中後悠平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中後 悠平
Baystars yuhei nakaushiro.jpg
2019年6月16日 横須賀スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府泉南郡熊取町
生年月日 (1989-09-17) 1989年9月17日(30歳)
身長
体重
182 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト2位
初出場 2012年3月31日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中後 悠平(なかうしろ ゆうへい、1989年9月17日 - )は、大阪府泉南郡熊取町出身のプロ野球選手投手)。左投左打。2016年から2018年のシーズン途中までは、MLBアリゾナ・ダイヤモンドバックス傘下のマイナーチームに所属していた。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

第5回世界大学野球選手権大会での中後(2010年、神宮球場にて)

小学5年時に実父が監督を務める少年野球チーム「熊取ベアーズ」へ双子の兄と揃って入団。熊取町立熊取北中学校への在学中には、「貝塚シニア」へ所属した。

中学校卒業後に、実父の出身地(和歌山県新宮市)にある近大新宮高校へ、兄弟揃ってスポーツ進学コースの第1期生として進学。さらに、創部されたばかりの硬式野球部に入った。野球部では、2年夏からのベンチ入りを経て、3年夏の選手権和歌山大会で準々決勝に進出。しかし、春夏を通じて、阪神甲子園球場での全国大会と縁がなかった。

高校からの卒業後に近畿大学へ進学すると、関西学生野球リーグの強豪である硬式野球部に入部。1年次の春からリーグ戦へ出場したが、最初の1年間は下半身の強化に専念した。

2年次の春季リーグでは、チーム10試合中9試合に登板。3勝0敗、防御率1.47という好成績でチームの2季振り優勝に貢献したほか、自身もMVPを獲得した。さらに、チームの優勝によって進出した全日本大学野球選手権大会の1回戦で全国大会にデビュー。桐蔭横浜大学を相手に、1失点で完投勝利を収めた。

3年次の春季リーグでは、8試合に登板。4勝2敗、リーグ2位の防御率1.11という成績でベストナインに選ばれた。さらに、秋季リーグ戦でも7試合に登板すると、2勝3敗ながらリーグトップの防御率0.98を記録した。

4年生だった2011年には、春季リーグで8試合に登板すると、5勝3敗、防御率0.74をマーク。2季連続でリーグトップの防御率を記録するとともに、自身2度目のベストナイン選出を果たした。続く秋季リーグ戦では、10試合の登板で、3勝4敗、防御率2.15、72奪三振という成績を残した。在学中には、リーグ戦通算50試合の登板で、19勝13敗、260奪三振、防御率1.48を記録。4年生だった2011年度には、大学野球の選手として日本学生野球協会から表彰された[1]

大学2年生だった2009年には、夏の第25回アジア野球選手権大会と秋の第37回日米大学野球選手権大会日本代表の一員として出場。日米大学野球では、通算3試合(4イニング)で4被安打4、6奪三振、1与四球を記録した。11月22日に東京ドームにて開催された日本初の「NPB選抜チームと大学選抜チームによる交流戦」(U-26 NPB選抜 対 大学日本代表)にも、大学日本代表の一員として参加したが、実際には登板の機会がなかった。大学4年生だった2011年にも、第5回世界大学野球選手権大会日本代表に選出。3試合に登板すると、打者11人に対して1被安打、4奪三振を記録した。

2011年のNPBドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズから2巡目で指名。契約金8,000万円、年俸1,500万円(金額は推定)という条件で入団した[2]。入団当初の背番号16

ロッテ時代[編集]

ロッテ時代 (2012年、QVCマリンフィールドにて)

2012年には、3月31日に東北楽天ゴールデンイーグルスとの開幕カード第3戦(クリネックススタジアム宮城)8回裏に一軍公式戦へデビュー。1死満塁からの救援登板であったが、2者連続奪三振で切り抜けた末にチームが勝利したため、試合後にはヒーローインタビューを受けた[3][4]。4月22日の対埼玉西武ライオンズ戦(QVCマリンフィールド)では、1点ビバインドの8回表からの救援登板で1イニングを無失点に抑えると、その裏にチームが逆転したため一軍公式戦初勝利を記録。試合後のヒーローインタビューでは、「ウイニングボールは、一番感謝している両親(オトン、オカン)にあげたい」と述べた[5]。一軍公式戦では、通算27試合の登板で2勝5ホールドをマーク。シーズン終了後の契約交渉では、前半戦の働きが球団の査定に反映されたため、推定年俸1,650万円(前年から150万円増)という条件で更改した。

2013年には、故障の影響で、春季キャンプから公式戦の開幕直後まで二軍で過ごした。4月に一軍へ昇格するものの、一軍公式戦で打者9人を相手に5四球を出すなどと制球が安定せず、二軍へ降格。シーズン通算では、一軍公式戦5試合の登板で0勝1敗、防御率18.00という成績にとどまった。シーズン終了後には、FA権の行使によって、埼玉西武ライオンズから涌井秀章投手が移籍。涌井が西武入団時の背番号でもある16を付けることを希望したため、背番号を13に変更した[6]

2014年には、一軍公式戦5試合に登板。通算の投球回数は4イニングで、0勝1敗、防御率6.75と振るわなかった。

2015年には、入団以来初めて一軍公式戦への登板機会がなく、10月3日に球団から戦力外通告を受けた[7]

NPB他球団での現役続行を希望していたことから、2015年11月10日に、12球団合同トライアウト草薙球場)へ参加した。シートバッティング形式で打者3人と対戦したところ、ストレートで最速145km/hを計測したものの、2四球1死球[8]という結果で制球難を露呈。結局、NPB他球団から獲得のオファーはなく、12月17日にベースボール・チャレンジ・リーグ武蔵ヒートベアーズへ入団することが発表された[9]。この間に『プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達』(TBSテレビ)のスタッフからの密着取材を受けていたため、12月30日にTBS系列で放送された同番組で取材の模様が紹介された。

ダイヤモンドバックス傘下時代[編集]

前述の『プロ野球戦力外通告』を視聴した日本在住のメジャーリーグベースボール(以下:MLB)スカウト関係者が、中後の独特の投球フォームや投球術(詳細後述)に注目。MLBの各球団に中後を売り込んだところ、2016年1月に、フィラデルフィア・フィリーズアリゾナ・ダイヤモンドバックステキサス・レンジャーズ(いずれもMLBの加盟球団)がアメリカ国内でのスプリングトレーニングへ中後を参加させることを検討した[10]。2016年2月2日には、上記3球団のスカウトが視察するなか、上尾市民球場ブルペンで投球練習を実施。その結果、ダイヤモンドバックスが、非公式ながらメジャーチームのスプリングトレーニングへ参加することを中後に打診した。さらに、武蔵球団もこの打診を容認したため、中後は招待選手として単身で参加することを決めた[11]

武蔵への入団からMLBへの挑戦を決断するまでの間には、『バース・デイ』(TBSテレビ)が密着取材。同月13日には、その模様が関東ローカルで放送された[12]

2016年3月1日に、ダイヤモンドバックスとマイナー契約を締結[13]。シーズン当初はルーキー級アリゾナリーグのアリゾナリーグ・ダイヤモンドバックスに所属した[14]が、6月23日にシングルAミッドウェストリーグのケーンカウンティ・クーガーズ、7月1日にアドバンスドAカリフォルニアリーグのバイセイリア・ローハイド、8月3日にAAAパシフィック・コーストリーグリノ・エーシズに昇格。MLBへの昇格には至らなかったが、3Aの公式戦では、13登板試合連続無失点を記録した[15]

2017年1月10日に、改めてマイナー契約を締結した。背番号は64で、契約後は、前年に続いてメジャーチームのスプリングトレーニングへ招待選手として参加[16]。首脳陣から「メジャー昇格まであと少しのレベルまで来ている」との評価を受けたが、3月6日に球団からマイナーチームへの降格を通告された[17]。シーズン中は、2Aと3Aの公式戦で、日米を通じてプロ入り後最多の登板数(50試合)と投球イニング数(67回2/3)を記録。通算防御率2.53で球団の幹部から高い評価を受けたが、MLBへの昇格は見送られた。このため、シーズンの終了後には、NPBへの復帰も視野に進路を白紙へ戻すことを示唆。実際に複数のNPB球団が中後の獲得を検討していたが、結局はアメリカ球界でMLBへの挑戦を続けることを決めた[18]

2018年には、前年に続いて、ダイヤモンドバックスのスプリングトレーニングに招待選手として参加[19]。その後はマイナー契約で2Aのジャクソン・ジェネラルズに所属したが、公式戦24試合の登板で1勝1敗、防御率5.29と振るわず、6月21日付で契約を解除された[20]

DeNA時代[編集]

「マイナーリーグからMLBへの挑戦を2018年で終えたい」との意向を示した[20]ことから、左腕の救援陣の強化を求めていたNPBの横浜DeNAベイスターズが、入団テストの合格を条件に獲得を打診した。中後は、この打診を受けて、2018年6月29日に入団テストへ参加[21]。テストを視察したDeNAの高田繁ゼネラルマネジャーが、メディカルチェックで問題がなければ、中後と契約する方針であることを同日中に明言した[22]。7月4日に、DeNAが中後の獲得を正式に発表[23]。NPBへの復帰は4シーズン振りで、背番号は91[24]

7月20日の対阪神タイガース戦(横浜スタジアム)8回裏にNPBの一軍公式戦へ5シーズン振りに登板したが、3被安打1与四球2失点(自責点2)を記録した末に、1イニングで降板した[25]。その一方で、8月28日の対中日ドラゴンズ戦(横浜)では、復帰後初ホールドをマーク。同点から勝ち越されるピンチを凌ぐ投球で、チームの勝利につなげたことから、試合後には復帰後初めてのヒーローインタビューも経験した[26]。NPBのシーズン全体では、一軍と二軍を2度にわたって往復しながら、一軍公式戦8試合へ登板。通算の投球回数は7回1/3にとどまったが、防御率3.68を記録した。

2019年には、イースタン・リーグでチーム最多の44試合に登板すると、防御率1.17という好成績をマーク。一軍公式戦の登板では4試合のみで、防御率を3.38にとどめていたが、10月1日に戦力外通告を受けた[27]。通告の直後には「戦力外(と扱われたの)は(自身)3回目で、もう30歳で家族もいるので、今後については何とも言えない」と語っていた[28]ものの、11月12日の12球団合同トライアウト(大阪シティ信金スタジアム)には参加せず[29]、同月25日に球団を通じて現役引退を表明[30]。奇しくも25日には、表明の前から球団が関与しないトークショーへの参加を予定していたため、このイベントでファンに向けて現役引退を報告した[31]。12月2日に自由契約公示された[32]

現役引退後[編集]

2020年シーズンからは、DeNAの球団職員に転身する[31]

選手としての特徴[編集]

千手観音投法」とも呼ばれる、スリークォーターサイドスローなど腕の位置を多彩に使い分ける変則左腕[33]。その投球スタイルから「和製ランディ・ジョンソン」とも称される[34]。変則フォームで投げ始めたきっかけは、中学生時代に所属していたシニアリーグの監督からサイドスローを勧められたことにある。もっとも、中後本人の話によれば、「サイドスローがものにならなくて(身に付かなかった)ので、(監督から)何も教えてもらえなかった。『(監督から)干された』と感じたので、自分でフォームを改良した」という[35]

大学生時代には、最速151km/hのストレートスライダーシンカーなど多彩な変化球を投げて[36]いたが、ロッテへの入団後には「投球の割合は、ストレートが10パーセント、チェンジアップが1パーセント、残りの89パーセントはスライダー。スライダーは僕の生命線」と語っている[37]。MLB3球団のスカウトが視察した前述の投球練習では、調整の段階でブルペンに入ったにもかかわらず、ストレートで140km/h台中盤のスピードを何度も計測。決め球のスライダーも披露した[10]。その後に入団したダイヤモンドバックスではツーシームチェンジアップ[38]、DeNA入団後はカットボールの投げ方も習得している[31]

三振を奪う能力が高い[39]一方で、ロッテ時代には制球に苦しむシーンも多かった[40]。ロッテ時代の一軍初登板で2者連続三振を奪った際には、2人目の内村賢介を124km/hのスライダーで空振り三振を奪った直後に、スライダーがそのまま内村の右膝に当たってしまった。

人物[編集]

姓の「中後」を「なかうしろ」と読む例は日本全土でも少なく、大阪府内の電話帳では、中後本人の実家1軒の電話番号が登録されているという。中後自身も、「自分の家族以外で中後姓の人に会ったことがない」と述べている[41]

近畿大学付属新宮高校の出身者から初めて誕生したプロ野球選手で、ロッテへの入団が決まってからは、アーム式のピッチングマシーンを同部へ寄付している[42]

家族揃って阪神タイガースのファンで、ロッテ入団の直後には「桧山進次郎(2013年引退)と対戦するのが夢」と語っていたが、実現には至らなかった。

ロッテからドラフト会議の2位で指名された直後には、「1位指名されると思っていました」とコメント。自身と同じ大学4年生(当時)の左腕投手で、ロッテから1位で指名された藤岡貴裕を「何年か先には抜いて見せます」とも述べていた[43]が、わずか4年で戦力外通告を受けてしまった。

2012年1月に千葉ロッテマリーンズ寮(埼玉県さいたま市)へ入寮したが、ドラフト4位指名で自身と同じ関西出身の益田直也(当時は関西国際大学4年生)と共に、当初の予定より遅く寮に到着した。関西からJRの電車を乗り継いで寮へ向かう途中に、東京駅から寮の最寄り駅である武蔵浦和駅まで、京葉線武蔵野線経由で移動したことによる。このルートでは1本の電車だけで移動できるが、電車を乗り継ぎながら他の路線(京浜東北線など)で移動する場合に比べて、2倍以上の時間を要する[44][45]

ロッテ3年目の2015年4月22日には、「4(よ)い22(夫婦)」という語呂合わせで、1歳年下で元保育士の女性と入籍[46]。しかし、妻が第1子を出産する直前に、ロッテから戦力外通告を受けた。同年の12球団合同トライアウトの直後には、NPB他球団から獲得の打診がなかったことから、家族との生活を背景に野球指導者への転身を検討。3週間悩んだ末に、「好きな野球を取りあげることはできないから、やりたいようにやったらいい」という妻のアドバイスに沿って、武蔵への入団を決意した[47]。なお、武蔵への入団決定直後には、第1子(男児)が誕生している。

『プロ野球戦力外通告』での取材中には、「独立リーグでは年収が150万円程度で、とても家族を養えない」という理由から、武蔵でのプレーを1シーズンに限ることを明言。それまでにNPBへの復帰を果たせなかった場合には、現役を引退する意向があることも示した[48]。実際には、ダイヤモンドバックス傘下の球団を経て、3年半後(2018年のシーズン途中)にDeNAでNPBへ復帰している。

MLB3球団からスプリングトレーニングへの参加を打診された当初は、年収の低いマイナーリーグから参加する可能性があることや、上記の事情を考慮しながら慎重に検討。後にメジャーリーグのトレーニングへの参加を非公式に打診されたことから、単身でアメリカに渡ったうえで、メジャーリーガーを目指すことを決断した[12]。MLBへ定着した場合に、身辺が落ち着いた時点で妻子をアメリカに呼び寄せることも考えていた[11]が、3シーズンで一度も昇格を果たせないまま日本への帰国に至った。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 ロッテ 27 0 0 0 0 2 0 0 5 1.000 96 20.1 21 1 13 0 4 15 0 1 11 11 4.87 1.69
2013 5 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 9 1.0 1 0 5 0 0 0 0 0 2 2 18.00 6.00
2014 5 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 19 4.0 3 0 5 0 0 1 1 0 4 3 6.75 2.00
2018 DeNA 8 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 35 7.1 7 0 6 0 1 4 1 0 3 3 3.68 1.77
2019 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 2.2 3 0 2 0 0 1 0 0 1 1 3.38 1.88
NPB:5年 49 0 0 0 0 2 2 0 7 .500 171 35.1 35 1 31 0 5 21 2 1 21 20 5.09 1.87
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 16 (2012年 - 2013年)
  • 13 (2014年 - 2015年)
  • 11 (2016年) ※実際には着用せず
  • 64 (2016年 - 2017年)
  • 91 (2018年 - 2019年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 表彰選手 日本学生野球協会
  2. ^ 中後、変幻フォーム貫く!成瀬&藤岡と左腕王国つくる」 スポニチ Sponichi Annex (2011年11月22日)、2011年12月3日閲覧。
  3. ^ “度胸満点ルーキー中後 プロ初登板で満塁連続K斬り!”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年4月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/04/01/kiji/K20120401002952490.html 2013年4月12日閲覧。 
  4. ^ “ロッテ・ルーキー中後が満塁ピンチ救った”. デイリースポーツ. (2012年3月31日). http://www.daily.co.jp/newsflash/2012/03/31/0004932463.shtml 2012年3月31日閲覧。 
  5. ^ ロッテのルーキー中後が初勝利 開幕から中継ぎで大活躍 産経新聞 2012年4月22日閲覧
  6. ^ 中後の背番号「13」に変更 FA加入の涌井に「16」譲渡 スポーツニッポン 2013年12月25日閲覧
  7. ^ 来季契約について 千葉ロッテマリーンズ公式サイト 2015年10月3日閲覧。
  8. ^ “2015年合同トライアウト速報”. 日刊スポーツ. (2015年11月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1562569.html 
  9. ^ 中後 悠平選手、入団のお知らせ (PDF) 武蔵ヒートベアーズ Musashi Heat Bears web page 2015年12月17日閲覧
  10. ^ a b “元ロッテ中後にメジャーから声かかる「投球見たい」 3球団テスト受けた”. スポーツニッポン. (2016年2月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/02/12/kiji/K20160212012027010.html 
  11. ^ a b “元ロッテ中後“戦力外”一転、メジャーキャンプ参加オファー来た!”. スポーツニッポン. (2016年2月13日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/02/13/kiji/K20160213012032370.html 
  12. ^ a b 『バース・デイ』(2016年2月13日TBSテレビ・関東ローカル放送分「戦力外通告を受けた男たちの第2の人生」」)”. TBSテレビ. 2016年3月2日閲覧。
  13. ^ “ロッテ戦力外の中後 ダイヤモンドバックスとマイナー契約 TV番組きっかけ”. スポーツニッポン. (2016年3月2日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/03/02/kiji/K20160302012138480.html 
  14. ^ AZL D-backs Team Roster”. Minor League Baseball. 2016年3月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年3月2日閲覧。
  15. ^ 日本では力を発揮できなかった変則左腕・中後悠平 アメリカンドリームを掴めるか? マイナビニュース2016年8月30日閲覧
  16. ^ “元ロッテ中後「チャンス」Dバックスのメジャーキャンプ参加へ”. スポーツニッポン. (2017年1月11日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/01/11/kiji/20170111s00001007040000c.html 
  17. ^ “元ロッテ中後「チャンス」Dバックスのメジャーキャンプ参加へ”. スポーツニッポン. (2017年1月11日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/1788264.html 
  18. ^ “元ロッテ中後 来季もメジャー挑戦 ダイヤモンドバックス傘下でプレーへ”. スポーツニッポン. (2017年11月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/11/28/kiji/20171127s00001007267000c.html 
  19. ^ MLB公式プロフィール参照。2018年1月10日閲覧。
  20. ^ a b “中後の解雇を発表 ダイヤモンドバックス2A 24試合で防御率5.29”. スポーツニッポン. (2018年6月22日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/06/22/kiji/20180621s00001007353000c.html 
  21. ^ “中後がDeNA入団テスト「悔いなく投げられた」”. 日刊スポーツ. (2018年6月29日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806290000542.html 
  22. ^ “中後、DeNA入団テスト合格 高田繁GM「左のリリーフとして期待」”. 日刊スポーツ. (2018年6月29日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/06/29/kiji/20180629s00001173535000c.html 
  23. ^ “中後悠平選手 獲得のお知らせ”. 横浜DeNAベイスターズ. (2018年7月4日). http://www.baystars.co.jp/news/2018/07/0704_03.php 
  24. ^ “中後悠平選手 入団記者会見”. 横浜DeNAベイスターズ. (2018年7月5日). http://www.baystars.co.jp/news/2018/07/0705_04.php 
  25. ^ “DeNA中後が入団初登板 3年ぶりNPBマウンドで3連打浴び、1回を2失点”. FullCount. (2018年7月20日). https://full-count.jp/2018/07/20/post159246/ 
  26. ^ “DeNA・中後 見事な火消しで移籍後初ホールド お立ち台に「本当に最高です!」”. スポーツニッポン. (2018年8月28日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/08/28/kiji/20180828s00001173360000c.html 
  27. ^ “ベイスターズ、中後悠平ら10選手に戦力外通告 ダイヤモンドバックス傘下から日本復帰2年目も”. BASEBALL CHANNEL. (2019年10月1日). https://www.baseballchannel.jp/npb/72179/ 
  28. ^ “中後 3度目の戦力外に「自分の責任」”. スポーツ報知. (2019年10月1日). https://hochi.news/articles/20191001-OHT1T50100.html 
  29. ^ “トライアウト不参加の主な選手は…DeNA中後、ヤクルト大引、オリックス成瀬ら”. FullCount. (2019年11月12日). https://full-count.jp/2019/11/12/post602447/ 
  30. ^ “中後悠平選手 現役引退のお知らせ”. 横浜DeNAベイスターズ. (2019年11月25日). https://www.baystars.co.jp/news/2019/11/1125_05.php 
  31. ^ a b c “DeNA 中後 引退表明の夜に…「すごいタイミング 全くの偶然」”. スポーツニッポン. (2019年11月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/11/26/kiji/20191126s00001000088000c.html 
  32. ^ 自由契約選手 2019年度 NPB公式サイト
  33. ^ 『アマチュア野球 vol.30』日刊スポーツ出版社、2010年、31頁。ISBN 978-4-8172-5509-9
  34. ^ 関西ドラフトの星は“和製ランディ・ジョンソン” 近大の中後投手」 産経ニュース(2011年4月29日)、2011年12月1日閲覧。
  35. ^ 【ウチのROOKIES】ロッテ編」 SANSPO.COM(2012年2月19日)、2012年2月20日閲覧。
  36. ^ ヤクルト 今秋ドラフトで近大・中後を一本釣りだ」 スポーツニッポン(2011年9月27日)、2018年7月22日閲覧。
  37. ^ 「2012変化球特集」『週刊ベースボール』2012年6月25日号、ベースボール・マガジン社、 26頁、 雑誌20444-6/25。
  38. ^ “DeNA 中後 引退表明の夜に…「すごいタイミング 全くの偶然」”. スポニチアネックス. (2019年11月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/11/26/kiji/20191126s00001000088000c.html 2019年11月27日閲覧。 
  39. ^ 近大・中後17K完封、3球団が視察」 デイリースポーツ(2011年9月25日)、2011年12月1日閲覧。
  40. ^ 近大・中後6四死球!苦手・同大克服できず…関西学生」 スポーツ報知(2011年9月16日)、2011年12月1日閲覧。
  41. ^ 電話帳には1軒だけ 中後「自分の家族以外で会ったことはない」 - 2012年1月16日 Sponichi Annex
  42. ^ 母校にピッチングマシン寄付 ロッテ入団の中後投手 近大新宮高 - 2012年3月3日 紀伊民報
  43. ^ 「2011ドラフト総決算」『週刊ベースボール』2011年11月14日号、ベースボール・マガジン社、 34頁、 雑誌20442-11/14。
  44. ^ 「途中でおかしいと思った」ロッテ新入団選手が迷子に - 2012年1月9日 Sponichi Annex
  45. ^ ロッテ天然新人 東京→武蔵野線→浦和 - 2012年1月9日 nikkansports.com
  46. ^ ロッテ中後結婚「奥さんのためにも結果を残したい」 - 2015年4月22日 Sponichi Annex
  47. ^ 日刊ゲンダイ2015年12月20日付21面記事「ドラフト2位が見た天国と地獄」に記載
  48. ^ 『プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達』(2015年12月30日放送回)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]