早川和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
早川 和夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県下都賀郡壬生町
生年月日 (1960-05-17) 1960年5月17日(59歳)
身長
体重
179 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1984年 ドラフト3位
初出場 1985年6月22日
最終出場 1993年6月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 中日ドラゴンズ (1997 - 2000, 2003 - 2018)

早川 和夫(はやかわ かずお、1960年5月17日 - )は、栃木県下都賀郡壬生町出身の元プロ野球選手外野手)、野球指導者。

来歴・人物[編集]

栃木商業高では、1978年夏の甲子園県予選準々決勝に進むが真岡高に敗退。

高校卒業後は、国士舘大学へ進学。東都大学リーグでは1979年秋季リーグで初優勝を経験するが、自身の活躍の場はなかった。その後は二部リーグとの降昇格を繰り返し、一部リーグ(4季)通算29試合に出場、90打数17安打、打率.189、0本塁打、5打点。

大学卒業後は、社会人野球三菱重工横浜に入社。1984年都市対抗野球日本鋼管の補強選手として出場する。前川善裕らとともに打線の主軸となり、1回戦で本塁打を放つなど活躍。山岡政志(日本石油から補強)、古川利行の好投もあって決勝に進むが、日産自動車との乱打戦の末に9-10で敗退、準優勝にとどまる[1]。しかしこの試合でも4安打を記録し、打率.647で首位打者を獲得。

1984年のプロ野球ドラフト会議日本ハムファイターズから3位指名され入団、即戦力の外野手と期待される。

1987年5月31日南海ホークス戦では、開幕以来初の先発で5打数5安打。これをきっかけに右翼手の定位置を得て同年は57試合に先発出場、打率.278の好成績を記録した。翌1988年も開幕からレギュラーとして起用されるが、打撃面で振るわず五十嵐信一にポジションを奪われた。1990年に投手の田中幸雄と共に藤王康晴小松崎善久との2対2の交換トレードで中日ドラゴンズに移籍。1年目には3試合に二番打者として起用されるが、その後は代打が主となり、1993年限りで現役引退。

引退後は1994年から1996年まで中京テレビ野球解説者や中日のコーチを務めた。フィジカルコーチやトレーニングコーチを務めた後、2006年は一塁ベースコーチを務め、その後は二軍野手コーチを担当していたが2010年6月4日から一軍野手コーチに昇格(一塁ベースコーチも二軍内野守備走塁コーチに転じた風岡尚幸に代わって返り咲いて就任)。2011年はベンチでの出番が多かった。2012年からは再度、二軍育成コーチに就任。2013年10月4日に球団から来季の契約を結ばない事が発表された[2]ものの、10月22日2014年は一軍野手コーチに転じる[3]ことが発表された。2016年は二軍守備コーチを務めていたが、谷繁元信の監督休養後は一軍守備コーチに転じ、攻撃時は一塁ベースコーチも担当した。2017年は二軍野手コーチを務める。2018年限りで退団。

コーチとしての評価[編集]

落合博満の監督就任後は選手の何倍もバットを振って、ノックの腕を磨き、巧みなノックで守り勝つ野球へと貢献した。 落合のの著書「采配」では監督就任の8年間で監督の考えを理解し1番成長したコーチは早川和夫であり、12球団どこにいっても指導者として通用するまでになったと評価されている[要ページ番号]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1985 日本ハム 24 33 30 2 5 0 0 0 5 1 0 0 1 0 2 0 0 8 0 .167 .219 .167 .385
1986 15 13 11 0 0 0 0 0 0 0 1 0 2 0 0 0 0 2 1 .000 .000 .000 .000
1987 64 191 169 13 47 8 3 2 67 16 1 3 5 1 15 2 1 27 1 .278 .339 .396 .735
1988 44 134 110 16 25 2 1 2 35 13 2 2 7 0 12 0 5 28 0 .227 .331 .318 .649
1989 10 8 6 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2 1 0 0 2 .167 .375 .167 .542
1990 中日 4 13 13 1 5 1 0 0 6 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .385 .385 .462 .846
1991 33 31 22 5 5 1 0 0 6 0 0 0 0 0 9 0 0 8 0 .227 .452 .273 .724
1993 13 12 12 1 3 0 0 0 3 2 0 0 0 0 0 0 0 6 0 .250 .250 .250 .500
NPB:8年 207 435 373 38 91 12 4 4 123 33 4 5 15 1 40 3 6 80 4 .244 .326 .330 .656

記録[編集]

背番号[編集]

  • 10 (1985年 - 1989年)
  • 59 (1990年 - 1993年)
  • 91 (1997年 - 2000年、2003年)
  • 84 (2004年 - 2018年)

脚注[編集]

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  2. ^ 来季の契約について中日球団公式サイト2013年10月4日配信
  3. ^ 【中日】佐伯、達川氏ら来季コーチ陣発表日刊スポーツ 2013年10月22日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]