山田遥楓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山田 遥楓
埼玉西武ライオンズ #52
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県佐賀市
生年月日 (1996-09-30) 1996年9月30日(22歳)
身長
体重
179 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 2014年 ドラフト5位
初出場 2018年6月16日
年俸 550万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山田 遥楓(やまだ はるか、1996年9月30日 - )は、佐賀県佐賀市出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

佐賀県佐賀市出身[2]。3歳の時、右耳が先天性の難聴であることが発覚[3]。小学校2年生の時に兄の影響で野球を始めた[3]鍋島中学に進むと、2年生の時から硬式の「藤本ベースボールクラブ」でプレーした[2][4]。同チーム出身者のプロ入りは元オリックス堤裕貴以来2人目[2]

佐賀県立佐賀工業高等学校では1年生の秋からレギュラー[3]、3年時に主将になった[4][5]。その年の第96回全国高等学校野球選手権大会・佐賀大会の決勝で延長戦の末に佐賀県立佐賀北高等学校に敗れている[5]。山田はこの試合で安打を放ち同点のホームを踏んだ他、投手としてリリーフ登板もした[5]

2014年10月23日に行われたプロ野球ドラフト会議埼玉西武ライオンズに5巡目で指名され[6]、契約金2500万円、年俸600万円(金額は推定)で仮契約を結んだ[7]。背番号は「52」。

西武時代[編集]

2015年は二軍で48試合に出場し、打率.184、1本塁打、5打点、2盗塁だった[8]

2016年は二軍で74試合に出場し、打率.180、13打点、2盗塁だった[9]

2017年は二軍で106試合に出場し、6本塁打、37打点、6盗塁、打率.245の成績を残す[10]。6月30日に1軍初昇格となったが、先発投手との兼ね合いにより、わずか3日で出場選手登録を外れた[11]。7月13日に草薙球場で行われたフレッシュオールスターゲーム2017において、イースタン選抜として出場する[12]。11月25日から台湾で開催される2017アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBウエスタン選抜に選出される[13]

2018年6月16日に中日ドラゴンズ戦(メットライフドーム)で代打として出場し、プロ初出場を果たした[14]。9月19日、8番・三塁手で初先発出場した北海道日本ハムファイターズ戦(メットライフドーム)で、プロ初安打初本塁打を達成[15]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2018 西武 14 19 17 1 1 0 0 1 4 2 0 0 0 0 1 0 1 6 0 .059 .158 .235 .393
NPB:1年 14 19 17 1 1 0 0 1 4 2 0 0 0 0 1 0 1 6 0 .059 .158 .235 .393
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



三塁












2018 西武 10 4 8 0 0 1.000
通算 10 4 8 0 0 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 52 (2015年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年5月23日閲覧。
  2. ^ a b c ライオンズ山田「早く1軍に」 佐賀藤本BBCからプロ2人目 西日本新聞 2014年12月04日掲載
  3. ^ a b c 難聴乗り越えプロへ ドラフト西武5位、佐賀工・山田選手 西日本新聞 2014年10月24日掲載
  4. ^ a b =プロ野球ドラフト会議= 佐賀工高・山田、西武5位 佐賀新聞LiVE 2014年10月24日掲載
  5. ^ a b c 佐賀工、快進撃に幕 光った粘り 佐賀新聞LiVE 2014年07月24日掲載
  6. ^ 2014年ドラフト会議 全指名選手 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  7. ^ 西武が4位・玉村、5位・山田と合意 スポニチ Sponichi Annex 2014年11月7日掲載
  8. ^ 2015年度 埼玉西武ライオンズ 個人打撃成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2016年11月13日閲覧。
  9. ^ 2016年度 埼玉西武ライオンズ 個人打撃成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2016年11月13日閲覧。
  10. ^ 2017年度 埼玉西武ライオンズ 個人打撃成績(イースタン・リーグ)”. NPB.jp. 2017年11月21日閲覧。
  11. ^ “【球界ここだけの話(956)】西武の元気印は3年目・山田 先天性難聴を乗り越え1軍での活躍誓う” (日本語). SANSPO.COM. https://www.sanspo.com/baseball/news/20170704/lio17070413000004-n1.html 2018年9月21日閲覧。 
  12. ^ プロ野球フレッシュオールスターゲーム2017 出場者一覧”. NPB.jp (2017年7月11日). 2017年11月21日閲覧。
  13. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp (2017年11月17日). 2017年11月21日閲覧。
  14. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部. “西武4年目・山田「人生で一番緊張」プロ初出場 代打凡退も「自分のスイングできた」 - スポニチ Sponichi Annex 野球” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/06/16/kiji/20180616s00001173411000c.html 2018年9月21日閲覧。 
  15. ^ “西武山田遥楓「夢を…」プロ初先発初安打が初アーチ - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809190000783.html 2018年9月21日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]