ジャスティン・ボーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ジャスティン・ボア
  • ジャスティン・ボアー
ジャスティン・ボーア
Justin Bour
フィラデルフィア・フィリーズ #33
Justin Bour 2018.jpg
マーリンズ時代(2018年6月17日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ワシントンD.C.
生年月日 (1988-05-28) 1988年5月28日(30歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
250 lb =約113.4 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 2009年 MLBドラフト25巡目
初出場 2014年6月5日 タンパベイ・レイズ
年俸 $537,500(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジャスティン・ジェームズ・ボーアJustin James Bour, 1988年5月28日 - )は、アメリカ合衆国ワシントンD.C.出身のプロ野球選手一塁手)。右投左打。MLBフィラデルフィア・フィリーズ所属。

姓の「Bour」は動詞「Bore(突き抜ける・突き破る)」と同じ発音(発音記号もbore)で、「ボア(ー)」が正しい。

経歴[編集]

プロ入りとカブス傘下時代[編集]

2009年MLBドラフト25巡目(全体770位)でシカゴ・カブスから指名され、6月17日に契約。契約後、傘下のルーキー級アリゾナリーグ・カブスでプロデビューすると、14試合に出場した。7月にA-級ボイシ・ホークスへ昇格。48試合に出場して打率.258・2本塁打・27打点・1盗塁の成績を残した。

2010年はA級ピオリア・チーフスでプレーし、127試合に出場して打率.291・12本塁打・87打点・1盗塁の成績を残した。

2011年はA+級デイトナ・カブスでプレーし、133試合に出場して打率.277・23本塁打・85打点・3盗塁の成績を残した。

2012年はAA級テネシー・スモーキーズでプレーし、138試合に出場して打率.283・17本塁打・110打点・4盗塁の成績を残した。

2013年もAA級テネシーでプレーし、83試合に出場して打率.237・18本塁打・64打点の成績を残した。

マーリンズ時代[編集]

2013年12月に行われたルール・ファイブ・ドラフト(マイナーリーグのAAA級フェイズ )でマイアミ・マーリンズから指名され、移籍した[2]

2014年は傘下のAAA級ニューオーリンズ・ゼファーズで開幕を迎え、6月4日にマーリンズとメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[3]。翌5日のタンパベイ・レイズ戦でメジャーデビュー。7番・指名打者で先発起用され、5打数2安打3打点だった[4]。4試合に出場したが、12日にAAA級へ降格[5]。16日に再昇格し、9試合に出場したが、27日にAAA級ニューオーリンズへ降格した[6]7月2日に再々昇格したが[7]、8試合に出場し、7打数無安打と結果を残せず、19日にAAA級ニューオーリンズへ降格した[8]。この年はメジャーで39試合に出場し、打率.284・1本塁打・11打点の成績を残した。

2015年は新加入したマイケル・モースの故障もあり、一塁手としての先発起用が増えた。そこからレギュラーに定着し、9月にはルーキー・オブ・ザ・マンスを受賞した。最終的に129試合に出場して打率.262・23本塁打・73打点の成績を残した。

2016年も一塁のレギュラーとして出場していたが、7月6日に右足首の故障で故障者リスト入りした[9]。この影響もあって90試合の出場に留まったが、打率.264、15本塁打、51打点を記録。

2017年は108試合に出場して打率.289・25本塁打・83打点・1盗塁の成績を残した。オフの12月にはこの年まで同僚だったイチローに会いに行くために来日し、ほっともっとフィールド神戸で共に練習した[10]

フィリーズ時代[編集]

2018年8月10日にマッケンジー・ミルズ英語版とのトレードで、フィラデルフィア・フィリーズへ移籍した[11]

プレースタイル[編集]

打撃

マイナーリーグでは2010年から5年連続で二桁本塁打を放ちながら、規定打席以上では100三振以上するなど、コンタクト技術に欠け、打率が伸び悩んだ。しかし、マーリンズ移籍後に大幅に改善され、規定打席をクリアしつつ57三振にとどめると自身初の打率3割を記録している[12]。同じくマイナーでは、シーズン打率.300以上、20本塁打以上、100打点以上を記録したことが、それぞれ1度ずつある(2015年5月時点)。メジャー昇格1年目には、得点圏での勝負強さを発揮し、得点圏打率.429という高率をマークした[13]

守備

一塁守備では、柔らかいグラブさばきを見せる一方で、2015年はDRS-7とメジャー平均を下回った[13][14]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 MIA 39 83 74 10 21 3 0 1 27 11 0 0 0 0 9 1 0 19 0 .284 .361 .365 .726
2015 129 446 409 42 107 20 0 23 196 73 0 0 0 1 34 3 2 101 19 .262 .321 .479 .800
2016 90 321 280 35 74 12 1 15 133 51 0 0 0 3 38 9 0 56 8 .264 .349 .475 .824
2017 108 429 377 52 109 18 0 25 202 83 1 0 0 4 47 7 1 95 10 .289 .366 .536 .902
2018 112 447 374 43 85 10 1 19 154 54 1 0 0 3 69 6 1 111 8 .227 .347 .412 .759
PHI 29 54 49 6 11 3 0 1 17 5 1 0 0 0 4 0 1 13 2 .224 .296 .347 .643
'18計 141 501 423 49 96 13 1 20 171 59 2 0 0 3 73 6 2 124 10 .227 .341 .404 .746
MLB:5年 507 1780 1563 188 407 66 1 84 729 277 3 0 0 11 201 26 5 395 47 .260 .344 .466 .811
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁(1B)












2014 MIA 15 116 10 0 13 1.000
2015 111 836 47 6 106 .993
2016 82 544 34 3 50 .995
2017 102 757 51 1 84 .999
2018 103 707 54 3 75 .996
PHI 10 57 3 1 6 .984
'18計 113 764 57 4 81 .995
通算 423 764 57 4 81 .995
  • 2018年度シーズン終了時

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

背番号[編集]

  • 48(2014年 - 2015年)
  • 41(2016年 - 2018年8月9日)
  • 33(2018年8月12日 - )

脚注[編集]

  1. ^ Justin Bour Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年7月1日閲覧。
  2. ^ Joe Frisaro (2013年12月12日). “Marlins select four in Minors phase of Rule 5 Draft” (英語). MLB.com. 2016年2月17日閲覧。
  3. ^ Joe Frisaro; Maria Torres (2014年6月4日). “Struggling defensively, Dietrich optioned to Triple-A” (英語). MLB.com. 2016年2月17日閲覧。
  4. ^ Scores for Jun 5, 2014” (英語). ESPN (2014年6月5日). 2016年2月17日閲覧。
  5. ^ Joe Frisaro (2014年6月12日). “Marlins option Bour; Furcal coming up?” (英語). MLB.com. 2016年2月17日閲覧。
  6. ^ Joe Frisaro; Maria Torres (2014年6月27日). “Soreness not as bad, Hechavarria to throw Sunday” (英語). MLB.com. 2016年2月17日閲覧。
  7. ^ Joe Frisaro; Maria Torres (2014年7月2日). “Hechavarria starts Class A rehab Friday” (英語). MLB.com. 2016年2月17日閲覧。
  8. ^ Joe Frisaro (2014年7月19日). “Penny making case for return to Majors” (英語). MLB.com. 2016年2月17日閲覧。
  9. ^ Steve Adams (2016年7月6日). “Marlins Place Justin Bour On DL, Select Don Kelly, Designate Eric Jokisch” (英語). MLB Trade Rumors. 2016年12月2日閲覧。
  10. ^ イチローとの2ショット公開 元同僚が有言実行の来日「史上最高の名手と…」”. Full-count (2017年12月8日). 2018年8月13日閲覧。
  11. ^ Todd Zolecki (2018年8月10日). “Phillies acquire slugger Bour from Marlins” (英語). MLB.com. 2018年8月11日閲覧。
  12. ^ Justin Bour Minor League Statistics & History” (英語). Baseball-Reference.com. Sports Reference LCC.. 2016年2月17日閲覧。
  13. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』 廣済堂出版2015年、316頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  14. ^ Justin Bour Statistics & History” (英語). Baseball-Reference.com. 2016年8月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]