エドガー・オルモス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エドガー・オルモス
Edgar Olmos
千葉ロッテマリーンズ #51
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス郡ロサンゼルス市バン・ナイズ英語版
生年月日 (1990-04-12) 1990年4月12日(28歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 MLBドラフト3巡目
初出場 MLB / 2013年6月3日
NPB / 2018年5月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

エドガー・オルモスEdgar Olmos, 1990年4月12日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス郡ロサンゼルス市バン・ナイズ英語版出身のプロ野球選手投手)。千葉ロッテマリーンズ所属。左投左打。

経歴[編集]

プロ入りとマーリンズ時代[編集]

2008年MLBドラフト3巡目(全体83位)でフロリダ・マーリンズから指名され、6月20日に契約。この年は傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・マーリンズでプロデビューし、1試合に登板した。

2009年はルーキー級ガルフ・コーストリーグで2試合に登板後、9月にA-級ジェームズタウン・ジャマーズ英語版へ昇格し、1試合に登板した。

2010年はA級グリーンズボロ・グラスホッパーズ英語版でプレーし、25試合に先発登板して3勝9敗・防御率4.37・108奪三振の成績を残した。

2011年はA+級ジュピター・ハンマーヘッズ英語版でプレーし、28試合に先発登板して4勝17敗・防御率6.63・101奪三振の成績を残した。

2012年はA+級ジュピターとAA級ジャクソンビル・サンズでプレー。A+級ジュピターでは24試合(先発13試合)に登板して1勝5敗・防御率4.33・78奪三振の成績を残した。オフの11月20日にマーリンズとメジャー契約を結び[1]40人枠入りした。

2013年2月19日にマーリンズと1年契約に合意。3月11日にAA級ジャクソンビルへ配属され、開幕を迎えた。6月3日にメジャーへ昇格し[2]、同日のフィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャーデビュー。6回2死から登板し、1回1/3を1安打無失点に抑えた[3]。翌4日の同カードでは、同点の延長11回裏から登板したが、ジョン・メイベリー・ジュニアにサヨナラ満塁本塁打を打たれ、メジャー初黒星を喫した[4]6月18日にAA級ジャクソンビルへ降格[5]。その後メジャーへ昇格することはなく、この年は5試合に登板して0勝1敗・防御率7.20・2奪三振の成績を残した。

2014年3月17日にAA級ジャクソンビルへ配属され、開幕を迎えた。AA級ジャクソンビルでは18試合に登板して1勝0敗2セーブ・防御率4.44・16奪三振の成績を残した。6月にAAA級ニューオーリンズ・ゼファーズへ昇格。AAA級ニューオーリンズでは33試合に登板して2勝3敗1セーブ・防御率3.86・44奪三振の成績を残した。

マリナーズ時代[編集]

2014年11月20日ウェイバー公示を経てシアトル・マリナーズへ移籍した[6]

2015年2月13日リッキー・ウィークスの加入に伴ってDFAとなった[7]。その後、24日にウェイバーでテキサス・レンジャーズへ移籍したが、肩を故障した。3月4日に契約解除され、マリナーズに出戻った[8]。この年は2年ぶりにメジャーのマウンドに登り、2試合の先発を含む6試合に投げてメジャー初勝利を記録。防御率も2013年から2.70下げ、成長の跡を見せた。オフの12月2日アンディ・ウィルキンスの加入に伴ってDFAとなった[9]

オリオールズ傘下時代[編集]

2015年12月4日にウェイバー公示を経てシカゴ・カブスへ移籍した[10]が、10日にウェイバー公示を経てボルチモア・オリオールズへ移籍した[11]。さらに12月23日にウェイバー公示を経て再びカブスへ移籍した[12]

年が明けた2016年2月12日C.J.リーフェンハウザーの加入に伴ってDFAとなり[13]、16日に40人枠を外れる形で傘下のAAA級アイオワ・カブスへ配属された。

その後、3月24日後日発表選手とのトレードで、再びオリオールズへ移籍した。招待選手としての扱いとなる。シーズンでは傘下のAAA級ノーフォーク・タイズでプレーし、42試合に登板して4勝4敗・防御率2.88・76奪三振の成績を残した。オフの11月7日FAとなった[14]

レッドソックス傘下時代[編集]

2016年11月15日ボストン・レッドソックスとマイナー契約を結んだ[14]

千葉ロッテマリーンズ時代[編集]

2017年12月13日、千葉ロッテマリーンズと契約を結び、日本球界へ移籍[15]。日本でプレーしたことのある同僚から「日本球界でプレーする機会があるならば、是非やるべきだ」と言われており、オルモス自身も日本球界でのプレーを熱望していた[16]

詳細情報[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 67(2013年)
  • 49(2015年)
  • 51(2018年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Joe Frisaro (2012年11月20日). “Marlins add Ozuna, three others to 40-man roster” (英語). MLB.com. 2015年12月4日閲覧。
  2. ^ Joe Morgan (2013年6月3日). “Kotchman joining Marlins in series of moves” (英語). MLB.com. 2015年12月4日閲覧。
  3. ^ Scores for Jun 3, 2013” (英語). ESPN (2013年6月3日). 2015年12月4日閲覧。
  4. ^ Scores for Jun 4, 2013” (英語). ESPN (2013年6月4日). 2015年12月4日閲覧。
  5. ^ Tyler Emerick (2013年6月18日). “Olmos optioned to make room for Eovaldi” (英語). MLB.com. 2015年12月4日閲覧。
  6. ^ “Mariners claim LHP Edgar Olmos off waivers from Miami” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Seattle Mariners), (2014年11月20日), http://m.mariners.mlb.com/news/article/102028194/mariners-claim-lhp-edgar-olmos-off-waivers-from-miami 2015年12月4日閲覧。 
  7. ^ “Mariners announce one-year deal with Weeks” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Seattle Mariners), (2015年2月14日), http://m.mlb.com/news/article/109037348/source-mariners-reach-deal-with-free-agent-rickie-weeks# 2015年2月14日閲覧。 
  8. ^ Michael Hurcomb (2015年3月4日). “Edgar Olmos headed back to Mariners due to shoulder injury” (英語). CBS Sports FANTASY. CBS Interactive. 2015年3月8日閲覧。
  9. ^ Ryan Divish (2015年12月2日). “Roster moves: Mariners claim infielder Andy Wilkins off waivers from Orioles” (英語). The Seattle Times. http://www.seattletimes.com/sports/mariners/roster-moves-mariners-claim-infielder-andy-wilkins-off-of-waivers/ 2015年12月4日閲覧。 
  10. ^ Carrie Muskat (2015年12月4日). “Cubs claim lefty reliever Olmos off waivers” (英語). MLB.com. http://m.mlb.com/news/article/158836688/edgar-olmos-claimed-off-waivers-by-cubs 2015年12月7日閲覧。 
  11. ^ Carrie Muskat (2015年12月10日). “O's claim lefty Olmos off waivers from Cubs” (英語). MLB.com. http://m.mlb.com/news/article/159361692/orioles-claim-edgar-olmos-from-cubs 2015年12月12日閲覧。 
  12. ^ Carrie Muskat (2015年12月23日). “Cubs claim lefty Olmos, release Ryan” (英語). MLB.com. 2015年12月24日閲覧。
  13. ^ Steve Adams (2016年2月12日). “Cubs Claim C.J. Riefenhauser, Designate Edgar Olmos” (英語). MLB Trade Rumors. http://www.mlbtraderumors.com/2016/02/cubs-claim-cj-riefenhauser-waivers-orioles.html 2016年2月17日閲覧。 
  14. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2017年2月5日参照。
  15. ^ エドガー・オルモス投手 獲得について千葉ロッテマリーンズ公式サイト 2017年12月13日掲載
  16. ^ ロッテ新外国人 ボルシンガー、オルモス両投手発表日刊スポーツ 2017年12月13日掲載

関連項目[編集]

外部リンク[編集]