山本雅士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山本 雅士
中日ドラゴンズ #204
2015D51.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県広島市
生年月日 (1994-11-03) 1994年11月3日(22歳)
身長
体重
173 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り NPB / 2014年 ドラフト8位
初出場 NPB / 2015年8月13日
年俸 450万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山本 雅士(やまもと まさし、1994年11月3日 - )は、広島県広島市出身のプロ野球選手投手育成選手)。右投左打。中日ドラゴンズ所属。

経歴[編集]

広島県立安芸南高校では野球部に所属していたが、肩と腰を痛めて長期離脱し、3年生時も背番号は「3」であった[2]。故障復帰のために自宅で自主トレーニングをおこなったり、高校では陸上部コーチのアドバイスを受けたりしたという[2]。受験勉強をしていなかったことから独立リーグを進路に定め[2]四国アイランドリーグplusのトライアウトを受験し合格[3]徳島インディゴソックスに入団するが、初年度は選手登録外の練習生であった[4]。スコアラーや球場のカウントインジケーター操作をおこない、又吉克樹ら他の選手の配球などを見る[5] 一方、練習生は無給のためトレーニングの後にガストのキッチンでアルバイトをしていた[2]。2年目の2014年は開幕から選手登録される[6]。チーム2試合目となる4月6日の対高知ファイティングドッグス戦で中継ぎとして初登板[5]。5月14日の対高知ファイティングドッグス戦では完封勝利を挙げる[4][5][7]。 7月には四国アイランドリーグplus選抜に選出され、フューチャーズ交流戦の第2戦に5番手(クローザー)として登板した[4][8]。このシーズンは前後期優勝したチームで31試合に登板し、前期は先発、後期は抑えを中心に起用され、4勝5敗6セーブ、防御率2.54(リーグ5位)という成績を残した[4][9]愛媛マンダリンパイレーツと対戦したリーグチャンピオンシップや、群馬ダイヤモンドペガサスと対戦したグランドチャンピオンシップでは、合計4試合で終盤にマウンドに立ち、無失点[4]。いずれのシリーズでも優勝決定時の「胴上げ投手」となっている[10][11][12]

2014年プロ野球ドラフト会議にて中日ドラゴンズから8位指名を受け入団。背番号は51に決まった。

2015年8月6日に一軍登録され[13]、8月13日の対阪神タイガース戦(京セラドーム)の8回に公式戦初登板を果たした[14]

2016年は一軍登録される機会がなかった。シーズン終了後の10月28日に、来季の契約を結ばないことが発表された[15]。次年より育成選手として契約する予定であることも併せて発表された[15]

選手としての特徴・人物[編集]

ワインドアップの投球フォームから最速146km/hのストレートとカットボール、フォーク等の変化球のコンビネーションで三振を奪える投球が特徴。投げっぷりの良さも評価されており、自身も「気持ちの強さを前面に出して投げる投球スタイル」とセールスポイントに挙げている[16]

中日には同姓の左腕投手・山本昌が在籍しており、本来であれば登録名を「山本雅」とする所だが、これでは漢字は違っても読みが全く同じになってしまう事から、入団発表においてフルネームの「山本雅士」で登録する意向を明かした[17]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 中日 3 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 22 4.1 7 1 2 0 0 2 0 0 5 5 10.38 2.08
通算:1年 3 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 22 4.1 7 1 2 0 0 2 0 0 5 5 10.38 2.08
  • 2016年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB投手記録

独立リーグでの投手成績[編集]












































2014 徳島 2.54 31 4 5 6 2 1 0 102.2 431 92 5 89 34 5 36 29 3 0
通算:1年 2.54 31 4 5 6 2 1 0 102.2 431 92 5 89 34 5 36 29 3 0

背番号[編集]

  • 37 (2014年)
  • 51 (2015年 - 2016年)
  • 204 (2017年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年11月18日閲覧。
  2. ^ a b c d 徳島インディゴソックス・山本 雅士投手 インタビューVol.1 僕が築き上げた「1人ボトムアップ」 - 独立リーグドットコム(2014年12月22日)
  3. ^ 高知県で行われた四国開催トライアウトについて四国アイランドリーグplus公式サイト 2012年12月8日
  4. ^ a b c d e 中日8位・山本、目指せ! 山本昌 - SPORTS COMMUNICATIONS(独立リーグ結果&ニュース、2014年12月12日)
  5. ^ a b c 徳島インディゴソックス・山本 雅士投手 インタビューVol.2 練習生時代に学んだ「プロフェッショナル」 - 独立リーグドットコム(2014年12月25日)
  6. ^ 4月1日選手登録・練習生公示 - 四国アイランドリーグplus2014年4月1日付選手名簿(PDFファイル)
  7. ^ 試合結果 - 四国アイランドリーグplus公式ウェブサイト
  8. ^ フューチャーズ対IL選抜交流戦第2戦試合結果 - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2014年7月2日)
  9. ^ 19歳の徳島・山本雅士 中日が8位指名 - デイリースポーツ「アイランドリーガー伝」2014年10月24日
  10. ^ インディゴソックス、2年連続CS王者 - 徳島新聞2014年9月20日
  11. ^ 独立リーグGCS・第5戦 インディゴソックス、群馬を下し初の日本一 - 徳島新聞2014年10月14日
  12. ^ 徳島インディゴソックス・山本 雅士投手 インタビューVol.3 「練習生から胴上げ投手、NPB入りへ」 - 独立リーグドットコム(2014年12月27日)
  13. ^ 中日山本雅が初1軍登録「まっすぐが良くなって」 - 日刊スポーツ.com 2015年8月6日
  14. ^ 山本雅、力投デビュー - 中日スポーツ2015年8月14日
  15. ^ a b 来季の契約について”. 中日ドラゴンズ公式サイト (2016年10月28日). 2016年10月28日閲覧。
  16. ^ 2014年ドラフト入団選手 山本雅士中日ドラゴンズ公式サイト
  17. ^ 中日ヤマモト問題決着 ドラ8は山本雅士日刊スポーツ 2014年12月12日付

関連項目[編集]

外部リンク[編集]