榊原翼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
榊原 翼
オリックス・バファローズ #61
Sakakibara61.jpg
2018年4月20日 タマホームスタジアム筑後にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県銚子市
生年月日 (1998-08-25) 1998年8月25日(21歳)
身長
体重
180 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 育成選手ドラフト2位
初出場 2018年4月1日
年俸 750万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

榊原 翼(さかきばら つばさ、1998年8月25日 - )は、オリックス・バファローズに所属する千葉県銚子市出身[2]プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

日本人の父親とタイ人の母親の間に生まれたハーフ[3]。銚子市立高神小学校4年生時に高神スポーツ少年団で野球を始め[3][4]、銚子市立第二中学校では同校の軟式野球部に所属した[2]

高校は、埼玉県さいたま市緑区浦和学院高校に進学。2年生の春の第87回選抜高等学校野球大会ではベンチ入りを果たす。チームはベスト4に進出するも、登板機会は無かった[2]。2年生の秋の秋季埼玉大会で優勝し[5]、秋季関東大会に進出するが、準々決勝で桐生第一高校に敗れ、2年連続の選抜出場はならなかった[6]。3年生の春の春季埼玉大会を制覇したが[7]、夏の第98回全国高等学校野球選手権埼玉大会では、4回戦で市立川越高校に0対1で敗れた[8]

2016年10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、オリックス・バファローズから育成選手二巡目指名を受けた[9]11月29日、さいたま市内で入団交渉を行い、支度金300万円、年俸250万円(金額は推定)で契約合意に達し[10]12月18日大阪市内で新人入団会見が行われた[11]。背番号は124となった。

プロ入り後[編集]

2017年は、ウエスタン・リーグにおいて13試合に登板、12回1/3を投げ、2勝1敗、3セーブ、防御率1.46の成績を残した[12]

2018年、シーズン開幕前の3月15日に支配下選手への昇格が球団から発表され[13]、3月19日にNPB公示された[14]。これに伴い背番号は61に変更された[13]。その直後のオープン戦期間中に1軍に合流、3月25日の阪神タイガース戦に登板し、当初はこの1試合限定のテストの予定であったが、鳥谷敬糸井嘉男ウィリン・ロサリオと阪神の2-4番に対し三者凡退に抑えたことを評価されて急遽開幕一軍入りが決まり[15]、3月29日に正式に公示された[16]。開幕カード3戦目の4月1日の福岡ソフトバンクホークス戦で8回裏から5番手でプロ初登板を迎えたが、1アウトも取れずに5失点を喫して降板した[17]。高めに浮いた直球を痛打された点を反省点として、その後はファームにて低めへの制球を心がけた調整を行い[18]、その結果シーズン終盤に先発要員として再昇格。プロ初勝利こそ付かなかったものの、3度の先発合計で17回を2失点に抑え、QS2回を記録した。

2019年は自身初の開幕ローテーション入りを果たし[19][20]、シーズン3度目の先発登板となった4月17日の北海道日本ハムファイターズ戦(京セラドーム大阪)で6回を6被安打1失点の内容でプロ初勝利を挙げた[21]。オリックスの育成入団投手が一軍公式戦で勝利投手となったのは榊原が初である[4]。5月22日のロッテ戦で清田育宏にソロ本塁打を浴びるまで開幕から本塁打を許さず(これが榊原自身プロ一軍で初の被本塁打であり、デビューからの被本塁打なしは68回2/3でストップした)[22]、シーズン2登板目の4月7日楽天戦から6月19日の巨人戦まで10試合連続でQSを記録する[23]など、ローテーション投手として安定した投球を続けていたが、7月5日に右肩甲下筋筋損傷の診断により一軍登録を抹消された[24]。9月19日のソフトバンク戦で復帰した[25]のがシーズン最後の一軍登板となった。シーズン合計で13試合に先発し、打線の援護に恵まれず勝ち星は伸びなかったが[26]、防御率2.72、3勝4敗の成績を残した。

選手としての特徴[編集]

ストレートの最速は152km/h[27]カーブを使った緩急を付けた投球を持ち味とし[9][18]スライダーフォークも投じる[28]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2018 オリックス 5 3 0 0 0 0 0 0 0 -- 72 18.0 12 0 7 0 0 17 0 0 7 7 3.50 1.06
2019 13 13 1 0 0 3 4 0 0 .429 333 79.1 64 5 37 0 5 59 6 0 29 24 2.72 1.27
通算:2年 18 16 1 0 0 3 4 0 0 .429 405 97.1 76 5 44 0 5 76 6 0 36 31 2.87 1.23
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2018 オリックス 5 0 1 0 0 1.000
2019 13 4 13 1 3 .944
通算 18 4 14 1 3 .947
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 124 (2017年 - 2018年3月18日)
  • 61 (2018年3月19日 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 2019年度契約更改 オリックス・バファローズ”. 日刊スポーツ. 2018年12月6日閲覧。
  2. ^ a b c Topics 野球部「榊原 翼投手」育成ドラフト2位指名”. 浦和学院高等学校広報・企画局 (2016年10月20日). 2017年11月3日閲覧。
  3. ^ a b 【一牛入魂 がんばれオリックス】オリの千賀になる男!榊原翼、来季必ず羽ばたく”. サンケイスポーツ (2018年11月16日). 2018年4月17日閲覧。
  4. ^ a b 「応援せずにはいられない」オリ榊原の初勝利 育成時代を知る球団レポーターの思い”. Full-Count (2019年4月22日). 2019年10月30日閲覧。
  5. ^ 秋季埼玉大会 浦和学院―花咲徳栄(決勝)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2015年10月4日). 2017年11月3日閲覧。
  6. ^ 秋季関東大会 桐生第一―浦和学院(準々決勝)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2015年11月3日). 2017年11月3日閲覧。
  7. ^ 春季埼玉大会(2016年)浦和学院―花咲徳栄(決勝)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2016年5月4日). 2017年11月3日閲覧。
  8. ^ 第98回全国高校野球選手権埼玉大会 市川越―浦和学院(4回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2016年7月18日). 2017年11月3日閲覧。
  9. ^ a b 2016年度ドラフト会議 契約交渉権獲得選手”. オリックス・バファローズ (2016年10月20日). 2018年3月21日閲覧。
  10. ^ 【オリックス】育成2位の浦学・榊原は背番「124」に”. スポーツ報知 (2016年11月29日). 2017年11月3日閲覧。
  11. ^ オリックス1位山岡「スライダー見て」新人談話一覧”. 日刊スポーツ (2016年12月18日). 2017年11月3日閲覧。
  12. ^ 2017年度 オリックス・バファローズ 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp. 2017年11月3日閲覧。
  13. ^ a b 榊原翼投手 支配下選手登録のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2018年3月15日). 2018年3月21日閲覧。
  14. ^ 新規支配下選手登録 2018年度”. 日本野球機構 (2018年3月19日). 2018年3月21日閲覧。
  15. ^ オリックス・榊原、開幕1軍 昨季育成入団から大出世”. 中日スポーツ (2018年3月28日). 2018年3月29日閲覧。
  16. ^ T岡田は外れる オリックス開幕1軍登録メンバー一覧”. 日刊スポーツ (2018年3月29日). 2018年3月29日閲覧。
  17. ^ 榊原翼(オリックス・バファローズ)”. 週刊ベースボールONLINE. 2018年12月6日閲覧。
  18. ^ a b 月刊オリックス・バファローズ通信 育成契約からスタートした苦労人 榊原 翼”. 大阪日日新聞 (2019年6月30日). 2019年10月29日閲覧。
  19. ^ オリックス榊原が初の開幕ローテ有力 監督が高評価”. 日刊スポーツ (2019年3月17日). 2018年4月17日閲覧。
  20. ^ 2位頓宮ら/オリックス開幕1軍メンバー”. 日刊スポーツ (2019年3月28日). 2018年4月17日閲覧。
  21. ^ オリックス榊原翼がプロ初白星 6回1失点”. デイリースポーツ (2019年4月17日). 2018年4月17日閲覧。
  22. ^ オリ榊原、ついにプロ初被弾 清田3号ソロ&レアード17号2ランで逆転許す”. Full-Count (2019年5月22日). 2019年10月29日閲覧。
  23. ^ オリ榊原、5回3失点で連続QS10試合でストップ 6回からは成瀬がリリーフへ”. Full-Count (2019年6月29日). 2019年10月29日閲覧。
  24. ^ オリックス榊原が抹消、違和感右肩は甲下筋筋損傷”. 日刊スポーツ (2019年7月5日). 2019年10月29日閲覧。
  25. ^ 19日の公示 オリ榊原が復帰登板、DeNA櫻井、巨人メルセデスを登録、燕ブキャナン抹消”. Full-Count (2019年9月19日). 2019年10月29日閲覧。
  26. ^ 低迷打破への第一歩。オリックス・榊原翼が示す“姿””. 週刊ベースボールONLINE(gooニュース掲載) (2019年6月16日). 2019年10月29日閲覧。
  27. ^ オリックス榊原「鳥肌」勝利呼んだ憧れ巨人への力投”. 日刊スポーツ (2019年6月19日). 2019年10月29日閲覧。
  28. ^ 【インサイト的選手名鑑】榊原翼投手(オリックス) ~オリックス育成の星へ。抜群の安定感を誇る本格派~”. パ・リーグインサイト (2019年5月1日). 2019年10月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]