ディエゴ・モレノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディエゴ・モレノ
Diego Moreno
IMG 2545 Diego Moreno.jpg
ヤンキース時代(2015年7月8日)
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 ミランダ州ブリオン市イゲローテ
生年月日 (1987-07-21) 1987年7月21日(31歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 アマチュアFA
初出場 MLB/ 2015年6月22日
NPB/ 2018年4月29日
最終出場 NPB/ 2018年6月3日
年俸 5,700万円(2018年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ディエゴ・ラファエル・モレノDiego Rafael Moreno, 1987年7月21日 - )は、NPB阪神タイガースに所属していたベネズエラミランダ州ブリオン市イゲローテ出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

パイレーツ傘下時代[編集]

2006年8月21日ピッツバーグ・パイレーツと契約。

2007年、ルーキー級ベネズエラン・サマーリーグ・パイレーツでプロデビュー。13試合に登板して1勝0敗2セーブ・防御率2.42・16奪三振の成績を残した。

2008年もルーキー級ベネズエラン・サマーリーグ・パイレーツでプレーし、7試合(先発6試合)に登板して3勝1敗・防御率0.87・21奪三振の成績を残した。

2009年4月30日にFAとなったが、6月18日に再びパイレーツとマイナー契約を結んだ。A-級ステート・カレッジ・スパイクスで2試合に登板後、A級ウェストバージニア・パワーへ昇格。A級ウェストバージニアでは18試合に登板して1勝3敗5セーブ・防御率3.20・57奪三振の成績を残した。オフにはベネズエラン・ウィンターリーグアギラス・デル・スリア英語版でプレーした。

2010年はA+級ブレイデントン・マローダーズ英語版で開幕を迎え、11試合に登板。3勝0敗・防御率1.37と好投し、5月24日にAA級アルトゥーナ・カーブへ昇格。昇格後は1試合に登板したが、5月28日に7日間の故障者リスト入りした。6月23日に故障者リストから外れ、6試合に登板したが、試合中のブルペンでファンとキスし、「プロにふさわしくない振る舞い」として1週間の出場停止処分を受けた[1]7月21日にA+級ブレイデントンへ降格。12試合に登板して防御率0.75と好投していたが、8月26日に右肩の故障で7日間の故障者リスト入りし、そのままシーズンを終えた。この年もベネズエラン・ウィンターリーグに参加し、アギラス・デル・スリアでプレー。

2011年もA+級ブレイデントンで開幕を迎え、15試合に登板後、5月23日にAA級アルトゥーナへ昇格。AA級アルトゥーナでは7試合に登板したが、防御率4.91と結果を残せず、7月9日にA+級ブレイデントンへ降格した。降格後は19試合に登板して1勝1敗3セーブ・防御率1.56と好投した。オフには3年連続でベネズエラン・ウィンターリーグに参加。アギラス・デル・スリアで17試合に登板した。

ヤンキース時代[編集]

2012年2月19日A.J.バーネットとのトレードで、ニューヨーク・ヤンキースへ移籍[2]。しかし右肘の故障で、4月27日トミー・ジョン手術を行い、シーズンを全休した。

2013年は前年の手術の影響で出遅れ、6月にようやくA+級タンパ・ヤンキースで移籍後初登板を果たした。A+級タンパで18試合に登板後、8月3日にAA級トレントン・サンダーへ昇格。6試合に登板して1勝0敗・防御率0.96・12奪三振の成績を残した。

2014年はAA級トレントンで開幕を迎え、5試合に登板。1勝0敗4セーブ・防御率1.29と好投し、4月25日にAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースへ昇格。昇格後は10試合に登板したが、5月31日に7日間の故障者リスト入りした。6月24日に故障者リストから外れたが、7月16日にAA級トレントンへ降格。AA級トレントンでは3試合に登板して0勝0敗2セーブ・防御率0.00の好投をみせ、7月27日にAAA級スクラントン・ウィルクスバリへ再昇格。AAA級スクラントン・ウィルクスバリでは13試合に登板して0勝1敗・防御率3.10成績を残した。オフには3年ぶりにベネズエラン・ウィンターリーグに参加。アギラス・デル・スリアで24試合に登板した。

2015年はメジャーのスプリングトレーニングに初参加。AAA級スクラントン・ウィルクスバリで19試合に登板後、6月22日にヤンキースとメジャー契約を結んだ[3]。同日のフィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャーデビュー。5点ビハインドの7回表から登板し、1回を2安打無失点2奪三振に抑えた[4]。2試合目の登板となった6月24日のフィリーズ戦では、10点リードの9回表から登板したが、1回を3安打2失点1四球と結果を残せず[5]、24日にAAA級スクラントン・ウィルクスバリへ降格[6]。AAA級スクラントン・ウィルクスバリで7試合に登板後、7月28日にメジャーへ再昇格[7]。同日のテキサス・レンジャーズ戦で、初回2死で降板したクリス・カプアーノに代わり登板。直後の2回表に大量11点の援護をもらったモレノは、5.1回を無安打無失点1四球5奪三振に抑え、メジャー初勝利を挙げた[8]。しかし、続く8月1日シカゴ・ホワイトソックス戦で3回を4安打4失点1本塁打と打ち込まれると、翌2日に右肘の故障で15日間の故障者リスト入りした[9]8月13日に60日間の故障者リストへ異動し[10]、そのままシーズンを終えた。この年は4試合に登板し、1勝0敗、防御率5.23だった。オフの11月2日に40人枠から外れ、AAA級スクラントン・ウィルクスバリへ降格した。11月6日にFAとなったが、30日にマイナー契約を結び、翌年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった。

2016年はメジャー昇格はなく、8月19日に自由契約となった[11]

レイズ時代[編集]

2016年12月22日タンパベイ・レイズとマイナー契約を結び、2017年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった。

2017年の開幕は傘下のAAA級ダーラム・ブルズで迎え、5月9日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした。5月24日に10日間の故障者リスト入りし、6月26日に60日間へ移行した[11]7月27日ダン・ジェニングスルーカス・ドゥーダの加入に伴ってDFAとなった[12]

インディアンス傘下時代[編集]

2017年7月29日ウェイバー公示を経てクリーブランド・インディアンスへ移籍した[13]。移籍後は傘下のAAA級コロンバス・クリッパーズでプレーしていたが、8月26日にDFAとなり[14]、29日にマイナー契約に切り替わった[11]

阪神タイガース時代[編集]

2017年12月11日に、NPB阪神タイガースが、モレノとの入団契約で合意したことを発表した。背番号は48[15]で、推定年俸5,700万円の1年契約[16]。ちなみに球団では、モレノの獲得と前後して、3人の外国人投手(エースのランディ・メッセンジャーセットアッパーマルコス・マテオクローザーラファエル・ドリス)の残留を発表した。さらに、4番打者候補としてウィリン・ロサリオ、育成を目的に左腕投手の呂彦青とも新たに契約している。

2018年には、呂を除く以上4選手を一軍の戦力として想定するチーム構想の下に、オープン戦4試合の救援登板で無失点をマーク。この構想や、一軍で同時に登録できる投手を3人までに限っている外国人枠[17]との兼ね合いで、公式戦の開幕を二軍で迎えた。しかし、自身と同じ中南米(ドミニカ共和国)出身のマテオが、母国に住む夫人の出産へ立ち会うことを理由に4月26日付で出場選手登録を抹消[18]。一軍が4月28日以降に9連戦を予定していること[19]を背景に、同日の対広島東洋カープ戦(マツダスタジアム)8回裏に一軍公式戦への初登板を果たした。その後も3試合に救援で登板したが、マテオの再来日を機に、5月8日付で登録を抹消。しかし、マテオが再来日後に右肩痛を発症したため、5月27日に再登録を果たした。シーズン終了後ウエーバー公示されたが、獲得を希望する球団はなく、10月31日付けで自由契約公示された[20]

選手としての特徴・人物[編集]

最速153km/hのストレートを軸に、チェンジアップカーブ縦スライダーを操る[21]K/9がマイナー通算で9.23、MLB通算でも7.88を記録するなど奪三振能力が高い[22]

埼玉西武ライオンズエルネスト・メヒアとは同郷の仲であり、阪神との正式契約以前にもメヒアから日本に関する情報収集を行っていた[23]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 NYY 4 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 45 10.1 9 1 3 0 2 8 1 0 6 6 5.23 1.16
2017 TB 5 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 26 5.2 6 1 2 0 1 6 0 0 4 3 4.76 1.41
2018 阪神 8 0 0 0 0 0 0 0 3 .000 28 6.2 8 0 3 1 0 6 0 0 2 2 2.70 1.65
MLB:2年 9 0 0 0 0 1 1 0 0 .500 71 16.0 15 2 5 0 3 14 1 0 10 9 5.06 1.25
NPB:1年 8 0 0 0 0 0 0 0 3 .000 28 6.2 8 0 3 1 0 6 0 0 2 2 2.70 1.65
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB
投手記録
  • 初登板:2018年4月29日 対広島東洋カープ4回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) 8回裏に4番手で救援登板、1回無失点
  • 初奪三振:同上、8回裏に下水流昂から空振り三振
  • 初ホールド:2018年4月30日 対広島東洋カープ5回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) 7回裏に2番手で救援登板、1回無失点

背番号[編集]

  • 64 (2015年 - 同年途中、2017年)
  • 65 (2015年途中 - 同年終了)
  • 48 (2018年)

登場曲[編集]

  • 「Trepate (feat.Ez El Ezeta)」- Sixto Rein Ft. Bad Bunny & Lary Over (2018年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Jeff Sullivan (2012年2月17日). “A.J. Burnett Trade Sending Prospects Diego Moreno, Exicardo Cayones To Yankees”. SB Nation. 2015年10月26日閲覧。
  2. ^ “Yankees acquire two prospects from Pittsburgh in exchange for RHP A.J. Burnett” (プレスリリース), MLB.com (New York Yankees), (2012年2月19日), http://m.yankees.mlb.com/news/article/26757356 2015年10月26日閲覧。 
  3. ^ Alden Woods (2015年6月23日). “Ever-evolving Yankees 'pen adds two more righties”. MLB.com. 2015年10月26日閲覧。
  4. ^ Scores for Jun 22, 2015”. ESPN MLB (2015年6月22日). 2015年10月26日閲覧。
  5. ^ Scores for Jun 24, 2015”. ESPN MLB (2015年6月24日). 2015年10月26日閲覧。
  6. ^ Grace Raynor (2015年6月24日). “Yankees place Ryan on DL with back injury”. MLB.com. 2015年10月26日閲覧。
  7. ^ Bryan Hoch (2015年7月28日). “Nova expects to make scheduled start”. MLB.com. 2015年10月26日閲覧。
  8. ^ Scores for Jul 28, 2015”. ESPN MLB (2015年7月28日). 2015年10月26日閲覧。
  9. ^ Bryan Hoch (2015年8月2日). “Moreno placed on DL with elbow discomfort”. MLB.com. 2015年10月26日閲覧。
  10. ^ Bryan Hoch (2015年8月13日). “Bird is the word: Yankees call up prospect”. MLB.com. 2015年10月26日閲覧。
  11. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2017年8月29日閲覧。
  12. ^ Bill Chastain (2017年7月27日). “Rays acquire slugger Duda, reliever Jennings” (英語). MLB.com. http://m.rays.mlb.com/news/article/244769268/rays-acquire-lucas-duda-dan-jennings/ 2017年7月28日閲覧。 
  13. ^ Jordan Bastian (2017年7月29日). “Indians claim Moreno, move Logan to 60-day DL” (英語). MLB.com. 2017年7月30日閲覧。
  14. ^ William Kosileski (2017年8月26日). “Tribe adds lefty specialist Breslow to bullpen” (英語). MLB.com. 2017年8月27日閲覧。
  15. ^ 阪神150キロ右腕モレノ獲得 メジャー通算1勝日刊スポーツ 2017年12月11日
  16. ^ 阪神にモレノ新加入、ベネズエラ出身の150キロ超右腕 夢つかむ スポニチアネックス 2017年12月12日
  17. ^ 2010年から阪神へ在籍しているメッセンジャーは、在籍9年目の2018年4月16日付で、NPBの国内FA権の取得要件を満たした。このため、2019年シーズン以降に(阪神を含む)NPBの球団と契約した場合には、日本人選手と同じ扱いを受けられる。ただし、2018年シーズンが終了するまでは、外国人枠の対象選手として扱われる。
  18. ^ 阪神マテオが抹消、自子出産に立ち会うため一時帰国日刊スポーツ 2018年4月26日
  19. ^ 阪神モレノ一軍初昇格、マテオ代役9連戦フル回転だ日刊スポーツ 2018年4月26日
  20. ^ 阪神 ロサリオら3外国人選手を自由契約 - スポニチアネックス、2018年10月31日配信、同日閲覧
  21. ^ 阪神、“メジャー153キロ右腕”モレノと大筋合意!近日中正式契約へ SANSPO.COM 2017年11月9日
  22. ^ Diego Moreno Stats, Fantasy & News MLB.com 2018年1月16日閲覧
  23. ^ 新助っ人モレノ“超勤勉右腕”だった メヒアから情報収集&マー君から学ぶ デイリースポーツ 2017年12月12日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]