松井友飛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松井 友飛
東北楽天ゴールデンイーグルス #45
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 石川県鳳珠郡穴水町
生年月日 (1999-10-11) 1999年10月11日(22歳)
身長
体重
190 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2021年 ドラフト5位
初出場 2022年7月8日
年俸 700万円(2022年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松井 友飛(まつい ともたか、1999年10月11日 - )は、石川県鳳珠郡穴水町出身のプロ野球選手投手)。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

穴水町立穴水小学校では穴水学童野球クラブに所属し、穴水町立穴水中学校では軟式野球部に所属[1]

穴水高校進学後、部員が9人に満たない時期もあり、公式戦では1勝も挙げることなく3年間を終えた[2]

金沢学院大学進学後、五島裕二長谷川潤コーチらの指導でフォームを改良[3][4]。1年秋から先発の柱として、リーグ戦に登板し、1年秋に最優秀防御率、ベストナイン、2年春に最優秀投手、2季連続ベストナインに選ばれた[5]。2年秋には第50回明治神宮野球大会に19年ぶりに出場に貢献。九州産業大学との初戦は先発として、福森耀真と投げ合うも2回途中4失点で降板。打線の援護もあり、北陸大学連盟として34年ぶりの勝利を挙げた[6]。続く2回戦の野口智哉ら擁する関西大学では森翔平と投げ合い、敗れはしたが、5回6奪三振2失点と好投した[3]。野球部の同期には長谷川威展がいる。

2021年10月11日に行われたプロ野球ドラフト会議東北楽天ゴールデンイーグルスから5巡目で指名を受け、契約金3500万円、年俸700万円(金額は推定)という条件で入団した[2]背番号45

詳細情報[編集]

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 45(2022年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]