土生翔平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
土生 翔平
広島東洋カープ #43
Habushohei.jpg
2018年2月8日 東光寺球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県尾道市
生年月日 (1989-08-16) 1989年8月16日(29歳)       
身長
体重
180 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2011年 ドラフト4位
初出場 2016年5月31日
年俸 550万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

土生 翔平(はぶ しょうへい、1989年8月16日 - )は、広島県尾道市出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。広島東洋カープ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

広陵高等学校3年時は主将を務め、三塁手のレギュラーとして第79回選抜高等学校野球大会でベスト8まで進んだ。第89回全国高等学校野球選手権大会では準決勝の常葉菊川戦で主戦の田中健二朗から先制のソロホームランを放つなど活躍し、エースの野村祐輔小林誠司、1学年後輩の上本崇司らと共にチームを準優勝に導いた。

高校卒業後は、早稲田大学に進学。外野手にコンバートされ、2年時の春からレギュラーに定着すると、4季連続で打率3割以上を記録し、3年時の秋には首位打者を獲得した。しかし、主将を務めた4年時は打率1割台と極度の不振に陥った。

2011年10月27日、プロ野球ドラフト会議広島東洋カープから4位指名を受けた。ドラフト会議前は4位以下の指名の場合は社会人野球のトヨタ自動車へ進む意向を示していたが、ドラフト会議後、苑田聡彦スカウト部長と尾形佳紀スカウトから指名あいさつを受け、プロ入りへ前向きな姿勢を見せた[2]。同年11月16日、広島との契約に合意し仮契約を結んだ[3]

プロ入り後[編集]

プロ入りから4年間は、一軍出場が無かった。

2016年5月31日に一軍初出場を果たし、6番ライトで初スタメンとなった6月3日福岡ソフトバンクホークス戦でプロ初安打を放った[4]

選手としての特徴・人物[編集]

ライナー性の打球が持ち味でバットコントロールに優れたアベレージヒッター。遠投105m、50m6秒3で足・肩も水準以上と評価されている[5]

広島県の尾道市出身で、市民球場時代からカープの試合を見に行っていた。ドラフトで下位指名なら社会人野球に進む予定だったが、指名された球団が地元だったことで入団に気持ちが傾いたという[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 広島 5 9 8 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .125 .222 .125 .347
2017 5 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
NPB:2年 10 11 9 0 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 1 0 .111 .200 .111 .311
  • 2017年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



外野












2016 広島 2 7 0 0 0 1.000
2017 4 2 0 0 0 1.000
通算 6 9 0 0 0 1.000
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 43 (2012年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 広島 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年6月17日閲覧。
  2. ^ a b 【広島4位】土生“心は赤ヘル軍団” デイリースポーツonline、2011年11月4日
  3. ^ “【広島】熱意通じたドラ4土生と合意”. (2011年11月16日). http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2011/news/f-bb-tp0-20111116-864272.html 2013年9月30日閲覧。 
  4. ^ 広島土生プロ初スタメン初安打「無我夢中でした」”. 日刊スポーツ (2016年6月3日). 2016年10月4日閲覧。
  5. ^ 【広島4位】土生翔平 早大主将は屈指のアベレージヒッター 足も魅力 スポニチ Sponichi Annex、2011年10月27日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]