島本浩也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
島本 浩也
阪神タイガース #69
島本浩也投手.jpg
2016年7月7日
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県大和高田市
生年月日 (1993-02-14) 1993年2月14日(26歳)
身長
体重
176 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 育成選手ドラフト2位
初出場 2015年4月2日
年俸 850万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

島本 浩也(しまもと ひろや、1993年2月14日 - )は、阪神タイガース に所属する奈良県大和高田市出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

大和高田市立高田小学校1年時に「高田ヤマトイーグルス」で野球を始めると、中学校への在学中に「橿原コンドルボーイズ」に所属した。

福知山成美高校への進学後は、2年春からのベンチ入りを経て、2年秋に投手としてチームの京都府大会準優勝に貢献。その後に臨んだ近畿大会では、PL学園高校戦で10奪三振1失点完投勝利を収めるなどの活躍によって、チームを準々決勝進出に導いた。しかし、2年冬に他の部員が不祥事を起こしたことがきっかけで、チームは日本高等学校野球連盟から半年間の対外試合禁止処分を受けた。その影響もあって、在学中には甲子園球場での全国大会へ出場できなかった。1学年後輩に桑原将志がいる。

2010年のNPB育成ドラフト会議で、阪神タイガースから2巡目で指名。支度金200万円、年俸300万円(金額は推定)という条件で、育成選手として入団した[2]。入団当初の背番号は126

プロ入り後[編集]

2011年には、ウエスタン・リーグ公式戦に1試合登板。投球回数はわずか1イニングだった。

2012年には、ウエスタン・リーグ6試合に登板。シーズンの終了後には、台湾での第1回アジアウィンターリーグNPB選抜の投手として参加すると、通算投球イニング14回2/3で23個の三振を奪った。また、通算10イニング以上の投手としては、参加した全4チームでただ1人0点台の防御率(0.61)を記録した[3]

2013年には、育成選手ながら、オープン戦から一軍に初めて帯同。3月12日の対東京ヤクルトスワローズ戦(阪神甲子園球場)7回表に、オープン戦ながら一軍デビューを果たした。しかし、最初に対戦した打者から四球→2点本塁打→四球という有様で、1死も取れないまま降板。この試合を最後に、一軍から遠ざかった[3]。レギュラーシーズンでは、ウエスタン・リーグ公式戦25試合に登板。主にリリーフへ起用されたが、通算投球イニング(23回 2/3)を上回る被安打(29)を記録したほか、防御率は4.94に達した。育成選手に関するNPBの規約に沿って、シーズン終了後にいったん自由契約選手として公示[4]されたが、後に育成選手としての再契約に至った[5]

2014年には、3月中旬の教育リーグで恥骨の剥離骨折に見舞われながらも、1ヶ月後の実戦復帰を経てウエスタン・リーグ公式戦17試合に登板。5月から先発投手として登板を重ねた[3]結果、1勝3敗、防御率3.40という成績を残したほか、シーズン終了後のフェニックスリーグでも好投を続けた。シーズン終了後には、前年と同じく、自由契約選手としていったん公示[6]。11月21日に、支配下登録選手へ移行する[7][8][9]とともに、背番号を69に変更した。育成選手として阪神へ入団した投手や、(野手を含めた)高卒入団の育成選手の支配下登録は、いずれも初めてであった[9]

2015年には、左の中継ぎ候補として、一軍の沖縄春季キャンプに初めて参加。臨時コーチの江夏豊による指導をきっかけに、オープン戦で6試合連続無失点を記録したことから[10]、阪神へ育成選手契約で入団した選手では初めての開幕一軍登録を果たした。4月2日の対ヤクルト戦(明治神宮野球場)で、4点ビハインドの6回裏に、救援投手として一軍公式戦にデビュー[11]。4月16日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)では、育成選手として阪神へ入団した投手では初めてのホールドを記録[12]。一軍公式戦には通算で18試合に登板したほか、9月12日の対広島東洋カープ戦(甲子園)では、同点で迎えた12回裏に代走へ起用された(詳細後述)。通算の防御率は8.84と高かったが、シーズン終了後の契約交渉では、推定年俸720万円(前年から300万円増)という条件で契約を更改した[13]

2016年には、先発候補として、前年に続いて一軍の沖縄春季キャンプへ参加。しかし、キャンプ序盤の2月3日に左足の内転筋を痛めたため、投手陣で最も早いリタイアを余儀なくされた[14]。オープン戦から一軍に復帰した[15]が、掛布雅之二軍監督の初陣であった中日とのウエスタン・リーグ開幕戦(3月15日)での先発登板で黒星を喫したこと[16]から、前年に続いての開幕一軍入りを逸した。5月21日にシーズン初の一軍昇格を果たした後は[17]、中継ぎ要員として一軍に帯同。7月24日の対広島戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)では、1点ビハインドで迎えた5回裏2死1・2塁からの登板で丸佳浩を1球で一塁ゴロに打ち取ったところ、チームが逆転勝利を収めたため、一軍公式戦での初勝利を挙げた[18]。NPBの一軍公式戦において、阪神の投手が1球で初勝利を挙げたのは初めて[19][20]で、シーズン通算では23試合の登板で防御率3.65を記録した。

2017年には、一軍の投手陣で左の救援要員が充実していたことなどから、一軍公式戦への登板機会がなかった。ウエスタン・リーグの公式戦では、先発を中心に27試合へ登板。3勝4敗と負け越しながらも、防御率1.59という好成績を残した。

2018年には、前年まで先発陣の一角を担っていた左投手の能見篤史が中継ぎに転向した影響で、一軍公式戦1試合の登板にとどまった[21][22]。ウエスタン・リーグの公式戦では、新任の矢野燿大二軍監督の下で、チームの左投手としては最も多い(右投手を含めれば守屋功輝伊藤和雄に次ぐ)34試合へ登板。0勝1敗、防御率3.45という成績ながら、チームの8年振りリーグ優勝に貢献した。

2019年には、一軍監督へ就任した矢野の下で、守屋と共に中継ぎ要員としてフルシーズン一軍に帯同[23][24]4月30日の対広島戦(甲子園)8回表にサビエル・バティスタから平成時代のNPB公式戦最後(通算4万5,238本目)の本塁打を浴びた[25]ものの、セ・パ交流戦の期間中に登板数が自己最多に達したほか、6月6日の対千葉ロッテマリーンズ戦(ZOZOマリンスタジアム)で一軍公式戦初セーブを挙げた[26]。シーズン中盤までビハインドや大量リードの局面を中心に登板を重ねる[27][28][29]と、クローザーラファエル・ドリスが不振で二軍に降格した7月中旬以降は、勝ちパターンでの登板や左打者に対するワンポイント・リリーフでの起用が増加[30][31]。自責点については7月2日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム[32]から、失点については8月1日の対中日戦(甲子園) [33]から、レギュラーシーズンが終了するまで1点も許さなかった。レギュラーシーズンの一軍公式戦では、チーム最多(セントラル・リーグ9位)で、阪神に育成選手として入団した投手としても最も多い63試合に登板[34][35]。4勝1セーブ11ホールド、防御率1.67という好成績で、チームの2年振りクライマックスシリーズ(CS) 進出に大きく貢献した。CSでも、DeNAとのファーストステージ(横浜)および、読売ジャイアンツ(巨人)とのファイナルステージ(東京ドーム)に2試合ずつ登板。レギュラーシーズンの終盤から疲れを押しての登板が続いた影響[24]もあって、過去のレギュラーシーズンで通算11打数ノーヒットに抑えてきたDeNAの筒香嘉智[36]にファーストステージ第1戦(10月5日)で適時打を浴びる[37]など振るわず、チームをレギュラーシーズン3位からの日本シリーズ進出に導けなかった。なお、CS終了後の10月25日には、左肘のクリーニング手術を受けている[24]

選手としての特徴[編集]

オーバースローから繰り出す最速148km/h[38]ストレートを軸に[39]スライダーフォークを織り交ぜる。2014年の秋季キャンプでは、現役時代に自身と同じ左腕投手だった大野豊臨時投手コーチから、シュートを伝授された[40]

プロ野球選手としては細身ながら「投げっぷり」の良さに対する評価が高く[41][42][43][44]、制球力にも優れる[45]

2018年春季キャンプではサイドスローへの転向を試みている。香田勲男一軍投手コーチ(当時)から中継ぎ投手としての能力を買われていたことを踏まえての試みだったが、フォームの定着に至らなかったため、短期間でオーバースローに戻している[46][47]

人物[編集]

橿原コンドル時代にバッテリーを組んでいた捕手は、柳ヶ浦高等学校進学後の2009年に野球部のバス横転事故で急逝[11]。島本は、阪神への入団に伴って虎風荘(球団合宿所)へ入寮する際に、その捕手がユニフォーム姿で映った写真を自室に持ち込んだ[48]

自身と同じ奈良県の生まれで、現役時代に高卒の左腕投手として阪神などで活躍した江夏豊から高く評価されている。2015年の春季キャンプでは、臨時コーチを務めた江夏から直々に指導を受けたばかりか、キャンプ終了後に「江夏賞」を授与された。副賞として贈られたされたオーダーメイドグラブは、試合で使うことを想定してのプレゼントであったが、江夏への強い敬意から使わずに大切に保管しているという[49]

投手にしては足が速いことから、2015年9月12日の対広島戦(甲子園)には、同点で迎えた12回裏2死の局面でマウロ・ゴメスの代走として出場した。この回には、2死無走者から5番打者のゴメスが単打で出塁したため、当時の一軍監督・和田豊が6番に入れていた投手・安藤優也の代打に田上健一を起用。この起用によってベンチ登録の野手を使い切ったことから、救援要員として待機していた島本を、田上への2球目に入る直前で代走に送った。結局、田上が三塁へのゴロを放ったため、一塁走者の島本は二塁でフォースアウト。試合は2-2の引き分けに終わった。なお、阪神に在籍した投手では、嶋田哲也1996年)と西村憲(2011年)が島本と同じ状況で一軍公式戦の代走に起用されている[50]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 阪神 18 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 93 18.1 31 6 8 0 1 12 0 0 19 18 8.84 2.13
2016 23 0 0 0 0 1 0 0 2 1.000 105 24.2 23 2 10 1 0 24 1 0 10 10 3.65 1.34
2018 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 8 2.0 2 0 2 0 0 2 2 0 2 2 9.00 2.00
2019 63 0 0 0 0 4 0 1 11 1.000 229 59.1 42 4 14 0 4 60 0 0 13 11 1.67 0.94
通算:4年 105 0 0 0 0 5 0 1 14 1.000 435 104.1 98 12 34 1 5 98 3 0 44 41 3.54 1.27
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2015 阪神 8 2 5 0 0 1.000
2016 23 3 2 0 0 1.000
2018 1 0 0 0 0 .---
通算 42 5 7 0 0 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
その他の記録
  • 1球勝利:2016年7月24日、対広島東洋カープ18回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、5回裏2死に2番手で救援登板、丸佳浩を一ゴロ

背番号[編集]

  • 126 (2011年 - 2014年)
  • 69 (2015年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 阪神 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2019年1月25日閲覧。
  2. ^ 阪神、島本と仮契約&加藤13日テスト サンケイスポーツ、2010年11月12日。
  3. ^ a b c 島本浩也投手が育成から支配下へ タイガースの高卒投手では初!Yahoo!ニュース 2014年11月25日配信
  4. ^ 2013年度 自由契約選手(育成選手) NPB日本野球機構
  5. ^ 育成選手との再契約について 阪神球団公式サイト 2013年12月11日閲覧。
  6. ^ 2014年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年11月1日閲覧。
  7. ^ 島本浩也選手が契約更改 阪神タイガース公式サイト 2014年11月21日
  8. ^ 阪神・島本、背番号「69」で支配下契約「結果求められる」 SANSPO.COM 2014年11月22日
  9. ^ a b 島本浩也投手が育成から支配下へ タイガースの高卒投手では初!(岡本育子) Yahoo!ニュース 2014年11月25日
  10. ^ “江夏賞男”阪神・島本 開幕一軍切符ゲット オープン戦防御率0.00 スポーツニッポン 2015年3月15日
  11. ^ a b バス事故で亡くなった仲間のためにも…阪神・島本プロ初登板2回0封スポーツニッポン 2015年4月3日
  12. ^ 島本でかした!虎育成入団初ホールド 緊張感を力に6回3人斬り スポーツニッポン 2015年4月17日
  13. ^ 阪神島本300万円増 ビルドアップで150キロ宣言 スポーツニッポン 2015年4月17日
  14. ^ ローテ候補の阪神島本がリタイア2号…左足に痛み日刊スポーツ 2016年2月4日
  15. ^ 阪神島本6番手に急浮上 金本監督「グイッと来た」日刊スポーツ 2016年3月11日
  16. ^ 掛布二軍監督「この1敗重く」島本6失点に13残塁日刊スポーツ 2016年3月15日
  17. ^ 阪神 岩崎、島本を1軍登録、石崎、陽川を抹消日刊スポーツ 2016年5月21日
  18. ^ 6年目の阪神・島本が1球で初勝利「全力でいった。うれしい」スポーツニッポン 2016年7月24日
  19. ^ 島本が1球でプロ初勝利 育成出身の左腕デイリースポーツ 2016年7月24日
  20. ^ 育成出身の阪神・島本が球団初の1球初勝利
  21. ^ 阪神島本「超していきたい」大先輩能見の背中追う - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com (2019年1月15日). 2019年2月4日閲覧。
  22. ^ 阪神・島本、100万円ダウンで契約更改「開幕一軍に入りたい」” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2018年11月14日). 2019年2月4日閲覧。
  23. ^ 島本浩也「信じる」用兵が開花/矢野監督・再生編3 日刊スポーツ 2019年7月14日
  24. ^ a b c 阪神・島本 左肘のクリーニング術終え退院「来季も万全の状態で投げるために手術しました」スポーツニッポン 2019年10月25日
  25. ^ 広島バティスタ平成ラスト弾「名前残るのうれしい」日刊スポーツ 2019年4月30日
  26. ^ 阪神 島本、プロ初S 前月セーブ機会失敗の借り返す3人斬りスポーツニッポン 2019年6月6日
  27. ^ 阪神・島本、9年目の“働き方改革”「準備」「行動」「心構え」を意識で飛躍 Sponichi Annex 2019年7月19日
  28. ^ 阪神島本8戦連続0封 1回1/3をテンポよく好投 日刊スポーツ 2019年7月25日
  29. ^ 阪神自慢の“鉄壁左腕トリオ”能見、島本、岩崎が無失点リレー 矢野監督「リズムを作ってくれました」スポーツニッポン 2019年8月11日
  30. ^ 島本 1死満塁火消し 再編“方程式”のジョーカーや デイリースポーツonline 2019年7月27日
  31. ^ 阪神島本60試合登板「開き直って」満塁山田哲斬り 日刊スポーツ 2019年9月18日
  32. ^ セ・リーグ6球団 今季予想以上に活躍した選手は? 週刊ベースボールONLINE 2019年10月8日
  33. ^ 阪神・島本、13戦連続無失点サンケイスポーツ 2019年9月9日
  34. ^ 2019年度 セントラル・リーグ リーダーズ(投手部門)NPB日本野球機構
  35. ^ 阪神・島本 猛虎初の育成ドラフト出身60試合登板「やっと投げられた」 満塁ピンチで山田哲を三振斬りスポーツニッポン 2019年9月18日
  36. ^ “筒香キラー”阪神・島本、CSフル回転へ 通算11の0「自分の投球さえできれば」スポーツニッポン 2019年10月4日
  37. ^ DeNA、筒香からの連打で追加点! 1番起用の神里は猛打賞にFull-Count 2019年10月5日
  38. ^ https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/04/25/kiji/20190425s00001173082000c.html
  39. ^ 島本ラーメン食べまくりで球速アップや デイリースポーツ online、2015年1月18日。
  40. ^ 島本さえた“大野”シュート 中継ぎ候補へ”. 日刊スポーツ (2015年2月20日). 2015年3月25日閲覧。
  41. ^ 阪神ファームの投げっぷりNo.1左腕・島本浩也投手が公式戦初先発で好投!(岡本育子) Yahoo!ニュース 2014年5月16日
  42. ^ 江夏・大野“W豊”が絶賛 阪神左腕・島本をセの007が警戒 日刊ゲンダイDIGITAL 2015年3月17日
  43. ^ 阪神島本 ハマの番長から果たし状「投げ合いたい」 - 野球 日刊スポーツ 2015年12月27日
  44. ^ 2人のユタカ期待、阪神島本よ「令和のたむじい」に - 虎だ虎だ虎になれ! - 野球コラム 日刊スポーツ 2019年4月24日
  45. ^ 高校でかなわなかった甲子園、プロで 阪神が成美高・島本浩也投手を育成指名 両丹日日新聞、2010年10月29日。
  46. ^ 悩み抜いた1カ月、阪神・島本浩也“幻のサイドスロー”の舞台裏 文春オンライン 2018年3月27日
  47. ^ 阪神・島本 9年目の来季こそ!矢野新監督も期待の中継ぎ左腕、秋から勝負かけるスポーツニッポン、2018年10月27日
  48. ^ 阪神・育成2位島本、亡き友に誓う甲子園登板 写真持ち入寮 サンケイスポーツ、2011年1月7日(アーカイブ)
  49. ^ 5年目左腕・島本に“江夏賞”!特注グラブ手渡し、寮に飾る予定 阪神タイガース公式サイト (2014年11月21日) 2014年12月2日閲覧。
  50. ^ 阪神同率首位 和田監督総力起用、投手島本を代走に日刊スポーツ 2015年9月13日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]