この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

渡辺勝 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺 勝
中日ドラゴンズ #31
Doragons watanabemasaru 20160812.jpg
育成選手時代
(2016年8月12日 阪神鳴尾浜球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市港南区
生年月日 (1993-10-14) 1993年10月14日(26歳)
身長
体重
172 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2015年 育成選手ドラフト6位
初出場 2019年3月29日
年俸 500万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

渡辺 勝(わたなべ まさる、1993年10月14日 - )は、神奈川県横浜市港南区出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。中日ドラゴンズ所属。

経歴

プロ入り前

丸山台中学校時代は戸塚シニアに所属し、荒川博が主宰する「荒川道場」で打撃指導を受けた[2]

東海大相模高校に進学後は、1年秋から1番で活躍。1学年先輩のエース一二三慎太大城卓三らを擁して、第82回選抜高等学校野球大会第92回全国高等学校野球選手権大会に出場。特に第92回全国高等学校野球選手権大会では打率.429をマークし、準優勝に貢献。決勝戦の興南高校戦では島袋洋奨からも2安打を放っている[3]。翌年の第83回選抜高等学校野球大会にも出場し、1番打者として打率.417と活躍。決勝では三好匠高城俊人擁する九州国際大付属高校と対戦し、三好から3安打を放ち優勝に貢献した[4]。3年の夏は神奈川県大会5回戦で乙坂智近藤健介柳裕也ら擁する横浜高校に敗れた。甲子園通算11試合、打率.408、49打数20安打7打点。同期には菅野剛士、大学でもプレーする田中俊太がいる。

東海大学に進学後、1年秋から試合に出場し、14年秋と15年春はベストナインを獲得。特に15年秋は打率.391を記録し、首都大学リーグMVPにも輝いた[5]。3年時の全日本大学野球選手権大会では優勝。野球部には同期に中川皓太吉田侑樹がいる。

10月22日に行われたドラフト会議中日ドラゴンズに育成6巡目で指名され、支度金200万円、年俸300万円で合意した。背番号212

中日時代

2016年は、二軍公式戦において64試合に出場し、1本塁打、21打点、8盗塁、打率.275の成績を残す[6]

2017年は、二軍公式戦において67試合に出場し、3本塁打、16打点、3盗塁、打率.228の成績だった[7]。10月9日から宮崎県で開催されたみやざきフェニックス・リーグにおいて、打率.324、5盗塁の好成績を挙げる[8]。11月25日から台湾で開催される2017アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBウエスタン選抜に選出される[9]

2018年は、シーズン終了後の11月18日に、球団より支配下選手として契約したことが発表された[10]

2019年は初の開幕一軍となった。

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
2019 中日 27 29 27 3 4 2 0 0 6 2 1 0 0 1 1 0 0 11 0 .148 .172 .222 .395
通算:1年 27 29 27 3 4 2 0 0 6 2 1 0 0 1 1 0 0 11 0 .148 .172 .222 .395
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績



外野












2019 中日 9 3 0 0 0 1.000
通算 9 3 0 0 0 1.000
  • 2019年度シーズン終了時

記録

初記録

背番号

  • 212 (2016年 - 2018年)
  • 31 (2019年 - )

代表歴

打席時登場曲

  • 「Beautiful」CREAM(2019年‐)

脚注

[ヘルプ]

関連項目

外部リンク