ジェフリー・マルテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ジェフリー・マーテ
  • ジェフリー・マーテイ
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はマルテ第二姓(母方の)はポーリーノです。
ジェフリー・マルテ
Jefry Marté
阪神タイガース #31
HT-Jefry Marte20211010.jpg
阪神タイガース時代
(2021年10月10日、明治神宮野球場にて)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 ラ・ロマーナ州ラ・ロマーナ
生年月日 (1991-06-21) 1991年6月21日(31歳)
身長
体重
185[1] cm
102[1] kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手三塁手左翼手
プロ入り 2007年 アマチュアFA
初出場 MLB / 2015年7月5日
NPB / 2019年4月29日
年俸 1億9300万円(2022年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェフリー・レオナル・マルテ・ポーリーノJefry Leonal Marté Paulino, 1991年6月21日 - )は、ドミニカ共和国ラ・ロマーナ州ラ・ロマーナ出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。NPB阪神タイガース所属。愛称はエル・ブレイEl Bley[3]

経歴[編集]

プロ入りとメッツ傘下時代[編集]

2007年ニューヨーク・メッツと契約してプロ入り。

2008年に傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・メッツでプロデビュー。44試合に出場して打率.325、4本塁打、24打点、2盗塁を記録した。

2009年はA級サバンナ・サンドナッツでプレーし、123試合に出場して打率.233、6本塁打、41打点、5盗塁を記録した。

2010年もA級サバンナでプレーし、82試合に出場して打率.264、6本塁打、44打点、4盗塁を記録した。

2011年はA+級セントルーシー・メッツでプレーし、131試合に出場して打率.248、7本塁打、55打点、14盗塁を記録した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、ピオリア・ハベリーナズ英語版に所属した。

2012年はAA級ビンガムトン・メッツでプレーし、129試合に出場して打率.251、9本塁打、58打点、9盗塁を記録した。

アスレチックス傘下時代[編集]

2012年12月18日にコリン・カウギルとのトレードで、オークランド・アスレチックスへ移籍した[4]

2013年は傘下のルーキー級アリゾナリーグ・アスレチックスとAA級ミッドランド・ロックハウンズでプレーし、2球団合計で71試合に出場して打率.272、2本塁打、28打点、8盗塁を記録した。

2014年はAA級ミッドランドでプレーし、107試合に出場して打率.259、10本塁打、53打点、9盗塁を記録した。

タイガース時代[編集]

デトロイト・タイガース時代
(2015年7月31日)

2014年11月22日にデトロイト・タイガースとマイナー契約を結んだ[5]

2015年は傘下のAAA級トレド・マッドヘンズで開幕を迎え、7月4日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りし[6]、翌5日のトロント・ブルージェイズ戦でメジャーデビュー。この年メジャーでは33試合に出場して打率.213、4本塁打、11打点を記録した。

エンゼルス時代[編集]

ロサンゼルス・エンゼルス時代
(2016年9月7日)

2016年1月27日にコディ・イーブスとのトレードで、ロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した[7]。開幕は傘下のAAA級ソルトレイク・ビーズで迎えたが、5月31日にシーズン2度目の昇格を果たしてからはそのままメジャーに定着。メジャーでは88試合に出場して打率.252、15本塁打、44打点、2盗塁を記録した。

2017年は、初めてメジャーで開幕を迎えたが打撃不振で6月にマイナー降格。9月にメジャー出場枠が拡張されても昇格することはなく、45試合の出場に留まった上、打率.173、4本塁打、14打点と振るわなかった[8]

2018年、左手首故障の影響で途中離脱しながらも、アルバート・プホルス大谷翔平らとの併用策により自己最多の90試合に出場し[9][10][11]、209打席で打率.201・7本塁打・22打点の成績を残した[12]。オフに40人枠から外れたが、マイナー降格を拒否したためFAとなった[13]

阪神時代[編集]

2018年12月28日、NPB阪神タイガースと1年契約で合意したことが発表された。背番号は31[14][15]

2019年オープン戦期間中の3月中旬に右ふくらはぎの張りを訴えたため、4月下旬まで二軍で調整した[16]。4月29日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)で、「6番・一塁手」としてスタメンで一軍公式戦にデビュー。5月1日の対広島東洋カープ戦(阪神甲子園球場)で、NPB初本塁打を記録した。当日は平成から令和への改元初日でもあったため、この本塁打は、阪神の選手による令和時代初めての本塁打でもあった[17]。7月15日の同カードで二塁へのスライディングによって左膝を痛めたため、翌日から4試合を欠場したが、レギュラーシーズンの中盤までは主に打線の5番や6番を任されていた。しかし、開幕から4番打者に抜擢されていた大山悠輔が不振に陥ったことから、8月10日の対広島東洋カープ戦(京セラドーム大阪)で大山に代わって4番に起用[18]。阪神の公式戦では歴代104代目の4番打者[19]で、9月25日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(阪神甲子園球場)まで35試合にわたって務めた。この試合の最中に左足の張りを訴えて交代する[20]と、レギュラーシーズンの残り試合を欠場した[21]ものの、チームがシーズン3位から進出したクライマックスシリーズ(CS)では4試合に出場した。レギュラーシーズンでは、セントラル・リーグの最終規定打席に届かなかったものの、一軍公式戦105試合の出場で打率.284、12本塁打、49打点、出塁率.381を記録。大山が正三塁手に定着していたことを背景に、守備に就いた103試合では、すべて一塁手として起用された。CS終了後の12月10日に、1年契約でチームに残留することが球団から発表[22]

2020年は内野手のジャスティン・ボーア外野手ジェリー・サンズが新たに入団したことから、自身を含めた「MBS砲」(英語における自身と2人の名前の頭文字を取った俗称)でチームの長打力向上に寄与することが期待されていた[23]。ただし、ボーアの守備位置が一塁に限られることから、自身は本職の三塁にコンバート[24]。春季キャンプから、大山との間で正三塁手争いを繰り広げた。6月19日に巨人とのレギュラーシーズン開幕戦(東京ドーム)で「3番・三塁手」としてスタメンに起用されると、ベンチスタートの大山の前で猛打賞を記録[25]。さらに、開幕から2試合で4番打者を務めたボーアがノーヒットに終わったことを受けて、3戦目から4番打者に復帰した[26]。6月27日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)では、開幕を二軍で迎えたサンズが一軍へ合流したことを背景に、「MBS砲」のスタメン同時起用が公式戦で初めて実現。5番・ボーア、6番・サンズと共に、安打と打点を記録した。阪神で3人の外国人野手が一軍公式戦へ同時にスタメンで出場したことは史上2例目だが、出場した3人が安打と打点を揃って記録したことは、この試合が初めてである[27]。以降の試合にも4番打者として出場を続けていたが、7月4日の対広島戦(マツダスタジアム)で左ふくらはぎの張りが再発したため、翌5日の同カードから4番の座を大山に明け渡した[28]。結局、左ふくらはぎの治療を優先すべく、同月11日付で出場選手登録を抹消[29]。抹消後の8月8日にウエスタン・リーグの対広島戦で実戦に復帰したものの、試合中に左ふくらはぎを再び痛めた[30]。9月18日に同リーグ公式戦への出場を再開した[31]ものの、自身に代わって「4番・三塁手」へ定着した大山の好調もあって、一軍への復帰はシーズン終盤にまで持ち越された[32]外国人枠などとの兼ね合いで10月21日からボーアに代わって一軍に復帰すると、「3番・三塁手」としてスタメンに起用された同日の対広島戦(甲子園)1回裏の第1打席で、一軍公式戦としては3か月ぶりの本塁打を記録[33]。「3番・一塁手」として起用された同月23日の対巨人戦(東京ドーム)でも、4回表の第2打席で本塁打を打った。しかし、2回裏の守備で1イニング3失策(一塁手としてのセントラル・リーグ最多およびNPB公式戦史上3人目の記録)を喫する[34]と、5回裏の守備でも1失策を犯したことによって1試合4失策(一塁手としてのNPB公式戦最多記録)に至った[35][36]。シーズン終了後、球団から推定年俸6830万円の1年契約で残留することが発表された[37]

2021年はボーアの退団に伴い再び一塁手にコンバートされた。「3番・一塁手」としてレギュラーシーズン開幕戦(明治神宮野球場)のスタメンに名を連ね[38]、開幕3試合目に1号本塁打を放った[39]。その後は月を追うごとに調子を上げ、7月2日の対広島戦(マツダ)では今シーズン初めて「4番・一塁手」として起用された。オールスターゲームではファン投票により一塁手部門で選出[40]。代打出場した2戦目では宋家豪から一時同点となるタイムリーヒットを放ち、敢闘選手賞を獲得した。オールスターゲーム終了後は東京オリンピック期間のシーズン中断を受け一時帰国した。オリンピック終了後の7月25日に再来日するも、調整不足と判断され後半戦開幕時の一軍登録は見送られた[41]。その後、8月31日にラウル・アルカンタラと入れ替わる形で一軍に再昇格[42]。10月1日には自身初となる20号本塁打を放つも[43]、10日第5打席から18日第1打席にかけてNPB移籍後ワーストとなる21打席連続無安打を喫するなど[44]シーズン後半は不振を極めた。シーズン通算では、前年の成績を大きく上回る打率.258、22本塁打、71打点を記録[45]。その後、自身初となるベストナインを一塁手部門で受賞した[46]。シーズン終了後、球団から推定年俸1億9300万円の1年契約で残留することが発表された[2]

2022年、5月26日、右足コンディショニング不良により出場登録抹消[47]

選手としての特徴[編集]

打球の多くが中堅から左翼方向へ飛ぶ右打のプルヒッター[48]。特に、MLB通算で記録した30本の本塁打の内、中堅より右翼方向への本塁打はわずか1本のみである[49]

打球速度が114.2マイル(184km/h)と速いのが特徴で、エンゼルスでは主力打者であるマイク・トラウトジャスティン・アップトンに次ぐ速さだった。また、打率が2割前半とミート力に欠けるが、チャンスには強く、首脳陣からの信頼は高い。そのため、エンゼルスでは4番打者に起用されたこともある[50]

守備では三塁手、一塁手の他、左翼手の経験を持つ[8]。55mを6.8秒で走る走力も持ち合わせていることから、走塁には自信があると語っている[51]

本塁打を打ったあとのベンチ前パフォーマンスとして、左手を天に掲げて弓を引くポーズを行っている[52]。ドミニカのコメディアンを真似て来日1年目から行っており、3年目となる2021年には自ら「ラパンパラ」と命名[53][54]、メディアでもその名称で扱われた[55]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 DET 33 90 80 9 17 4 0 4 33 15 0 0 2 0 8 0 0 22 2 .213 .284 .413 .697
2016 LAA 88 284 258 38 65 14 0 15 124 44 2 2 0 3 18 0 5 59 8 .252 .310 .481 .790
2017 45 145 127 10 22 5 0 4 39 14 1 0 0 1 13 0 4 34 2 .173 .269 .307 .576
2018 90 209 194 28 42 7 1 7 72 22 1 1 0 0 13 0 2 41 6 .216 .273 .371 .644
2019 阪神 105 412 349 36 99 20 0 12 155 49 0 2 0 5 51 2 7 73 14 .284 .381 .444 .825
2020 29 119 103 9 26 6 1 4 46 14 1 0 0 2 14 0 0 14 6 .252 .336 .447 .783
2021 128 526 446 55 115 18 1 22 201 71 0 0 0 2 74 3 4 72 16 .258 .367 .451 .818
MLB:4年 256 728 659 85 146 30 1 30 268 91 4 3 2 4 52 0 11 156 18 .222 .288 .407 .695
NPB:3年 262 1057 898 100 240 44 2 38 402 134 1 2 0 9 139 5 11 159 36 .267 .369 .448 .817
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁(1B) 三塁(3B) 左翼(LF)




































2015 DET 22 106 11 3 9 .975 7 2 15 1 3 .944 -
2016 LAA 29 169 14 2 18 .989 22 10 34 2 2 .957 27 39 2 1 0 .976
2017 28 172 12 2 21 .989 10 3 16 0 1 1.000 3 3 0 0 0 1.000
2018 71 335 33 3 35 .992 10 5 8 1 1 .929 2 1 0 0 0 1.000
2019 阪神 103 893 62 7 78 .993 - -
2020 17 135 4 7 14 .952 14 11 22 1 1 .971 -
2021 124 984 77 8 68 .993 1 0 1 0 0 1.000 -
MLB 150 782 70 10 83 .988 49 20 73 4 7 .959 32 43 2 1 0 .978
NPB 244 2012 143 22 160 .990 15 11 23 1 1 .971 -
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

NPB[編集]

記録[編集]

MLB[編集]

初記録

MiLB[編集]

NPB[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 55(2015年)
  • 19(2016年 - 2018年)
  • 31(2019年 - )

登場曲[編集]

  • 「Cristo Conmigo」Almighty(2019年)
  • 「Soldado」Juan Luis Guerra(2019年 - 2020年、2021年 - )※2021年は4回まで
  • 「La Pampara」Kiko El Crazy(2021年)※5回から

脚注[編集]

  1. ^ a b J.マルテ(阪神タイガース)”. NPB.jp 日本野球機構 (2022年2月26日). 2022年2月27日閲覧。
  2. ^ a b 阪神がガンケル、マルテの残留を発表「最後の瞬間に1位で終われるように」優勝誓う”. デイリースポーツ (2021年12月20日). 2021年12月21日閲覧。
  3. ^ Maria Guardado (2017年8月24日). “Explaining Angels Players Weekend nicknames” (英語). MLB.com. 2017年8月27日閲覧。
  4. ^ Mike Axisa (2012年12月18日). “Mets Acquire Collin Cowgill” (英語). MLB TradeRumor. 2020年10月27日閲覧。
  5. ^ Anthony Fenech (2014年11月22日). “LHP Duran among prospects to sign Tigers minor deals” (英語). Detroit Free Press. http://www.freep.com/story/sports/mlb/tigers/2014/11/22/detroit-tigers-minor-league-deals/19423101/ 2016年10月22日閲覧。 
  6. ^ Aaron McMann (2015年7月4日). “Jefry Marte brings power bat, some flexibility to Detroit Tigers lineup” (英語). MLive. http://www.mlive.com/tigers/index.ssf/2015/07/jefry_marte_brings_power_bat_s.html 2016年10月22日閲覧。 
  7. ^ Jeff Fletcher (2016年1月27日). “Angels get infielder Jefry Marte from Tigers for Kody Eaves” (英語). Orange County Register. 2016年10月22日閲覧。
  8. ^ a b 阪神 来季30発期待大砲獲り 16年メジャー15発のマルテら候補」『Sponichi Annex』、2017年9月11日。2020年10月27日閲覧。
  9. ^ 打者専念の大谷翔平とプホルス…ソーシア監督が起用法を苦悩「1日1日見て…」”. Full-Count. Creative2 (2018年7月24日). 2020年10月27日閲覧。
  10. ^ 大谷=左腕苦手は過去!? 番記者指摘、プホルスDL入りから対左腕打率は3割超”. Full-Count. Creative2 (2019年9月28日). 2020年10月27日閲覧。
  11. ^ 大谷は先発外れる 左腕先発とプホルスDHで負担減」『日刊スポーツ』、2018年7月12日。2020年10月27日閲覧。
  12. ^ “阪神 大谷の同僚を獲得調査 “4番本命”メジャー通算30発マルテ内野手”. Sponichi Annex. (2018年10月31日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/10/31/kiji/20181030s00001173474000c.html 2020年10月27日閲覧。 
  13. ^ 阪神が獲得狙う、マルテ内野手がFA選択」『スポーツ報知』、2018年11月7日。2020年10月27日閲覧。
  14. ^ 阪神がマルテ獲得「神が導いてくれた」背番号は31」『日刊スポーツ』、2018年12月28日。2020年10月27日閲覧。
  15. ^ 本郷陽一 (2018年12月29日). “阪神の新外国人マルテに掛布氏背番号「31」で賛否”. THE PAGE. ヤフー. 2020年10月27日閲覧。
  16. ^ 阪神マルテが実戦復帰 3打数1安打 上々の再スタート」『Sponichi Annex』、2019年4月24日。2020年10月27日閲覧。
  17. ^ 阪神マルテ令和1号 ボール&バット甲子園で展示へ」『日刊スポーツ』、2019年5月1日。2020年10月27日閲覧。
  18. ^ 阪神大山4番外れて6番 糸井抹消の右翼には福留」『日刊スポーツ』、2019年8月10日。2020年10月27日閲覧。
  19. ^ “マルテ 阪神第104代4番初打点「いい勝ちにつながってよかったよ」”. デイリースポーツ. (2019年8月15日). https://www.daily.co.jp/tigers/2019/08/15/0012609086.shtml 2020年10月27日閲覧。 
  20. ^ 阪神の4番・マルテが「左足の張り」で緊急交代…序盤3回に主砲にアクシデント」『スポーツニッポン』、2019年9月24日。2020年10月27日閲覧。
  21. ^ 阪神マルテ「悔しい気持ちが」CSでの復帰目指す」『日刊スポーツ』、2019年10月1日。2020年10月27日閲覧。
  22. ^ 阪神・マルテの残留決定! 打倒“宿敵”へ「巨人を倒して優勝」」『BASEBALL KING』、2019年12月10日。2021年5月1日閲覧。
  23. ^ “阪神・MBS砲そろい踏み 矢野監督「威圧感十分」マルテ、ボーア、サンズが安打”. デイリースポーツ. (2020年3月14日). https://www.daily.co.jp/tigers/2020/03/14/0013191421.shtml 2020年10月27日閲覧。 
  24. ^ 阪神・マルテ 来季から“本職”三塁コンバート!一塁ボーアと共存、近日中に打診へ」『スポーツニッポン』、2019年11月29日。2020年10月27日閲覧。
  25. ^ 阪神マルテ開幕奮起の猛打賞「特別な舞台に立てた」」『日刊スポーツ』、2020年6月19日。2020年10月27日閲覧。
  26. ^ 阪神、3戦目にしてボーアが4番外れる マルテが4番に 巨人戦スタメン」『スポーツニッポン』、2020年6月21日。2020年10月27日閲覧。
  27. ^ 阪神「MBS砲」で2勝目 3人安打&打点は球団初」『日刊スポーツ』、2020年6月27日。2020年10月27日閲覧。
  28. ^ 阪神大山が今季初4番 広島は菊池涼スタメン復帰」『日刊スポーツ』、2020年7月5日。2020年10月27日閲覧。
  29. ^ 阪神マルテ抹消、7月4日に左ふくらはぎの張り訴える」『日刊スポーツ』、2020年7月11日。2020年10月27日閲覧。
  30. ^ 阪神・マルテが二軍復帰戦で再び左ふくらはぎを負傷 プロ2年目の小幡は鼻骨骨折」『サンケイスポーツ』、2020年8月8日。2020年10月27日閲覧。
  31. ^ 阪神・マルテが41日ぶりの実戦復帰」『スポーツニッポン』、2020年8月8日。2020年10月27日閲覧。
  32. ^ 阪神マルテ、陽川、小川が一軍合流、ガルシアら抹消」『日刊スポーツ』、2020年10月21日。2020年10月27日閲覧。
  33. ^ 阪神のマルテ 復帰戦で2ラン」『時事ドットコム』、2020年10月21日。2020年10月27日閲覧。
  34. ^ 阪神マルテ汚名返上弾、セ一塁手初1イニング3失策」『日刊スポーツ』、2020年10月23日。2020年10月27日閲覧。
  35. ^ 矢野監督激怒「言いようないわ」マルテ4失策新記録”. 日刊スポーツ (2020年10月23日). 2020年11月25日閲覧。
  36. ^ 阪神マルテNPB初不名誉記録 一塁手1試合4失策」『日刊スポーツ』、2020年10月23日。2020年10月27日閲覧。
  37. ^ “サンズ1・5億円超 阪神4助っ人は単年で契約更新”. 日刊スポーツ. (2020年12月22日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202012210000845.html 2021年5月8日閲覧。 
  38. ^ 【試合速報】阪神-ヤクルト、開幕スタメン発表 佐藤輝明は「6番・右翼」、内川聖一も主軸担う【2021年プロ野球開幕戦】” (日本語). ベースボールチャンネル(BaseBall Channel). 2022年2月3日閲覧。
  39. ^ 阪神 まるで「グラティ」!? 今季1号マルテがベンチ総出の〝弓引きパフォーマンス〟 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb. 2022年2月3日閲覧。
  40. ^ 球宴ファン投票で阪神から最多7選手 佐藤輝明「HR見てほしい」” (日本語). 毎日新聞. 2022年2月3日閲覧。
  41. ^ 心の健康重んじた阪神・矢野監督 マルテら不在の3連戦:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2022年2月3日閲覧。
  42. ^ 阪神・マルテ 48日ぶりに1軍昇格 アルカンタラに代え、攻撃力アップで再奪首狙う - スポニチ Sponichi Annex 野球” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2022年2月3日閲覧。
  43. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年10月1日). “阪神・マルテが20号3ラン!17年ぶりの20発トリオが誕生” (日本語). サンスポ. 2022年2月3日閲覧。
  44. ^ 【阪神】マルテ、久々安打の二塁打で来日ワースト連続打席無安打「21」でストップ!天見上げ笑顔” (日本語). スポーツ報知 (2021年10月18日). 2022年2月3日閲覧。
  45. ^ (阪神・野手編)2021年プロ野球、各球団の助っ人外国人選手の今季を振り返る マルテはシーズン通して打線を牽引” (日本語). ベースボールチャンネル(BaseBall Channel). 2022年2月3日閲覧。
  46. ^ 【ベストナイン】マルテ初受賞「とても嬉しく誇り」阪神助っ人受賞7年ぶり”. 日刊スポーツ (2021年12月15日). 2021年12月21日閲覧。
  47. ^ マルテ抹消の阪神 自力V消滅の危機となる一戦は大山、佐藤輝、糸井のクリーンアップ”. デイリースポーツ online (2022年5月26日). 2022年5月26日閲覧。
  48. ^ 阪神、新助っ人はマルテ最有力!矢野虎「最後のワンピース」」『SANSPO.COM』、2018年12月20日。2020年10月27日閲覧。
  49. ^ Jefry Marte Career Home Runs”. Baseball-Reference.com. 2018年12月25日閲覧。
  50. ^ 斎藤庸裕「マルテは大谷以上!チーム3位の打球速度184キロ」『日刊スポーツ』、2018年12月21日。2020年10月27日閲覧。
  51. ^ 来季4番候補マルテ、カーネルの呪いはオレが解く!パワーはもちろん走塁も自信アリ」『デイリースポーツ online』、2018年12月24日。2020年10月27日閲覧。
  52. ^ ラパンパラが注目の的に!? 阪神・マルテの3戦連発で認知度も上昇中”. デイリースポーツ (2021年4月21日). 2021年5月1日閲覧。
  53. ^ 阪神マルテ弓ポーズ!ファウルから技ありスライス弾”. 日刊スポーツ (2019年5月30日). 2021年6月12日閲覧。
  54. ^ 阪神マルテ「ラパンパラ弾」奥川フォークを我慢して”. 日刊スポーツ (2021年3月28日). 2021年6月12日閲覧。
  55. ^ 阪神・マルテ 再加速告げるV3ラン!後半戦初ラパンパラ「待ち望んでいた」”. デイリースポーツ (2021年9月12日). 2021年9月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]