コンテンツにスキップ

王彦程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
王 彦程(王 彥程)
東北楽天ゴールデンイーグルス #017
ヤクルト戸田球場にて(2021年)
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 花蓮県
生年月日 (2001-02-14) 2001年2月14日(23歳)
身長
体重
180 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2019年
年俸 300万円(2023年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
王 彥程
各種表記
繁体字 王 彥程
簡体字 王 彦程
拼音 Wáng Yànchéng
注音符号 ㄨㄤˊㄧㄢˋㄔㄥˊ
発音転記: ワン・イェンチェン
テンプレートを表示
獲得メダル
男子 野球
チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
アジア プロ野球チャンピオンシップ
2023

王 彦程繁体字王 彥程、ワン・イェンチェン、2001年2月14日 - )は、台湾出身のプロ野球選手投手育成選手)。アミ族[2]。左投左打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。

経歴

[編集]

2018年、穀保家商在籍時にBFA U-18アジア選手権大会にチャイニーズタイペイ代表として出場。9月7日に行われた準決勝の日本戦(KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎)では、2安打1失点で完投勝利を挙げ、チームは準優勝を果たした[3]

2019年8月20日、NPB東北楽天ゴールデンイーグルス育成選手契約で合意したことが発表された。背番号は017[4]

2019年9月2日、U-18ワールドカップの日本戦では、先発し5回1失点の好投で勝利を挙げた(5回終了降雨コールド)[5]

2020年イースタン・リーグ10試合に登板し、2勝4敗、防御率5.21の成績を残した。

2023年はイースタン・リーグ11試合に登板し、3勝1敗、防御率3.70の成績を残した。12月1日に来季の残留が発表された。

2023年11月18日、アジア プロ野球チャンピオンシップ韓国戦で先発登板したが、2回途中までで5失点を喫し降板し、敗戦投手となった。

2023年12月1日、一時自由契約となったが球団から再契約が発表された

プレースタイルなど

[編集]

左腕から最速148km/h[6]の直球やスライダーを中心に投球を組み立てる[7][8]

詳細情報

[編集]

背番号

[編集]
  • 017(2019年8月20日 - )

代表歴

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ 楽天 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2022年11月10日閲覧。
  2. ^ 無名強投》「射日」英雄 王彥程想旅日 - 自由體育” (中国語). sports.ltn.com.tw (2018年9月13日). 2024年6月2日閲覧。
  3. ^ “【楽天】U18台湾代表左腕・王彦程を来季獲得へ”. スポーツ報知. (2019年8月20日). https://hochi.news/articles/20190819-OHT1T50199.html?page=1 2022年4月19日閲覧。 
  4. ^ “楽天が昨年U18台湾代表左腕の王彦程と育成契約”. 日刊スポーツ. (2019年8月20日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201908200000335.html 2022年4月19日閲覧。 
  5. ^ “日本 台湾に降雨コールド負け/U18W杯詳細”. 日刊スポーツ. (2019年9月2日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201909020000295.html 2022年4月19日閲覧。 
  6. ^ https://udn.com/news/story/7001/6705007
  7. ^ 楽天石井GM「いいスライダー」王彦程は将来性期待”. 日刊スポーツ (2019年8月20日). 2022年4月19日閲覧。
  8. ^ 【楽天】U18台湾代表の145キロ左腕・王彦程が入団会見「松井投手みたいになりたい」”. スポーツ報知 (2019年9月24日). 2022年4月19日閲覧。

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]