谷口雄也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
谷口 雄也
現役時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県四日市市
生年月日 (1992-06-01) 1992年6月1日(31歳)
身長
体重
182 cm
91 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2010年 ドラフト5位
初出場 2012年9月4日
最終出場 2021年10月26日(引退試合)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

谷口 雄也(たにぐち ゆうや、1992年6月1日 - )は、三重県四日市市出身の元プロ野球選手外野手)。右投左打。愛称は「谷口きゅん[1][2][3]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学1年時から軟式野球を始め、6年時は四日市トップエースに所属。中学時代も、同チームの中学部でプレー。2年時の春に全国大会準優勝を果たす。

愛工大名電高校時代は三塁手のレギュラー。2年時の夏は愛知大会ベスト8。2年時の秋には、一時遊撃手を任されたが送球が安定しなかったため、県大会以降は中堅手に転向した。3年時の夏は外野手だけでなく投手も務めたが5回戦で敗退。甲子園出場はなかった。高校通算44本塁打[4]。高校の2学年先輩にSKE48の元メンバーの高田志織、2学年後輩に中日ドラゴンズ濱田達郎がいる。

2010年10月28日、プロ野球ドラフト会議にて北海道日本ハムファイターズから5位指名を受けた[5]。11月20日、契約金2000万円、年俸480万円で契約(金額は推定)。

日本ハム時代[編集]

2011年は二軍で左翼手のレギュラーを勝ち取り、二軍の中では最多の100試合に出場した。

2012年糸井嘉男が負傷離脱した際に一軍昇格。杉谷拳士との併用で右翼手を務めた他、代打で起用された。

2013年は打率.108と結果を残せず14試合出場に留まった。

2014年には自己最多72試合に出場し打率.268、2本塁打、11打点を記録する。

2015年岡大海淺間大基らの台頭もあり48試合出場で打率.243と前年より成績を落とすも、6月2日の広島東洋カープ戦で前田健太からプロ初となる代打本塁打を放った(さらに、前田はこれが2015年シーズン最初の被弾だった)[6]

2017年3月、前年から痛みを感じていた右膝の検査をしたところ、右膝前十字靱帯損傷と診断され[7]、3月16日に再建手術を受けた[8]。これにより一軍出場はなかった。

2018年11月20日、背番号を64から4に変更することが発表された[9]

2021年10月25日、同年限りでの現役引退を発表し[10]、翌26日の埼玉西武ライオンズ戦(札幌ドーム)で引退試合が行われた。7回裏2死無走者の場面で代打出場、森脇亮介から初球の直球をフルスイングし、左前安打を記録して有終の美を飾った[11]

2022年1月1日より球団関連会社であるファイターズスポーツ&エンターテイメントに入社し、野球の普及や指導業務、新球場のPR事業に携わっている[12]

選手としての特徴[編集]

高校通算44本塁打の長打力と50m5秒7の俊足が評価され、高校時代は「イチロー2世」と評価されていた。本人は中距離打者と自認している[13]

人物[編集]

小顔で童顔である[13]。2014年2月に行われた千葉ロッテマリーンズとのオープン戦、韓国LGツインズとの練習試合で本塁打を放つ活躍を見せると、「かわいすぎるスラッガー」との見出しがスポーツ紙に躍った[13]。ファンからは女優の剛力彩芽似との指摘があるが、本人はやんわりと否定している[13]。なお、剛力は谷口のことを認識しており、2014年の日ハムのファン感謝デーに出演した同じ事務所に所属するタレントを介して、谷口にエールを送っている[2]。2017年に、バラエティ特番ジョブチューン』で初共演を果たした[14]

2014年夏頃、日本ハム応援団が谷口の応援歌を発表[15]

2022年、「今はSNS時代です。でも『戦力外』を簡単に予想しているのだけは許せなかった」とSNSでの戦力外予想に苦言を呈している[16]

2023年7月7日、女優でタレント、元女子プロ野球選手の椿梨央との結婚を発表した[17]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2012 日本ハム 4 6 5 0 2 1 0 0 3 1 0 0 1 0 0 0 0 2 0 .400 .400 .600 1.000
2013 14 43 37 3 4 1 0 0 5 0 0 0 2 0 4 0 0 11 0 .108 .195 .135 .330
2014 72 175 164 18 44 7 1 2 59 11 3 1 2 0 9 1 0 56 0 .268 .306 .360 .666
2015 48 124 107 15 26 5 0 2 37 10 5 2 1 2 14 0 0 25 3 .243 .325 .346 .671
2016 83 211 193 26 49 3 2 1 59 9 7 0 9 0 8 0 1 48 2 .254 .287 .306 .593
2018 6 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2019 30 50 48 4 11 2 0 2 19 10 0 0 0 0 2 0 0 12 1 .229 .260 .396 .656
2020 7 9 9 1 2 1 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .222 .222 .333 .556
2021 8 12 12 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .167 .167 .167 .333
通算:9年 272 636 581 67 140 20 3 7 187 42 15 3 15 2 37 1 1 164 6 .241 .287 .322 .608

年度別守備成績[編集]



外野












2012 日本ハム 4 2 1 0 0 1.000
2013 14 15 1 1 0 .941
2014 63 70 3 1 0 .986
2015 39 50 1 0 0 1.000
2016 64 101 3 0 2 1.000
2018 2 0 0 0 0 ----
2019 14 13 0 1 0 .929
2020 2 2 0 0 0 1.000
2021 1 2 0 0 0 1.000
通算 203 255 9 3 2 .989

記録[編集]

背番号[編集]

  • 64(2011年 - 2018年)
  • 4(2019年 - 2021年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ “ZIP!チューモーク!”. TVでた蔵. http://datazoo.jp/w/%E8%B0%B7%E5%8F%A3%E9%9B%84%E4%B9%9F/20006884 2014年9月4日閲覧。 
  2. ^ a b “【乾坤一筆】日本ハム“谷口きゅん”に激似剛力がエール”. SANSPO.COM. (2015年1月21日). オリジナルの2015年1月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150124031433/https://www.sanspo.com/baseball/news/20150121/fig15012111300002-n1.html 2015年1月21日閲覧。 
  3. ^ “鎌ヶ谷の“きゅん”谷口雄也が東京ドームで一軍デビュー”. livedoorニュース. (2012年9月6日). https://news.livedoor.com/article/detail/6926700/ 2012年9月6日閲覧。 
  4. ^ 日ハム指名・愛工大名電の谷口選手「本当にうれしい」”. 朝日新聞DIGITAL (2010年10月29日). 2014年5月19日閲覧。
  5. ^ 北海道日本ハムファイターズ 2010年 ドラフト情報
  6. ^ ハム谷口プロ初代打弾 今季被本塁打0マエケンから”. 日刊スポーツ (2015年6月3日). 2021年10月26日閲覧。
  7. ^ 日本ハム谷口が右膝靱帯手術へ 今季復帰は絶望”. 日刊スポーツ (2017年3月4日). 2021年10月26日閲覧。
  8. ^ 日本ハム谷口雄也が退院 右膝手術で今季絶望”. 日刊スポーツ (2017年4月12日). 2021年10月26日閲覧。
  9. ^ 日本ハム谷口「身が引き締まる思い」来季から背番4”. 日刊スポーツ (2018年11月20日). 2021年10月26日閲覧。
  10. ^ a b c d 谷口雄也選手引退のお知らせ”. 北海道日本ハムファイターズ (2021年10月25日). 2021年10月26日閲覧。
  11. ^ 引退の日本ハム・谷口が涙の代打安打 同期入団の西川らが労いの抱擁 | BASEBALL KING”. BASEBALL KING. 2021年10月26日閲覧。
  12. ^ 日本ハム、引退の谷口雄也氏が球団関連会社職員へ 「普及活動や指導に」 - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2021年12月21日閲覧。
  13. ^ a b c d “打撃は質実剛健、顔は剛力彩芽?「イチロー2世」、日本ハム・谷口雄也。”. Number. (2014年5月27日). https://number.bunshun.jp/articles/-/820902 2014年5月27日閲覧。 
  14. ^ “ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!神ってる面白さ!プロ野球選手ってこんなに面白かったんだSP!”. gooテレビ番組. https://web.archive.org/web/20170108093538/http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tbs/27619/1026169/ 2017年1月8日閲覧。 
  15. ^ 谷口雄也 公式Twitter”. Twitter (2014年7月29日). 2021年8月26日閲覧。
  16. ^ 元日本ハム・谷口氏の発言が呼んだ波紋。番記者が記名で「戦力外予想」するアメリカと日本の違い<SLUGGER>”. THE DIGEST. 2023年8月24日閲覧。
  17. ^ 木下大輔. “日本ハムOB「かわいすぎるスラッガー」谷口雄也氏が結婚を発表 相手は俳優、モデルの椿梨央 - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2023年8月24日閲覧。
  18. ^ “【日本ハム】谷口雄也が現役引退 26日西武戦に出場へ”. スポーツ報知. (2021年10月25日). https://hochi.news/articles/20211025-OHT1T51107.html 2021年12月4日閲覧。 
  19. ^ 2012年9月4日(火) 北海道日本ハム vs 楽天イーグルス”. 北海道日本ハムファイターズ. 2021年12月4日閲覧。
  20. ^ 2013年選手登場曲”. 北海道日本ハムファイターズ. 2016年12月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]