ジャバリ・ブラッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャバリ・ブラッシュ
Jabari Blash
東北楽天ゴールデンイーグルス #69
J blash20190331.jpg
ZOZOマリンスタジアムにて(2019年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ領ヴァージン諸島の旗 アメリカ領ヴァージン諸島セント・トーマス島
生年月日 (1989-07-04) 1989年7月4日(29歳)
身長
体重
196 cm
106 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2010年 MLBドラフト8巡目
初出場 MLB / 2016年4月4日
NPB / 2019年3月29日
年俸 $535,000 (2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジャバリ・ジェレル・ブラッシュJabari Jerel Blash, 1989年7月4日 - )は、アメリカ領ヴァージン諸島セント・トーマス島出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。

経歴[編集]

マリナーズ傘下時代まで[編集]

2007年MLBドラフト29巡目(全体899位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名され、2009年MLBドラフト9巡目(全体274位)でテキサス・レンジャーズからも指名されたが、いずれも入団せず[2]

2010年MLBドラフト8巡目(全体252位)でシアトル・マリナーズに入団[3]。同年はルーキー級アリゾナリーグ・マリナーズ、アパラチアンリーグのルーキー級プラスキ・マリナーズに所属した[3]

2011年はA-級エバレット・アクアソックス、A級クリントン・ランバーキングス英語版に所属し、2012年はA級クリントンでプレーした[2]

2013年はA+級ハイデザート・マーベリックス、AA級ジャクソン・ジェネラルズに昇格、2014年はAA級ジャクソンから8月17日にAAA級タコマ・レイニアーズに昇格した[3]

2015年はAAA級タコマで開幕を迎え、4月6日にAA級ジャクソンに降格したが、5月1日にAAA級タコマに復帰した[3]

パドレス時代[編集]

2015年12月10日にルール・ファイブ・ドラフトオークランド・アスレチックスに指名されて移籍したが、同日中に、12月2日に行われたマーク・ゼプチンスキーヨンダー・アロンソドリュー・ポメランツホセ・トーレスとのトレード後日発表選手としてサンディエゴ・パドレスへ移籍した[3]。この際に40人枠に登録されている[3]

パドレス時代(2016年8月12日)

2016年4月4日のロサンゼルス・ドジャース戦でメジャーデビュー[2]。5月13日にDFAとなり[4]、5月18日に40人枠を外れる形で傘下のAAA級エル・パソ・チワワズへ配属された。7月30日に再びメジャー契約を結んで25人枠入りした[5]。この年メジャーでは38試合に出場して打率.169・3本塁打・5打点・1盗塁の成績を残した。

2017年1月20日にトレバー・ケーヒルとの契約に伴ってDFAとなった[6]。1月25日に40人枠を外れる形でAAA級エル・パソへ配属され、4月7日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[3]。この年は61試合に出場して打率.213・5本塁打・16打点・1盗塁。

ヤンキース・エンゼルス時代[編集]

2017年12月13日にチェイス・ヘッドリーブライアン・ミッチェルとのトレードで、ニューヨーク・ヤンキースへ移籍した[7]

2018年2月20日にブランドン・ドルーリーの加入に伴って戦力外となり[8]、翌21日に後日発表選手とのトレードで、ロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した[9]。この年は24試合に出場し打率.103で、3Aでは83試合に出場し、打率.317、29本塁打、68打点。オフの11月29日にリリースされFAとなった[10]

楽天時代[編集]

2018年12月7日に楽天が契約合意したと発表した[11]

人物[編集]

  • 両足をピッタリそろえて構え、右肘を高く上げながらバットのヘッドを投手側に向けるフリオ・フランコを彷彿とさせる独特なバッティングフォームが特徴。以前は広いスタンスで構えノーステップ気味に打っていたが、2017年にメキシコでのウィンターリーグ中に左足の使い方を模索する中で現在の構えになった。バランスが良くなり、頭のブレが抑えられるようになったという[12][13]
  • 愛称はビッグ・ダディ[14]。体が大きいことからアメリカ時代に用具係から命名された。
  • 趣味は読書で自己啓発本を好み、デール・カーネギー著「人を動かす」、ドン・ミゲル・ルイス著「四つの約束」などが愛読書[15]
  • マリナーズ入団時、打撃練習を終えると大先輩のイチローに向かって「いつかイチローさんを脅かす存在になってみせるよ」とジョークを飛ばし、イチローから「待ってるぞ」と笑いながら返された[16]
  • エンゼルス時代は主に外野の控えでチームメイトの大谷翔平とよく話す機会があり、移籍決定後に「日本の投手は変化球が多いので球を追いかけず踏ん張るように」と助言された[17]
  • 弟(Jamori Blash)も野球選手で、2017年のMLBドラフト23巡目でワシントン・ナショナルズから指名され、マイナーで一塁手としてプレーしている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 SD 38 84 71 7 12 2 0 3 23 5 1 0 0 0 11 0 2 34 3 .169 .298 .324 .622
2017 61 195 164 24 35 6 0 5 56 16 1 2 0 1 28 0 2 66 5 .213 .333 .341 .675
2018 LAA 24 45 39 4 4 1 0 0 5 1 2 1 0 1 5 0 0 24 0 .103 .200 .128 .328
MLB:3年 123 324 274 35 51 9 0 8 84 22 4 3 0 2 44 0 4 124 8 .186 .306 .307 .612
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



左翼(LF) 右翼(F)
























2016 SD 4 2 0 0 0 1.000 18 41 1 0 0 1.000
2017 18 21 0 3 0 .875 33 54 5 2 1 .967
2018 LAA 6 10 0 0 0 1.000 14 11 0 1 0 .917
MLB 28 33 0 3 0 .917 65 106 6 3 1 .974
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB
  • 初出場・初先発出場:2019年3月29日、対千葉ロッテマリーンズ1回戦(ZOZOマリンスタジアム)、7番指名打者で先発出場
  • 初打席:同上、2回表に石川歩から中飛
  • 初安打・初打点:同上、6回表に石川歩から右前2点適時打
  • 初本塁打:2019年3月31日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(ZOZOマリンスタジアム)、9回表に高野圭佑から左越ソロ

背番号[編集]

  • 32(2016年 - 2017年)
  • 54(2018年)
  • 69(2019年-)

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Jabari Blash Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2017年12月13日閲覧。
  2. ^ a b c Baseball-Reference参照。2017年12月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g MLB公式プロフィール参照。2017年12月13日閲覧。
  4. ^ Dennis Lin (2016年7月30日). “Padres DFA Rule 5 player Jabari Blash” (英語). The San Diego Union tribune. 2016年8月9日閲覧。
  5. ^ Dennis Lin (2016年7月30日). “Padres trade Kemp to Braves for Olivera” (英語). The San Diego Union tribune. 2016年8月9日閲覧。
  6. ^ Padres finalize one-year deal with Cahill / San Diego designates Blash, but could retain him” (英語). MLB.com (2017年1月20日). 2017年1月23日閲覧。
  7. ^ Bryan Hoch (2017年12月12日). “Yanks deal Headley, Mitchell to SD for Blash” (英語). MLB.com. 2017年12月13日閲覧。
  8. ^ Bryan Hoch (2018年2月20日). “Yanks land Drury from D-backs in 3-team deal” (英語). MLB.com. 2018年3月1日閲覧。
  9. ^ Maria Guardado (2018年2月21日). “Angels acquire Blash from Yankees” (英語). MLB.com. 2018年3月1日閲覧。
  10. ^ Jabari Blash Stats” (英語). Baseball Reference.com. 2018年12月3日閲覧。
  11. ^ 【ジャバリ・ブラッシュ選手】契約合意に関して”. 楽天イーグルス公式サイト (2018年12月7日). 2018年12月18日閲覧。
  12. ^ 楽天ブラッシュ“ざわつく”フォームで弾丸来日1号
  13. ^ 楽天新外国人ブラッシュ、菅野撃ちでオープン戦1号
  14. ^ AJ Cassavell (2017年8月24日). “Padres' Players Weekend nicknames explained” (英語). MLB.com. 2017年12月13日閲覧。
  15. ^ 楽天ブラッシュは海賊紳士 最下位チームの危機に一発ある救世主!!
  16. ^ 楽天ブラッシュ、いつかイチローを脅かす…思い胸に
  17. ^ 楽天新4番候補ブラッシュ 昨季大谷と同僚「いろいろ教わった」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]