2011年の東北楽天ゴールデンイーグルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2011年の東北楽天ゴールデンイーグルス
成績
パシフィック・リーグ5位
66勝71敗7分 勝率.482
本拠地
都市 宮城県仙台市
球場 日本製紙クリネックススタジアム宮城
Kleenex Stadium Miyagi.JPG
球団組織
オーナー 島田亨
経営母体 楽天
監督 星野仙一
« 2010
2012 »

2011年の東北楽天ゴールデンイーグルス(2011ねんのとうほくらくてんゴールデンイーグルス)では、2011年シーズンの東北楽天ゴールデンイーグルスの動向をまとめる。

この年の東北楽天ゴールデンイーグルスは、星野仙一監督の1年目のシーズンである。

概要[編集]

この年の3月11日に東日本大震災が発生し、シーズン開幕が3月25日から4月12日に延期された。楽天の本拠地である仙台市も大きな打撃を受け、Kスタ宮城も損壊していたため、4月の6試合の主催試合を関西で開催した。このシーズンのパ・リーグはソフトバンク日本ハムを除く4チームが5割弱の勝率で競り合う展開となり、楽天は6月終了時点で借金7の最下位となるが、7月に貯金2を重ねて3位に浮上し、シーズン終盤までCS争いをした。最終的に、9月に借金6を喫して、CS争いから脱落してシーズンを5位で終えた。また、4月2日に東日本大震災の復興支援のために行われた慈善試合で選手会長のが「見せましょう野球の底力を」とスピーチし、この言葉が2011年の流行語大賞の候補としてノミネートされた。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 松井稼頭央
2 聖澤諒
3 鉄平
4 山崎武司
5 高須洋介
6 岩村明憲
7 ルイーズ
8 嶋基宏
9 中島俊哉
投手 岩隈久志
2011年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 日本ハム -- ソフトバンク -- ソフトバンク -- ソフトバンク -- ソフトバンク -- ソフトバンク -- ソフトバンク --
2位 楽天 1.0 日本ハム 3.0 日本ハム 3.0 日本ハム 3.5 日本ハム 4.0 日本ハム 12.5 日本ハム 17.5
3位 ソフトバンク 1.5 西武 8.0 オリックス 11.0 ロッテ 16.0 楽天 16.5 オリックス 14.0 西武 20.5
4位 ロッテ 1.5 ロッテ 9.5 西武 12.0 楽天 16.5 オリックス 17.5 西武 18.0 オリックス 20.5
5位 オリックス 5.5 楽天 10.0 ロッテ 12.5 オリックス 17.5 ロッテ 19.0 楽天 22.0 楽天 23.5
6位 西武 5.5 オリックス 12.0 楽天 14.0 西武 20.0 西武 22.5 ロッテ 28.0 ロッテ 33.5
2011年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 福岡ソフトバンクホークス 88 46 10 .657 ---
2位 北海道日本ハムファイターズ 72 65 7 .526 17.5
3位 埼玉西武ライオンズ 68 67 9 .5037 20.5
4位 オリックス・バファローズ 69 68 7 .5036 20.5
5位 東北楽天ゴールデンイーグルス 66 71 7 .482 23.5
6位 千葉ロッテマリーンズ 54 79 11 .406 33.5

日本生命 セ・パ交流戦2011[編集]

日本生命セ・パ交流戦2011 最終成績
順位 球団 勝率
優勝 福岡ソフトバンクホークス 18 4 2 .818 ---
2位 オリックス・バファローズ 15 7 2 .682 3.0
3位 北海道日本ハムファイターズ 16 8 0 .667 3.0
4位 中日ドラゴンズ 14 10 0 .583 5.0
5位 埼玉西武ライオンズ 12 11 1 .522 6.5
6位 東京ヤクルトスワローズ 10 12 2 .455 8.0
7位 読売ジャイアンツ 10 13 1 .435 8.5
8位 阪神タイガース 10 14 0 .417 9.0
9位 東北楽天ゴールデンイーグルス 9 13 2 .409 9.0
10位 千葉ロッテマリーンズ 8 14 2 .364 10.0
11位 横浜ベイスターズ 7 13 4 .350 10.0
12位 広島東洋カープ 6 16 2 .273 12.0


できごと[編集]

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前シーズン終了から本シーズン開幕までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 前所属 備考
投手
11 塩見貴洋 八戸大学 ドラフト1位
31 美馬学 東京ガス ドラフト2位
42 ヒメネス 斗山ベアーズ 新外国人
61 岡本真或 LGツインズ 日本球界復帰
64 スパイアー 米独立リーグ 新外国人
74 サンチェス ニューヨーク・ヤンキース 新外国人
99 金炳賢 米独立リーグ 新外国人
内野手
1 岩村明憲 オークランド・アスレチックス 日本球界復帰
9 阿部俊人 東北福祉大学 ドラフト3位
32 松井稼頭央 ヒューストン・アストロズ 日本球界復帰
60 勧野甲輝 PL学園高 ドラフト5位
外野手
36 榎本葵 九州国際大学付属高 ドラフト4位
育成選手
122 加藤貴大 富山サンダーバーズ 育成ドラフト1位
132 川口隼人 滋賀・高島ベースボールクラブ 育成ドラフト3位
134 木村謙吾 仙台育英学園高 育成ドラフト2位

退団[編集]

選手名 去就
投手
福盛和男 叔父が経営する会社の取締役に就任
石川賢 二軍サブマネージャー兼用具担当に就任
藪恵壹 阪神・二軍投手コーチに就任
捕手
藤井彰人 FAで阪神に移籍
内野手
渡辺直人 金銭トレードで横浜に移籍
小坂誠 楽天育成コーチ(野手担当)に就任
中村紀洋 本シーズン開幕後の5月、横浜に入団
フィリップス アラバマ大学のアシスタントコーチに就任
外野手
宮出隆自 ヤクルトに移籍
憲史 野球解説者に転身
リンデン 米独立リーグと契約

シーズン開幕後[編集]

本節では、本シーズン開幕から本シーズン終了までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 前所属 備考
内野手
50 ガルシア メキシカンリーグ 6月7日入団、新外国人

選手・スタッフ[編集]

  • 背番号変更

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 武藤好貴 投手 JR北海道 入団
2位 釜田佳直 投手 金沢高 入団
3位 三好匠 投手 九州国際大学付属高 入団
4位 岡島豪郎 捕手 白鴎大学 入団
5位 北川倫太郎 外野手 明徳義塾高 入団
6位 島内宏明 外野手 明治大学 入団
育成選手ドラフト
順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 神保貴宏 外野手 トランシス 入団

出典[編集]

[ヘルプ]