ジョージ・アリアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・アリアス
George Arias
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アリゾナ州ツーソン
生年月日 1972年3月12日(43歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手三塁手
プロ入り 1993年 MLBドラフト7巡目
初出場 MLB / 1996年4月2日
NPB / 2000年4月1日
最終出場 MLB / 1999年7月28日
NPB / 2006年7月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョージ・ルベルト・アリアスGeorge Alberto Arias, 1972年3月12日 - )は、アメリカ合衆国アリゾナ州出身の元プロ野球選手内野手)。一時期の登録名はジョージ

ヒスパニック系で、英語スペイン語バイリンガル

経歴[編集]

米国時代[編集]

ペブロ高校、ピマ・コミュニティ短期大学、アリゾナ大学を経て、1993年MLBドラフト7巡目でカリフォルニア・エンゼルスに指名され契約。

1997年サンディエゴ・パドレスへ移籍するが、1999年オフに解雇され、メキシカンリーグでプレーしていたところを、オリックス・ブルーウェーブ監督の仰木彬の片腕となることが決まっていた高畠康真が巡回中に目をつけ、球団の了解を得てスカウトしオリックスに入団した。仰木が登録名に愛称を用いることが好きだったこともあり、開幕直前に登録名を「ジョージ」に変更したが、登録名を変えてから絶不調が続いたため、再び「アリアス」に戻している。

オリックス時代[編集]

オリックス1年目の2000年に26本塁打、2年目は38本の活躍を見せ、チーム内最多打点などの記録を2年連続で残したものの、出塁率の低さや、当時の他球団の外国人選手と比べると今一歩見劣りするという理由で、球団側は年俸交渉でほとんどアップを提示しなかった。一方2年契約だったアリアスは、勝利試合への貢献度や、打線の牽引役としての働きを訴えて大幅アップを主張した。結局交渉は決裂し、オリックスを退団。この年オフ、新たに阪神タイガースの監督に就任した星野仙一がアリアスの獲得を強く要望し、年俸2億5,000万円プラス出来高払い5,000万円(2年契約)の大型契約を締結した。

阪神時代[編集]

2002年開幕戦の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)で移籍第1号本塁打を放った。この年3番を担った片岡篤史とのコンビは阪神の強力打線の口火となった。この年は32本塁打、82打点と活躍したが、チームは4位に沈んだ。

2003年は6番で開幕し、4月11日の対巨人戦で、来日100号本塁打を放った。5月9日の対横浜ベイスターズ戦では吉見祐治から濱中おさむ、片岡と共にレフトスタンドへ本塁打を放ち、平成の3連発を完成させた。また、6月中盤からは主に5番打者として出場した。優勝争いの真っ只中である9月7日の対横浜戦で、第32号満塁本塁打を放ち、球団史上最多タイのシーズン80勝に貢献。最終的に38本塁打、107打点で本塁打王・打点王を争う活躍を見せ、18年ぶりの阪神のリーグ優勝に貢献した。9月17日の対広島東洋カープ戦では、消化試合だったため1番で先発し、来日初となる初回先頭打者本塁打を放った。また、守備も安定しており一塁手としてベストナインゴールデングラブ賞を受賞した。

2004年も開幕から6番でスタメン出場を続けたが、6月に腰痛で登録抹消となり、7月に復帰したものの、この年新たに監督に就任した岡田彰布からは「勝負弱さ」「好不調の波が激しい」と指摘され、ベンチに下げられる場面も見られた。この後チームも首位争いから一気に脱落し、4位に終わった。アリアス自身は打率.272, 25本塁打、84打点と引き続き結果を残したが、同年オフ、45本塁打・103打点の活躍ながら横浜を退団濃厚となっていたタイロン・ウッズの獲得を目指すチーム方針が固まり、ウッズに比べ成績面で劣っているアリアスの立場は一層不利になった。3億円を超える高年俸もネックとなり、12月1日に正式に退団が発表された。

アメリカ球界復帰・巨人時代[編集]

2005年ワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結んだが、4月に解雇された。その後はメキシカンリーグのティファナ・ポトロスでプレーしていたが、日本球界復帰を目指していたアリアスの守備力や東京ドームとの相性の良さなどに巨人が着目し、2006年シーズン途中の6月28日に巨人と契約した。

チームに故障者が続出する中、7月5日の対中日ドラゴンズ戦で6番・左翼手として初出場したが、結果を残すことができず二軍降格。わずか17試合出場に終わり、この年限りで退団した。帰国の際、「チームを救済できずに申し訳ない」と話した上で、「阪神では信念や希望を持ち、何より野球は楽しむものだと感じた。巨人にはいいプレイヤーがいるが、重圧に負け野球を楽しんでいない」と語った。

その後、現役引退を発表し、現在は住宅の清掃会社を経営しながら地元の少年野球チームのコーチを務めている。

人物[編集]

タフィ・ローズとは同じアメリカ出身でかつて関西のパ・リーグチームの所属という共通項から、非常に仲が良かった。阪神時代にローズがアリアスと同じ神戸のマンションに引っ越した際には、たびたび料理や阪神甲子園球場での試合に招待していた。

クリスチャンであり、ホームランやヒットを放った際にはペンダントにキスをする。

趣味はバイクで、阪神が優勝した2003年には、優勝祝いとしてSUZUKIからイントルーダー・クラシック800を特別にモデルチェンジしたバイクを贈呈された。

ユニフォームの着こなしは、袖からアンダーシャツを少し出すというスタイルだった。

ミズノ製の用具を使用していた。ミズノの用具を使用するほとんどの選手の場合、グラブ・手袋のメーカーラベルの色は金色だが、アリアスはイチローと同じの銀色のものを使用していた。

端正な顔立ちで、女性ファンにも人気があった。

ファンサービスがよく、サインを頼まれたら快く引き受けていた。   

2003年のリーグ優勝に貢献し、人気も絶大なものを誇っていたことからトレイ・ムーアと共に優勝記念の多くのグッズが売り出され、経営面でも大きく貢献した。

阪神での応援スタイル[編集]

阪神での応援歌は、入団当初はマイケル・ブロワーズの応援歌を使用していたが、2002年シーズン途中から新しいものに変わった。アリアスのホームランが、長い暗黒時代からチームを救ったことから新応援歌の最後の一小節は「メシア from USA」となっていた。また、「かっ飛ばせ、○○」のところが「ジョージ、ジョージ」とファーストネームを2回コールするスタイルに変わった。この応援スタイルはアリアスから始まり、その後阪神でプレーする各外国人野手にも使われている。

また応援歌の他に、2000年に在籍していたトニー・タラスコから使われている、外国人選手に対する「レッツゴー○○」コールは、2003年頃まではメガホンを連打しながら「レッツゴー○○」とコールしていたが、2004年からは「ウォ~」と叫びながら両手を頭上まで上げ、「レッツゴー○○」とコールするようになった。このスタイルもアリアス以後の阪神の各外国人野手に使用されている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1996 CAL
ANA
84 274 252 19 60 8 1 6 88 28 2 0 6 0 16 2 0 50 6 .238 .284 .349 .633
1997 3 6 6 1 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .333 .333 .333 .667
SD 11 22 22 2 5 1 0 0 6 2 0 0 0 0 0 0 0 1 2 .227 .227 .273 .500
'97計 14 28 28 3 7 1 0 0 8 3 0 0 0 0 0 0 0 1 2 .250 .250 .286 .536
1998 20 41 36 4 7 1 1 1 13 4 0 0 0 0 3 0 2 16 0 .194 .293 .361 .654
1999 55 170 164 20 40 8 0 7 69 20 0 0 0 0 6 0 0 54 6 .244 .271 .421 .691
2000 オリックス 116 461 412 66 103 21 0 26 202 61 2 0 0 3 43 4 3 110 6 .250 .326 .490 .816
2001 139 603 543 70 142 19 1 38 277 97 3 1 0 7 49 3 4 104 14 .262 .327 .510 .837
2002 阪神 126 523 473 64 122 29 1 32 249 82 3 3 0 6 43 2 1 126 10 .258 .317 .526 .843
2003 124 518 464 89 123 25 0 38 262 107 2 1 0 4 44 1 6 130 6 .265 .334 .565 .899
2004 117 451 412 54 112 26 1 25 215 84 3 0 0 4 33 4 2 119 5 .272 .326 .522 .848
2006 巨人 17 64 60 5 10 2 0 2 18 5 0 1 0 0 4 0 0 15 0 .167 .219 .300 .519
MLB:4年 173 513 480 46 114 18 2 14 178 55 2 0 6 0 25 2 2 121 14 .238 .278 .371 .649
NPB:6年 639 2620 2364 348 612 122 3 161 1223 436 13 6 0 24 216 14 16 604 41 .259 .349 .517 .866
  • CAL(カリフォルニア・エンゼルス)は、1997年にANA(アナハイム・エンゼルス)に球団名を変更

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB
NPB初記録
NPB節目の記録

背番号[編集]

  • 5 (1996年、2000年 - 2001年)
  • 7 (1997年 - 1997年途中)
  • 14 (1997年途中 - 1999年、2002年 - 2004年)
  • 91 (2006年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]