田中耀飛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
耀飛 (田中 耀飛)
東北楽天ゴールデンイーグルス #150
Akito20190609.jpg
ヤクルト戸田球場にて(2019年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市住之江区
生年月日 (1996-03-05) 1996年3月5日(24歳)
身長
体重
180 cm
96 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り NPB / 2017年 ドラフト5位
年俸 700万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田中 耀飛(たなか あきと、1996年3月5日 - )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するプロ野球選手外野手育成選手)。右投右打。登録名は「耀飛」。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学2年生の時に「長曽根ストロングス」で外野手として野球を始める[2]。中学時代は「浜寺ボーイズ」に所属[2]

英明高等学校では1年秋にレギュラーを獲得。2年秋には県大会で優勝し、四国大会8強に進出。全国大会出場はなかったものの、高校通算18本塁打を記録した[3][2]

高校卒業後は芦屋大学に進学し、2015年に芦屋大学と教育提携を結んでいるBASEBALL FIRST LEAGUE兵庫ブルーサンダーズに入団する。

独立リーグ・兵庫時代[編集]

1年目は37試合に出場し、打率.333を記録[4]。2年目は長打力が開花し、5本塁打を放ち本塁打王を獲得する[5]。3年目は7月に行われた読売ジャイアンツとの練習試合で2本塁打を含む4安打6打点、9月19日と20日に行われた楽天との練習試合でも2試合連続で本塁打を放つ[6]。 レギュラーシーズンでは15本塁打を放って本塁打王を獲得し、リーグ記録となる打率.422を記録し首位打者に輝く[7]。また、シーズンMVPも獲得する[8]

2017年10月26日のドラフト会議東北楽天ゴールデンイーグルスにドラフト5位で指名され、11月13日に契約金3000万円、年俸700万円(金額は推定)で契約合意した[9]。背番号は50。12月25日、田中のドラフト指名を記念して、田中が兵庫ブルーサンダーズで着用した背番号77がチームの永久欠番に指定された[10][11]

楽天時代[編集]

契約合意時に登録名を名前のみの「耀飛」とすることが発表された[9]

楽天入団初年度の2018年は、二軍キャンプのフリー打撃で29スイング中14発の柵越えを放つ[12]などアピールしたが、シーズン中に故障したこともあり[13]、一軍昇格は果たせなかった。二軍では、6月26日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)で櫻井周斗からセンターバックスクリーン左への場外弾を放つも[13]、公式戦での本塁打はこの1本のみにとどまり、25試合に出場し、打率.200、4打点といった成績に終わる[14]。年俸は現状維持で、契約更改した[13]

2019年も春季キャンプから二軍スタート[15]。この年も故障に苦しみ、7月から復帰するも[16]、一軍出場はできずにシーズンを終えた。二軍で前年より多い42試合に出場したものの、打率.234、4本塁打、7打点、2盗塁という成績だった[17]。同年10月18日に球団より戦力外通告を受けるが、同時に育成選手としての再契約を打診された[18]。11月19日に育成契約を結んだことが球団から発表され、「支配下に上がり、一軍でホームランを打ちたいです」とコメントした[16]。背番号は150に変更された。

育成選手となった2020年も春季キャンプは二軍スタート[19]。シーズンが開幕すると打撃面の成長を見せ、二軍公式戦45試合に出場し、打率.330、4本塁打、23打点、2盗塁という好調な成績を残していたが[20]、支配下登録に戻ることなく、11月5日に球団より戦力外通告を受けた[21]。現役続行を希望し、12球団合同トライアウトに参加予定[22]

詳細情報[編集]

独立リーグでの打撃成績[編集]











































O
P
S
2015 兵庫 37 108 21 36 7 5 1 29 12 16 3 0 3 4 1 6 .333 .433 .519 .952
2016 22 74 17 27 4 1 5 32 8 11 7 0 8 4 0 1 .365 .489 .649 1.138
2017 32 109 36 46 11 1 15 39 1 23 10 0 1 6 4 3 .422 .552 .954 1.506
通算:3年 91 291 74 109 22 7 21 100 21 50 20 0 12 14 5 10 .373 .491 .707 1.198
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はリーグ歴代最高

独立リーグでのタイトル・表彰[編集]

タイトル (BFL)
  • 首位打者:1回 (2017年)
  • 本塁打王:2回 (2016年、2017年)
  • シーズンMVP:1回 (2017年)

背番号[編集]

登録名[編集]

  • 田中 耀飛[注 1](たなか あきと、2015年 - 2017年)
  • 耀飛 (あきと、2018年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「田中 飛」と表記されることもあった。

出典[編集]

  1. ^ 楽天 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2020年7月14日閲覧。
  2. ^ a b c 【26日ドラフト異色の隠し玉(3)】元プロから学ぶ大学生独立リーガー・田中耀飛外野手.東京スポーツ.2018年2月9日閲覧
  3. ^ 兵庫で背番77の楽天5位耀飛、星野さん魂で50発.日刊スポーツ.2018年2月9日閲覧。
  4. ^ BASEBALL FIRST LEAGUE 2015年シーズン リーグ戦.BFLホームページ.2018年2月9日閲覧。
  5. ^ BASEBALL FIRST LEAGUE 2016年シーズン リーグ戦.BFLホームページ.2018年2月9日閲覧。
  6. ^ オリ ドラフト隠し玉 元阪神・井川イチ押し「プロが育ててみたい」長距離砲.スポニチ.2018年2月9日閲覧。
  7. ^ BASEBALL FIRST LEAGUE 2017年シーズン リーグ戦.BFLホームページ.2018年2月9日閲覧。
  8. ^ 2017シーズン個人タイトル発表.BFLホームページ.2018年2月9日閲覧。
  9. ^ a b 【楽天】ドラ5、BFL兵庫・田中、背番号50にちなみ「50本打てるような選手に…」.スポーツ報知.2018年2月9日閲覧。
  10. ^ 永久欠番について.兵庫ブルーサンダーズホームページ.2018年2月9日閲覧。
  11. ^ “独立リーグ兵庫が楽天5位指名・田中耀飛を記念 背番号「77」を永久欠番に”. Full-Count. (2017年12月26日). https://full-count.jp/2017/12/26/post99916/ 2020年2月13日閲覧。 
  12. ^ “楽天5位耀飛29振14発、池山2軍監督らあぜん”. 日刊スポーツ. (2018年2月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201802090000282.html 2020年2月13日閲覧。 
  13. ^ a b c “【楽天】ハマスタ場外弾男・耀飛、現状維持700万円でサイン”. スポーツ報知. (2018年11月16日). https://hochi.news/articles/20181116-OHT1T50163.html 2020年2月13日閲覧。 
  14. ^ 2018年度 東北楽天ゴールデンイーグルス 個人打撃成績(イースタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2020年2月13日閲覧。
  15. ^ “ドラ1辰己ら新人6人が1軍メンバー/楽天キャンプ”. 日刊スポーツ. (2019年1月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201901160000275.html 2020年2月13日閲覧。 
  16. ^ a b “楽天、戦力外の森、池田、福山、耀飛と育成契約を発表 福山「死に物狂いで臨みたい」”. Full-Count. (2019年11月19日). https://full-count.jp/2019/11/19/post610949/ 2020年2月13日閲覧。 
  17. ^ 2019年度 東北楽天ゴールデンイーグルス 個人打撃成績(イースタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2020年2月13日閲覧。
  18. ^ “楽天が戸村ら6選手に戦力外、耀飛と西巻は育成打診”. 日刊スポーツ. (2019年10月18日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201910180000840.html 2020年2月13日閲覧。 
  19. ^ “【楽天イーグルス】久米島キャンプメンバーに関して” (プレスリリース), 株式会社楽天野球団, (2020年1月19日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000190.000037175.html 2020年11月5日閲覧。 
  20. ^ 2020年度 東北楽天ゴールデンイーグルス 個人打撃成績(イースタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2020年11月5日閲覧。
  21. ^ "選手契約に関して". 公式サイト. 東北楽天ゴールデンイーグルス. 5 November 2020. 2020年11月5日閲覧
  22. ^ “楽天が10選手に戦力外通告 由規と山下は現役続行希望、熊原とフェルナンドは未定”. Full-Count. (2020年11月5日). https://full-count.jp/2020/11/05/post959073/ 2020年11月14日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]