井手亮太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井手 亮太郎
東北楽天ゴールデンイーグルス #132
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県古賀市
生年月日 (1996-03-20) 1996年3月20日(23歳)
身長
体重
185 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2017年 育成選手ドラフト1位
年俸 250万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

井手 亮太郎(いで りょうたろう、1996年3月20日 - )は、福岡県古賀市出身のプロ野球選手投手育成選手)。右投左打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。

経歴[編集]

古賀市立小野小2年次から野球を始め、古賀市立古賀東中時代は硬式の福岡ライナーズに所属[2]。中学2年次に、当時のコーチからの「手首の柔らかさ、スナップスローのうまさを生かせる」との勧めと制球力をつけるためからサイドスローに転向する[2][3]

九州産大九州高時代は、3年次の春からアンダースローに転向しフォームが安定[2]。夏の福岡県予選では、2回戦でシード校の糸島高を破りベスト4まで進出した。

高校卒業後は九州産業大学に進学し、福岡六大学野球連盟に加盟する同校の硬式野球部に入部する。フォームをサイドスローに戻し、2年次の第64回全日本大学野球選手権大会の2回戦・東海大学戦では先発も務めた[4]。3年次まではリーグ戦未勝利であったが、筋力強化に励み4年次の秋には最速151km/hを計測した[3][5]

2017年10月26日プロ野球ドラフト会議東北楽天ゴールデンイーグルスから育成選手ドラフト1位指名を受け[6]、入団。

1年目の2018年は、3月に右肘を手術した影響で二軍でも登板がなかった[7]

人物・プレースタイル[編集]

長身のサイドスローから繰り出す最速151km/hのストレートが武器[3]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 132 (2018年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 楽天 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2019年2月13日閲覧。
  2. ^ a b c 九産大九州 マリコ様母校撃破/福岡大会”. 日刊スポーツ (2013年7月11日). 2019年1月15日閲覧。
  3. ^ a b c <ファイト若ワシ>変則投法から150キロ台 井手投手”. 河北新報 (2018年1月29日). 2019年1月15日閲覧。
  4. ^ 九産大0封リレーで東海大下す”. デーリースポーツ (2015年6月10日). 2019年1月15日閲覧。
  5. ^ 楽天 ドラフト指名選手紹介 2017年”. Baseball LAB. 2019年1月15日閲覧。
  6. ^ 【プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD】「契約交渉権獲得」選手のお知らせ”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2017年10月26日). 2019年1月15日閲覧。
  7. ^ 【楽天】育成1年目の井手、現状維持の250万円でサイン「なにがなんでも支配下」”. スポーツ報知 (2018年11月14日). 2019年1月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]