ジェフリー・マルテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 Template:表記揺れ案内
  • ジェフリー・マーテ
  • ジェフリー・マーテイ
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はマルテ第二姓(母方の)はポーリーノです。
ジェフリー・マルテ
Jefry Marté
阪神タイガース #31
Jefry Marté on July 31, 2015.jpg
デトロイト・タイガース時代
(2015年7月31日、コメリカ・パーク
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 ラ・ロマーナ州ラ・ロマーナ
生年月日 (1991-06-21) 1991年6月21日(28歳)
身長
体重
185 cm
99 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手三塁手左翼手
プロ入り 2007年 アマチュアFA
初出場 MLB / 2015年7月5日
NPB / 2019年4月29日
年俸 1億1,000万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェフリー・レオナル・マルテ・ポーリーノJefry Leonal Marté Paulino, 1991年6月21日 - )は、NPB阪神タイガースに所属するドミニカ共和国ラ・ロマーナ州ラ・ロマーナ出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。

愛称はエル・ブレイEl Bley[2]

経歴[編集]

プロ入りとメッツ傘下時代[編集]

2007年ニューヨーク・メッツと契約してプロ入り。

2008年に傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・メッツでプロデビュー。44試合に出場して打率.325、4本塁打、24打点、2盗塁を記録した。

2009年はA級サバンナ・サンドナッツ英語版でプレーし、123試合に出場して打率.233、6本塁打、41打点、5盗塁を記録した。

2010年もA級サバンナでプレーし、82試合に出場して打率.264、6本塁打、44打点、4盗塁を記録した。

2011年はA+級セントルーシー・メッツでプレーし、131試合に出場して打率.248、7本塁打、55打点、14盗塁を記録した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、ピオリア・ハベリーナズ英語版に所属した。

2012年はAA級ビンガムトン・メッツでプレーし、129試合に出場して打率.251、9本塁打、58打点、9盗塁を記録した。

アスレチックス傘下時代[編集]

2012年12月18日にコリン・カウギルとのトレードで、オークランド・アスレチックスへ移籍した[3]

2013年は傘下のルーキー級アリゾナリーグ・アスレチックスとAA級ミッドランド・ロックハウンズでプレーし、2球団合計で71試合に出場して打率.272、2本塁打、28打点、8盗塁を記録した。

2014年はAA級ミッドランドでプレーし、107試合に出場して打率.259、10本塁打、53打点、9盗塁を記録した。

タイガース時代[編集]

2014年11月22日にデトロイト・タイガースとマイナー契約を結んだ[4]

2015年は傘下のAAA級トレド・マッドヘンズで開幕を迎え、7月4日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りし[5]、翌5日のトロント・ブルージェイズ戦でメジャーデビュー。この年メジャーでは33試合に出場して打率.213、4本塁打、11打点を記録した。

エンゼルス時代[編集]

2016年1月27日にコディ・イーブスとのトレードで、ロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した[6]。開幕は傘下のAAA級ソルトレイク・ビーズで迎えたが、5月31日にシーズン2度目の昇格を果たしてからはそのままメジャーに定着。メジャーでは88試合に出場して打率.252、15本塁打、44打点、2盗塁を記録した。

2017年は、初めてメジャーで開幕を迎えたが打撃不振で6月にマイナー降格。9月にメジャー出場枠が拡張されても昇格することはなく、45試合の出場に留まった上、打率.173、4本塁打、14打点と振るわなかった[7]

2018年、左手首故障の影響で途中離脱しながらも、アルバート・プホルス大谷翔平らとの併用策により自己最多の90試合に出場し[8][9][10]、209打席で打率.201・7本塁打・22打点の成績を残した[11]。オフに40人枠から外れたが、マイナー降格を拒否したためFAとなった[12]

阪神時代[編集]

2018年12月28日、NPB阪神タイガースと1年契約で合意したことが発表された。背番号は31[13][14]

2019年オープン戦期間中の3月中旬に右ふくらはぎの張りを訴えたため、4月下旬まで二軍で調整[15]。4月29日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)で「6番・一塁手」としてスタメン出場し来日後初出場を果たした。5月1日の対広島東洋カープ戦(阪神甲子園球場)で来日初本塁打を放ち、阪神選手としては令和への改元後初の本塁打を記録[16]。その後、シーズン中盤までは5番、6番などの打順で起用されていたが、開幕から4番を任されていた大山悠輔の不振を背景に、8月10日の対広島戦(京セラドーム大阪)に「4番・一塁手」として出場して以降は4番に定着[17]。最終的に、セントラル・リーグの最終規定打席に届かなかったものの、105試合の出場で打率.284、12本塁打、49打点の成績を残し、チームの2年振りクライマックスシリーズ(CS)進出に貢献した。

選手としての特徴[編集]

打球の多くが中堅から左翼方向へ飛ぶ右打のプルヒッター[18]。特に、メジャー通算で放った30本の本塁打の内、中堅より右翼方向への本塁打はわずか1本のみである[19]

守備では三塁手、一塁手の他、左翼手の経験を持つ[7]。55mを6.8秒で走る走力も持ち合わせていることから、走塁には自信があると語っている[20]

阪神入団後の公式戦では、自身と同じ右打者でチームメイトの上本博紀のバットを使用することがある。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 DET 33 90 80 9 17 4 0 4 33 15 0 0 2 0 8 0 0 22 2 .213 .284 .413 .697
2016 LAA 88 284 258 38 65 14 0 15 124 44 2 2 0 3 18 0 5 59 8 .252 .310 .481 .790
2017 45 145 127 10 22 5 0 4 39 14 1 0 0 1 13 0 4 34 2 .173 .269 .307 .576
2018 90 209 194 28 42 7 1 7 72 22 1 1 0 0 13 0 2 41 6 .216 .273 .371 .644
2019 阪神 105 412 349 36 99 20 0 12 155 49 0 2 0 5 51 2 7 73 14 .284 .381 .444 .825
MLB:4年 256 728 659 85 146 30 1 30 268 91 4 3 2 4 52 0 11 156 18 .222 .288 .407 .695
NPB:1年 105 412 349 36 99 20 0 12 155 49 0 2 0 5 51 2 7 73 14 .284 .381 .444 .825
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁(1B) 三塁(3B) 左翼(LF)




































2015 DET 22 106 11 3 9 .975 7 2 15 1 3 .944 -
2016 LAA 29 169 14 2 18 .989 22 10 34 2 2 .957 27 39 2 1 0 .976
2017 28 172 12 2 21 .989 10 3 16 0 1 1.000 3 3 0 0 0 1.000
2018 71 335 33 3 35 .992 10 5 8 1 1 .929 2 1 0 0 0 1.000
2019 阪神 103 893 62 7 78 .993 - -
MLB 150 782 70 10 83 .988 49 20 73 4 7 .959 32 43 2 1 0 .978
NPB 103 893 62 7 78 .993 - -
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

MLB初記録
MiLB
NPB初記録

背番号[編集]

  • 55 (2015年)
  • 19 (2016年 - 2018年)
  • 31 (2019年 - )

登場曲[編集]

  • 「Cristo Conmigo」 - Almighty (2019年)
  • 「Soldado」- Juan Luis Guerra (2019年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Jefry Marte Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2018年5月20日閲覧。
  2. ^ Explaining Angels Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年8月27日閲覧
  3. ^ Mets Acquire Collin Cowgill MLB TradeRumor
  4. ^ Anthony Fenech (2014年11月22日). “LHP Duran among prospects to sign Tigers minor deals” (英語). Detroit Free Press. http://www.freep.com/story/sports/mlb/tigers/2014/11/22/detroit-tigers-minor-league-deals/19423101/ 2016年10月22日閲覧。 
  5. ^ Aaron McMann (2015年7月4日). “Jefry Marte brings power bat, some flexibility to Detroit Tigers lineup” (英語). MLive. http://www.mlive.com/tigers/index.ssf/2015/07/jefry_marte_brings_power_bat_s.html 2016年10月22日閲覧。 
  6. ^ Jeff Fletcher (2016年1月27日). “Angels get infielder Jefry Marte from Tigers for Kody Eaves” (英語). Orange County Register. 2016年10月22日閲覧。
  7. ^ a b 阪神 来季30発期待大砲獲り 16年メジャー15発のマルテら候補 Sponichi Annex 2017年9月11日
  8. ^ 打者専念の大谷翔平とプホルス…ソーシア監督が起用法を苦悩「1日1日見て…」 Full-count 2018年7月24日
  9. ^ 大谷=左腕苦手は過去!? 番記者指摘、プホルスDL入りから対左腕打率は3割超 Full-count 2018年9月28日
  10. ^ 大谷は先発外れる 左腕先発とプホルスDHで負担減 日刊スポーツ 2018年7月12日
  11. ^ 阪神 大谷の同僚を獲得調査 “4番本命”メジャー通算30発マルテ内野手 Sponichi Annex 2018年10月31日
  12. ^ 阪神が獲得狙う、マルテ内野手がFA選択 スポーツ報知  2018年11月7日
  13. ^ 阪神がマルテ獲得「神が導いてくれた」背番号は31 日刊スポーツ 2018年12月28日
  14. ^ 阪神の新外国人マルテに掛布氏背番号「31」で賛否 THE PAGE 2018年12月29日
  15. ^ 阪神マルテが実戦復帰 3打数1安打 上々の再スタート Sponichi Annex 2019年4月24日
  16. ^ 阪神マルテ令和1号 ボール&バット甲子園で展示へ 日刊スポーツ 2019年5月1日
  17. ^ 阪神大山4番外れて6番 糸井抹消の右翼には福留 日刊スポーツ 2019年8月10日
  18. ^ 阪神、新助っ人はマルテ最有力!矢野虎「最後のワンピース」 SANSPO.COM 2018年12月20日
  19. ^ Jefry Marte Career Home Runs Baseball-Reference.com 2018年12月25日閲覧
  20. ^ 来季4番候補マルテ、カーネルの呪いはオレが解く!パワーはもちろん走塁も自信アリ デイリースポーツ online 2018年12月24日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]