藤井亮太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤井 亮太
Swallows Ryota Fujii.JPG
2014年5月29日、明治神宮野球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県加古川市
生年月日 (1988-09-30) 1988年9月30日(32歳)
身長
体重
176 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 三塁手捕手外野手
プロ入り 2013年 ドラフト6位
初出場 2014年5月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

藤井 亮太(ふじい りょうた、1988年9月30日 - )は、兵庫県加古川市出身のプロ野球選手内野手捕手外野手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校1年から野球を始め、中学校時代は軟式野球部で遊撃手を務めた。

兵庫県立高砂南高等学校進学後に捕手へ転向。3年夏の県大会ではベスト16入り。当時の同級生に将棋棋士稲葉陽がいる[1]

東海大学海洋学部に進学後、3年春の大学選手権に出場し、5番・捕手としてベスト8入りを果たす。捕手でのベストナインが3度、3年春にMVP、4年秋に首位打者を獲得。

シティライト岡山入社後は、1年目春から公式戦に出場。都市対抗予選で結果を残し、1年目から三塁手での岡山県と中国地区のベストナインに輝く。2年目には正捕手の座につき、日本選手権予選で初の代表決定戦進出に貢献した。

2013年ドラフト会議東京ヤクルトスワローズから6位指名を受け、入団。背番号は51

プロ入り後[編集]

ルーキーイヤーの2014年は、二軍スタートだったが、35試合に出場し、打率.361、本塁打2、打点18と好成績を挙げ、5月26日に一軍登録。5月28日にプロ初出場。一軍では、代打や途中出場でチャンスを与えられるが、結果を残すことができなかった。二軍では、打率.282、本塁打2、打点24と、まずまずの成績を残した。

2017年は正三塁手である川端慎吾の故障により、出場機会が激増した。5月11日のヤクルト対広島9回戦では「2番・三塁」で先発出場。4回裏二死一、三塁の場面で広島の先発・福井優也から勝ち越しとなる適時打を放つと、続く5回表無死一塁からバントを試みた福井の打球を三塁から猛チャージして好捕。安打で出塁していた會澤翼も塁に戻れず併殺を完成させるなど攻守に渡る活躍を見せ、山田哲人と共にプロ入り初のお立ち台に上がり、「忍者のような動き」と評された[2]6月18日のヤクルト対日本ハム2回戦(セ・パ交流戦)でも、6回一死一塁から中島卓也のライナーに飛びついて三直とし併殺に、9回では横尾俊建の折れたバットをよけながら飛球を好捕するという妙技をみせた[3]

2018年は飛躍を期待されたが、監督が真中満から小川淳司に変わり三塁手のポジションが復帰した川端を軸に述べ11人が起用される大激戦区となった結果、僅か38試合(先発では10試合)の出場に終わった。

2019年は前年以上に一軍に呼ばれる機会がなく、成績も自己ワーストを記録。二軍ではチームトップの121試合に出場し三塁、一塁、遊撃、外野とユーティリティに起用されたが捕手としては出場は無かった。

2020年11月11日、球団より戦力外通告を受ける[4]

選手としての特徴・人物[編集]

50メートル5秒8の俊足と遠投120メートルの強肩が売りの捕手(2018年から内野手登録)。三塁や外野もこなせるがフライの追い方など課題も多い[5][6]。身体能力が高く、捕手に限らず内・外野もこなせるユーティリティプレイヤー[7]

目が悪く、野球をするときは度の入ったサングラスを着けている[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 ヤクルト 7 7 6 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 3 0 .000 .143 .000 .143
2015 13 38 34 5 6 1 0 0 7 2 0 1 2 0 2 0 0 13 1 .176 .222 .206 .428
2016 12 20 20 2 4 1 0 0 5 0 0 0 0 0 0 0 0 8 0 .200 .200 .250 .450
2017 97 309 292 20 75 3 0 2 84 12 5 3 6 1 9 0 1 56 6 .257 .281 .288 .568
2018 38 59 51 10 14 2 0 0 16 4 1 3 2 0 5 0 1 12 0 .275 .351 .314 .665
2019 6 17 13 1 1 0 0 0 1 0 1 0 1 0 3 0 0 3 0 .077 .250 .077 .327
2020 10 20 18 1 5 0 0 0 5 0 0 0 1 0 1 0 0 3 0 .278 .316 .278 .594
NPB:7年 183 470 434 39 105 7 0 2 118 18 7 8 12 1 21 0 2 98 7 .242 .279 .272 .551
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



捕手 三塁 外野














































2014 ヤクルト 2 10 0 0 0 1.000 0 0 0 0 ---- - 1 0 0 0 0 ----
2015 1 3 0 0 0 1.000 0 0 0 0 ---- - 11 16 0 2 0 .889
2016 - 3 1 5 1 1 .857 2 4 0 0 0 1.000
2017 - 90 61 141 14 13 .935 4 1 1 0 0 1.000
2018 - 33 15 28 4 0 .915 -
2019 - 4 1 3 0 0 1.000 1 0 0 0 0 ----
2020 - 4 0 2 0 0 1.000 2 0 0 0 0 ----
通算 3 13 0 0 0 1.000 0 0 0 0 ---- 134 78 179 19 14 .931 21 21 1 2 0 .917
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 51 (2014年 - 2018年)
  • 0 (2019年 - 2020年)

登場曲[編集]

出典[編集]

  1. ^ https://twitter.com/kansaishogi/status/876696731206860800
  2. ^ 攻守で魅せた!ヤクルト・藤井、勝ち越し打&好捕 サンスポ(2017年5月11日) 2017年5月12日閲覧
  3. ^ 捕手登録の“名手”燕・藤井、三塁で妙技「だいぶ余裕出てきた」” (日本語). SANSPO.COM (2017年6月18日). 2020年11月11日閲覧。
  4. ^ "来季の契約について". 公式サイト. 東京ヤクルトスワローズ. 11 November 2020. 2020年11月11日閲覧
  5. ^ 神宮つばメ~ル(第1、3月曜更新) : 第45回 ドラフト6位・藤井亮太、“ノムラの考え”への挑戦”. スポーツコミュニケーションズ (2014年2月3日). 2014年7月16日閲覧。
  6. ^ ヤク藤井 3安打で開幕先発アピール…内外野OKの異色捕手”. スポニチアネックス (2015年3月5日). 2015年3月7日閲覧。
  7. ^ プロ野球ドラフト会議”. 東京ヤクルトスワローズ公式サイト (2013年10月24日). 2013年10月24日閲覧。
  8. ^ ヤクルト・藤井亮太内野手「男前の坂口さんにメガネを選んでもらう」/欲しいもの” (日本語). gooニュース. 2020年11月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]