友永翔太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
友永 翔太
Doragons tomonagashota 20160812.jpg
2016年8月12日 阪神鳴尾浜球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県秦野市
生年月日 (1991-04-01) 1991年4月1日(28歳)
身長
体重
170 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2014年 ドラフト3位
初出場 2015年4月24日
最終出場 2019年8月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

友永 翔太(ともなが しょうた、1991年4月1日 - )は、日本の元プロ野球選手外野手)。右投左打。旧姓:内田(うちだ)。実父は俳優内田潤一郎。(両親は後に離婚)

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

神奈川県秦野市出身[1]。秦野市立本町小学校から本町中学校に進み[2]、中学時代は「秦野リトルシニア」でプレーした[3]

東海大相模高校では甲子園の出場経験はない[1]。なお、東海大相模高では1学年上に菅野智之田中広輔が、同期に大田泰示角晃多が在籍していた。当時の名字は内田だった。

国際武道大学1年生と3年生の時にそれぞれ千葉県大学野球・秋季リーグのベストナインに選ばれた[4]。2年生時の途中で内野手から外野手に転向している[1]。2013年に日本通運に入社。2014年10月29日時点での社会人通算は110打数33安打、打率.300[4]

2014年10月23日に行われたプロ野球ドラフト会議中日ドラゴンズから3位指名を受け[5]、契約金5500万円、年俸1000万円(いずれも推定)で仮契約し[1]、入団[6]。入団発表会で背番号1が発表されたが、中日で新人選手が背番号1を背負うのは、1998年に入団した福留孝介以来16年ぶり[7]

ドラフト後の11月に行われた日本選手権大会初戦のバイタルネット戦で5打数5安打4打点を記録[8]、この年の社会人野球ベストナイン(外野手)に選ばれた[9][10]

中日時代[編集]

2015年7月5日対読売ジャイアンツ戦で「二番 センター」でスタメン出場し、第一打席でプロ初安打を放った[11]。しかしその後は不振で僅か7試合の出場に終わった。

2016年は12試合の出場で2安打に留まった。

2017年10月1日対東京ヤクルトスワローズで「9番 左翼手」でスタメン出場し、3回表1死二塁の場面で二塁打を放ち、プロ入り初打点を挙げた[12]

2018年は一軍出場なしに終わり、同年オフに背番号を62へ変更した。

2019年5月14日に登録を抹消された井領雅貴に代わり、一軍へ昇格[13]したものの、結果を残すことができなかった。8月に再び一軍へ昇格したものの、ここでも結果を残すことができなかった。シーズン通して僅か10試合の出場で無安打に終わった。10月1日、球団から戦力外通告を受けた[14]。12月2日に自由契約公示された[15]。11月12日の12球団合同トライアウト大阪シティ信用金庫スタジアム)に参加し[16]、4打席無安打[17]。同月30日、この年より開始された公開トライアウト「ワールドトライアウト2019」(明治神宮野球場)の1試合目では犠牲フライと右前適時打で2打点[18]、2試合目は右中間を破る2点適時三塁打で計4打点[16]。2試合目では本職が外野手ながら二塁手としても出場し、器用さをアピールした[16]。12月31日に現役引退の報道がされた[19]

選手としての特徴・人物[編集]

身長170cmは入団時では中日の選手の中で最も低い[1]。50メートル5秒8[20]、入団時にも「足に自信があります」と話した[21]。遠投120メートルの強肩。

東海大相模時代の1年先輩で2013年に読売ジャイアンツに入団した菅野智之は、入団時にプロで対戦したい投手として菅野の名前を挙げた[21]。プロ初安打はその菅野から放っている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 中日 7 20 18 0 1 0 0 0 1 0 2 0 1 0 1 0 0 7 1 .056 .105 .056 .161
2016 12 10 9 2 2 0 0 0 2 0 0 0 1 0 0 0 0 4 0 .222 .222 .222 .444
2017 5 17 16 0 4 2 0 0 6 2 0 1 0 0 0 0 1 4 0 .250 .294 .375 .669
2019 10 10 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 4 0 .000 .100 .000 .100
NPB:4年 34 57 52 2 7 2 0 0 9 2 2 1 2 0 2 0 1 19 1 .135 .182 .173 .355
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



外野












2015 中日 4 2 0 0 0 1.000
2016 3 2 0 0 0 1.000
2017 4 8 0 0 0 1.000
2019 2 0 0 0 0 .---
通算 13 12 0 0 0 1.000
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 1 (2015年 - 2018年)
  • 62(2019年)

登場曲[編集]

  • 「#nofilter」CREAM(2015年 - 2019年、2016年から奇数打席のみ)
  • 「CHANGE (143 Remix)」CREAM(2016年 - 2019年、偶数打席)
  • 「BANG BANG BANG」BIGBANG(2016年 - 2019年、得点圏打撃時)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 中日ドラ3友永「小さくても必ず活躍 nikkansports.com 紙面から2014年11月22日
  2. ^ 選手名鑑 中日ドラゴンズ 公式サイト
  3. ^ 秦野リトルシニア
  4. ^ a b 友永翔太選手 中日ドラゴンズからドラフト3位指名を受ける 日本通運スポーツサイト
  5. ^ ドラフト会議速報 Vol.1 中日ドラゴンズ 公式サイト 2014年10月23日掲載
  6. ^ 2015年度新人選手入団発表 中日ドラゴンズ 公式サイト 2014年12月11日掲載
  7. ^ 中日、今オフも背番号シャッフル10人超え nikkansports.com 2014年12月2日 紙面から
  8. ^ 打線爆発、16安打10得点! 投打がかみ合い初戦を突破 日本通運スポーツサイト
  9. ^ 社会人ベストナイン DeNAドラ3倉本らが選出 スポニチ Sponichi Annex 2014年12月4日掲載
  10. ^ ベストナイン選考結果 公益財団法人 日本野球連盟
  11. ^ 中日ルーキー友永、G菅野から初安打&初盗塁サンスポ 2015年7月5日
  12. ^ 中日友永、3年目で初打点「このあとも積極的に」 日刊スポーツ 2019年10月1日
  13. ^ 友永、井領に代わり1軍抜てき 総力戦だ与田竜野手22人目 東京中日スポーツ ドラニュース 2019年5月14日
  14. ^ 来季の契約について 中日ドラゴンズ公式サイト ドラゴンズニュース
  15. ^ 自由契約選手 2019年度 NPB公式サイト
  16. ^ a b c “清原和博監督の前で躍動、中日戦力外の友永「クビになった悔しさをぶつけました」”. Full-Count. (2019年12月1日). https://full-count.jp/2019/12/01/post620508/ 2019年12月5日閲覧。 
  17. ^ “[トライアウト]友永はアピール不発 4の0”. 中日スポーツ. (2019年11月12日). https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201911/CK2019111202100028.html 2019年12月5日閲覧。 
  18. ^ “友永翔太(前中日)が1安打2打点の活躍で、別格のパフォーマンスを示す!!”. 高校野球ドットコム. (2019年11月30日). https://www.hb-nippon.com/news/36-hb-bsinfo/39496-bsinfo20191130002 2019年12月5日閲覧。 
  19. ^ 中日戦力外の友永 引退決断も起業目指して活動中「僕自身は終わらない」
  20. ^ 中日ドラ3日本通運・友永 名刺代わり5安打4打点 スポニチ Sponichi Annex 2014年11月5日掲載
  21. ^ a b 2014年ドラフト入団選手 友永翔太中日ドラゴンズ公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]