyo Dome.jpg
2019年8月14日、東京ドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県藤沢市
生年月日 (1991-08-15) 1991年8月15日(29歳)
身長
体重
178 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 ドラフト4位
初出場 2016年5月1日
年俸 3,000万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

東條 大樹(とうじょう たいき、1991年8月15日 - )は、神奈川県藤沢市出身[2]プロ野球選手投手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズに所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

藤沢市立高浜中学校では湘南クラブに所属していた。

桐光学園高校進学後、1年からベンチ入りを果たし、第89回全国高等学校野球選手権大会に出場。登板は無かった。2年の秋からエースとなり、神奈川県大会準々決勝で慶應義塾高校白村明弘と投げ合ったが、コールド負け[3]。3年の夏も神奈川県大会準決勝で横浜隼人高校に敗れ、甲子園には届かなかった[4]。2学年先輩に伊東亮大がいる。

青山学院大学進学後、1年春からリーグ戦に登板するが、肘を痛め、2年、3年時は登板が無かった[5]。4年春から復帰し、4年秋には東都大学リーグ1部で防御率トップとなる0.30の成績を残した。野球部の同期には杉本裕太郎、1学年後輩には加藤匠馬、2学年後輩には吉田正尚がいる。

JR東日本入社後、1年目から主力として活躍。第85回都市対抗野球大会ではリリーフとして3イニングを無失点で抑え、第40回社会人野球日本選手権大会でもリリーフで登板した。2年目の第86回都市対抗野球大会では、三菱重工神戸・高砂戦で3イニングを完璧に抑えるが、4イニング目の延長11回に乱れ、敗戦投手となってしまった。

2015年10月22日に行われたプロ野球ドラフト会議千葉ロッテマリーンズに4巡目で指名され、契約金5000万円、年俸1200万円で合意[6]、入団した。背番号は20に決まった。同じくJR東日本のチームメイトの関谷亮太もドラフト2位でロッテに指名された。

ロッテ時代[編集]

2016年、5月1日の対北海道日本ハムファイターズ9回戦(QVCマリンスタジアム)、7回表から4番手のリリーフでプロ初登板。7回は1四球の無失点だったが、8回は二度の押し出し四死球も含む被安打3・四死球3の3失点。プロ初の対戦打者は中島卓也三塁ゴロ。この年は11試合に登板したが、投球回数を上回る14四球を与え、制球力の課題を露呈する結果となった。

2018年、一軍昇格は9月だった。はじめはビハインドでの登板だったが、僅差でのワンポイント登板が増えた。この年は12試合に登板し防御率1.54と結果を残した。

2019年は開幕を一軍で迎えた。シーズン序盤はビハインドでの登板が主で、4月7日のソフトバンク戦ではプロ野球タイ記録となる1イニング4被弾を喫した[7]が、以降はプロ初勝利を収めた5月25日のソフトバンク戦を含め[8]12試合連続無失点を記録するなど安定感を見せた。オールスター後は主に右のワンポイントとして接戦での登板も増加、8月だけで15試合に登板し右打者に対しては28打数3安打、被打率.107だった。しかし9月は8試合に登板して、月間での防御率が11.57[9]と終盤は疲労からフォームを崩し[10]やや安定感を欠いたものの、自身最多の58試合に登板、1度も抹消されることなくシーズンを終えた。

2020年、昨年より防御率は改善したものの、登板数よりも大きくイニングが下回るなど、右打者のワンポイントの登板が多かった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 ロッテ 11 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 62 11.2 14 1 14 0 2 6 0 0 13 13 10.03 2.40
2017 12 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 78 17.0 18 1 11 0 2 17 1 0 13 13 6.88 1.71
2018 11 0 0 0 0 0 0 0 2 ---- 42 11.2 6 2 4 0 0 10 0 0 2 2 1.54 0.86
2019 58 0 0 0 0 1 0 0 16 1.000 232 52.1 52 7 21 1 7 53 1 0 26 22 3.78 1.39
2020 39 0 0 0 0 1 1 0 5 .500 121 28.1 25 3 12 0 4 26 0 0 10 8 2.54 1.31
通算:5年 131 0 0 0 0 2 1 0 25 .667 535 121.0 115 14 62 1 15 112 2 0 64 58 4.31 1.46
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2016 ロッテ 11 0 0 0 0 ----
2017 12 1 2 0 0 1.000
2018 11 1 1 0 0 1.000
2019 58 4 5 3 1 .750
2020 39 0 1 0 0 1.000
通算:5年 131 6 9 3 1 .833
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 20 (2016年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ロッテ - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2020年8月23日閲覧。
  2. ^ ロッテ・ドラ4東條 守護神に“タスキ”つなぐ「海の神」になる sponichi 2016年1月17日配信
  3. ^ 慶応義塾vs桐光学園 高校野球ドットコム 2008年09月23日配信
  4. ^ 桐光学園・東条2回投球悔い/神奈川大会 日刊スポーツ 2009年7月29日配信
  5. ^ 青学大・東條 初完投初完封 2、3年時登板なしの悔しさ胸に力投 スポニチ 2013年10月11日配信
  6. ^ 【ロッテ】関谷と東條が契約、初仕事で雪見だいふくほおばる スポーツ報知 2015年11月19日配信
  7. ^ “ロッテ・東條、プロ野球タイ記録となる1イニング4被弾”. サンケイスポーツ. (2019年4月8日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20190408/mar19040805000001-n1.html 2019年12月22日閲覧。 
  8. ^ “ロッテ東條がプロ初勝利 10戦連続無失点の4年目右腕「素直にうれしい」”. スポーツニッポン. (2019年5月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/05/26/kiji/20190525s00001173590000c.html 2019年12月22日閲覧。 
  9. ^ 最後まで一軍で戦い抜いたロッテ・東條「1年間やれたというのは収穫」”. ベースボールキング. 2020年4月25日閲覧。
  10. ^ “ロッテ東條1800万円増 連続無敗記録「狙って」”. 日刊スポーツ. (2019年11月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201911280000325.html 2019年12月22日閲覧。 
  11. ^ “ロッテの東條、1イニング4被弾=プロ野球ワーストタイ記録”. 時事ドットコム. (2019年4月7日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019040700341 2019年10月4日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]