ジム・パチョレック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジム・パチョレック
Jim Paciorek
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシガン州デトロイト
生年月日 1960年6月7日(55歳)
身長
体重
191 cm
94 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手外野手三塁手
プロ入り 1982年 MLBドラフト8巡目
初出場 MLB / 1987年4月9日
NPB / 1988年4月8日
最終出場 MLB / 1987年9月23日
NPB / 1993年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジム・パチョレックJames Joseph Paciorek , 1960年6月7日 - )は、アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト出身のプロ野球選手内野手)。日本球界での登録名は「ジェームス・パチョレック」愛称は「パッキー」。

来歴・人物[編集]

ミシガン大学在学中には、野球だけでなくアメリカンフットボールのレギュラーも務めるほどの体格と運動神経を持ち、同大学を卒業した1981年MLBドラフト14巡目でクリーブランド・インディアンスに指名されるが契約せず、翌1982年MLBドラフト8巡目でミルウォーキー・ブルワーズに指名され契約。その後、マイナーリーグでも長打力よりは確実性を重視する打者で、シーズン本塁打はAA級エルパソ・ディアブロス時代の9本塁打が最高であった。1987年は、AAA級バンクーバー・カナディアンズで自己最高のペースで成績を残していたため、初めてメジャーに昇格し、主に一塁手三塁手として48試合に出場した。余談だが、初めて先発出場した試合(4月15日ボルチモア・オリオールズ戦)ではフアン・ニエベスがブルワーズ球団史上初のノーヒットノーランを達成。この試合は当時レギュラー左翼手であったロブ・ディアーが故障したため、代わりに左翼手として出場したもので、ファインプレイを演じ、快挙達成に一役買った。

1988年からはミシガン大学時代に日米大学野球で訪れた日本でのプレーを希望し、横浜大洋ホエールズに入団。同年は打率2位、安打数1位という好成績を残し、外野手としてセントラル・リーグベストナインに選ばれた。また、おとなしい性格だが真面目な態度と確実性のある打撃からたちまち人気を得た。その後も、4番打者カルロス・ポンセの後を打つ5番打者として毎年安定した結果を残し、1989年にも打率2位となり、1990年には念願の首位打者のタイトルを獲得した。だが1991年、それまでの3年間を下回る成績に終わり、更に大洋フロント陣から「ホームランが少ない」と指摘され、大洋はこの年限りで契約を打ち切った。大洋時代の応援歌は大脱走のテーマソングであった。

1992年からはトーマス・オマリーの誘いもあり、同じセ・リーグの阪神タイガースに移籍した。同年、ラッキーゾーンが本拠地阪神甲子園球場から撤去され、守備力が向上した阪神は、優勝は逃したものの、1986年以来となるAクラスに入った。当初3番打者を任されていたが、シーズン後半からはケガで戦列を離れたオマリーに代わって4番打者に選ばれ、リーグ最多となる159安打、14勝利打点で期待に応え、ベストナインとゴールデングラブ賞の一塁手部門に選ばれた。

1993年は、外国人選手を3名以上出場選手登録することができなかったため、パチョレック、郭李建夫、オマリーのうち1人が出場できないことがネックとなっていた。マスコミはこれを当時国際問題になっていた国連平和維持活動のニュースにかけて、“阪神PKO問題”と呼んだ。当初は実績のあるパチョレックとオマリーが出場していたが、腰痛のため出場機会が少なくなり、出場選手登録枠を郭李に譲って二軍に落ちると、シーズン中に現役引退を表明して帰国した。オマリーがお立ち台で関西弁を駆使して「阪神ファンは1番や!」と絶叫して人気を集めていたが、パチョレックもお立ち台で「阪神ファンは10番目の野手」とファンの持つ大きな力に感謝する発言をしていた。また、不振だった1993年にオールスターにファン投票で選ばれたことに感激していた。

2004年4月6日には横浜スタジアムで行われた古巣・横浜対阪神の開幕戦(横浜主催試合)の始球式を務めるため11年ぶりに来日。この時「僕は両チームとも在籍したけどあえて言うならクジラ(大洋の意味)のファンだね」との言葉を残し母国へ帰っていった。

家族[編集]

パチョレック家は、ジムを含め三兄弟でメジャー経験がある。長兄ジョン・パチョレック(John Paciorek)は1963年ヒューストン・コルト45's(現在のアストロズ)で1試合に出場し、3打数3安打3打点2四球4得点。「生涯打率10割の選手で最多安打」の記録を残している。次兄トム・パチョレック(Tom Paciorek)は1970年から1987年にかけてロサンゼルス・ドジャースを皮切りに6球団でプレーし、1392試合に出場し1162安打・86本塁打・打率.282という成績を残している。

2007年6月に行われたMLBドラフトでは、息子のジョーイ・パチョレックが自身もかつて在籍したブルワーズに15巡目で指名された。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1987 MIL 48 116 101 16 23 5 0 2 34 10 1 0 0 3 12 0 0 20 3 .228 .302 .337 .638
1988 大洋 130 537 497 58 165 33 2 17 253 76 6 4 1 4 30 5 5 59 16 .332 .373 .509 .882
1989 118 473 435 48 145 32 3 12 219 62 2 3 2 2 33 4 1 45 9 .333 .380 .503 .885
1990 133 562 527 78 172 36 3 17 265 94 3 2 0 4 26 5 5 47 14 .326 .361 .503 .864
1991 114 487 442 52 137 23 1 11 195 75 0 4 0 10 31 9 4 49 15 .310 .353 .441 .794
1992 阪神 129 562 512 73 159 33 0 22 258 88 0 2 0 6 40 1 4 73 18 .311 .361 .504 .865
1993 74 297 263 24 64 12 1 7 99 36 1 1 0 2 32 0 0 45 13 .243 .323 .376 .700
MLB:1年 48 116 101 16 23 5 0 2 34 10 1 0 0 3 12 0 0 20 3 .228 .302 .337 .638
NPB:6年 698 2918 2676 333 842 169 10 86 1289 431 12 16 3 28 192 24 19 318 85 .315 .361 .482 .843
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

NPB

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 14 (1987年 - 1991年)
  • 42 (1992年 - 1993年)

脚注[編集]

  1. ^ 個人打撃月間記録セ・リーグ公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]