武隈祥太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
武隈 祥太
埼玉西武ライオンズ #48
Takekuma48.jpg
2018年2月9日 宮崎・南郷キャンプ
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道上川郡東神楽町
生年月日 (1989-11-24) 1989年11月24日(32歳)
身長
体重
180 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 高校生ドラフト4巡目
初出場 2009年10月7日
最終出場 2021年10月26日
年俸 3200万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

武隈 祥太(たけくま しょうた、1989年11月24日 - )は、北海道上川郡東神楽町出身のプロ野球選手投手)。左投左打。埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学5年時に東聖イーグルスで野球を始める。中学では旭川北稜球シニアに所属し、2004年に全国大会出場を経験した。

北海道旭川工業高等学校時代は、高校1年生の夏に甲子園に出場しているが登板はしていない。その際試合前の公式練習で三塁打を打ったと語っている。しかしながら3年間は甲子園はおろか全道大会のマウンド経験もなく、全国的にはまったく無名の選手であった。公式戦には8試合に登板し防御率1.23。

2007年5月29日、練習中に人差し指の第1関節部じん帯損傷・第2関節部骨折で全治5週間と診断された。しかし高圧酸素治療器などを使ったリハビリで回復に努め、チームを旭川地区代表決定戦まで導いた。6月26日の北海道旭川東栄高等学校戦では、8回で16三振を奪う好投を見せた。

2007年10月3日に行われた高校生ドラフト会議で、西武ライオンズから4巡目で指名を受けた。西武は裏金問題の処分で上位2選手の指名権を剥奪されていたため、実質1巡目での指名となる。旭川工業高校は、1983年星野伸之2002年鈴木貴志と過去2人の左投手を輩出しており、3人目のプロ野球選手となった。

西武時代[編集]

2009年

2008年、ルーキーイヤーでは一軍登板は無かったものの、イースタン・リーグで16試合に登板し、37回2/3を投げて防御率4.54という成績を残した[2]

2009年10月5日に初めて一軍に登録され[3]、10月7日のシーズン最終戦となる北海道日本ハムファイターズ戦でプロ初登板。3回を投げ4安打3失点だった。

2010年6月20日の福岡ソフトバンクホークス戦でリードされている場面で2番手として登板。その後味方が逆転したことでプロ入り初勝利を挙げた[4]。7月4日の千葉ロッテマリーンズ戦ではプロ初先発。投球しようとした際に転倒するアクシデントもあり(記録はボーク)、4回途中4失点で降板した[5]。この年は一軍で9試合に登板し、防御率2.20を記録した。

2011年は2試合の一軍登板にとどまった。

2012年は初の開幕一軍入りを果たし[6]、シーズン序盤は敗戦処理・ロングリリーフとして登板していた。4月29日のオリックス・バファローズ戦でプロ初ホールドを記録したものの継続して結果を残せず、一軍と二軍を行ったり来たりだった。涌井秀章の抑え転向、平野将光の不調などにより先発投手が手薄になり、7月12日のソフトバンク戦でプロ2度目となる一軍での先発マウンドを任される。8回一死の場面で長谷川勇也にヒットを打たれるまでノーヒットピッチングを展開し、通算2勝目・初の先発勝利を挙げた[7]。しかし、8月12日に登録を抹消されると[8]、9月19日に「左肘尺骨神経脱臼障害修復」の手術を受け[9]、そのままシーズンを終えた。この年は14試合(4先発)に登板して1勝2敗2ホールド・防御率4.83という成績であった。

2013年は開幕を二軍で迎えた。4月9日に一軍登録され[10]、7試合のリリーフ登板を無失点で抑えるも[11]、5月9日に登録を抹消された[12]。7月には先発として一軍登録されるも[13]、2度目の先発となった7月15日の日本ハム戦では初回に2本の本塁打を打たれ、わずか1イニングで交代を告げられてしまった[14]。その翌日に登録抹消されて[15]以降は一軍へ昇格することができず、この年は9試合(2先発)の登板で1勝1敗1ホールド・防御率3.29という成績であった。

2014年は5月9日に一軍登録されると[16]左の中継ぎとして一軍に定着し、左のワンポイントからロングリリーフまで様々な起用に応えた[17]。この年は47試合(1先発)の登板で0勝1敗8ホールド・防御率3.70を記録。オフに750万円増となる推定年俸1600万円で契約を更改した[18]

2015年は自身初めて1年間を通して一軍に帯同。8月21日のロッテ戦では6点リードの9回表に登板した髙橋朋己が打者5人から一死も取れずに3点を失い緊急登板。最後は1点差まで詰め寄られたものの逃げ切り、プロ初セーブを挙げた[19]。この年はリーグ2位の67試合に登板し、6勝1敗11ホールド1セーブ・防御率2.83を記録[20]。オフに2250万円増となる推定年俸3850万円で契約を更改した[21]

2016年も1年間を通して一軍に帯同し、リーグ2位タイの64試合に登板[22]。2年連続60試合以上登板を果たし[23]、5勝3敗14ホールド・防御率3.54を記録。オフに1150万円増となる推定年俸5000万円で契約を更改した[24]

2017年も開幕から便利屋として起用されたが、9月6日に左肩の違和感により登録を抹消された[25]。同23日に再登録されるも[26]、その後の登板は3試合にとどまり、3年連続60試合以上登板とはならなかった。それでも、この年は58試合の登板で5勝2敗13ホールド・防御率3.14を記録し[27]、オフに2000万円増となる推定年俸7000万円で契約を更改した[28]

2018年の春季キャンプでは野田昇吾髙橋朋己小石博孝、ルーキーの齊藤大将と中継ぎ左腕が豊富で、逆に佐野泰雄が前年の故障のリハビリで出遅れ、先発左腕が菊池雄星しかいない状況ということもあり先発転向に挑戦した[29]。しかし、3月にトレードで先発左腕の榎田大樹を獲得した一方、中継ぎはルーキー齊藤と実績のある大石達也が不調で開幕二軍。さらには開幕一軍入りをした野田と新外国人のニール・ワグナーもオープン戦から不安定な投球が続いていたため、武隈は結局中継ぎで開幕を迎えた[30]平井克典増田達至と共に勝ちパターンを期待された髙橋が開幕早々に長期離脱、平井と増田以外の中継ぎが不調だったこともあり、前年までの便利屋ではなく8回のセットアッパーを任され[31]、失点を記録したのは4月18日の日本ハム戦のみという安定した投球を続けていた[32]。しかし、他の中継ぎ投手の不調もあり、点差が開いていても肩をつくる場面が多く、過去4年で236登板の勤続疲労、前年終盤の肩の故障や春季キャンプでの不慣れな先発調整の影響もあり、5月26日の日本ハム戦で2失点を喫すると[33]以降は打ち込まれる登板が続いた。本人は「シーズン中、肩肘に違和感も出た」と語っており、この年は35試合の登板にとどまり、防御率6.37と成績を大きく落とした[34]。オフに650万円減となる推定年俸6350万円で契約を更改した[35]

2019年のキャンプ当初は中継ぎとしての調整をしていたが、前年2桁勝利を挙げた榎田が左肩の張りを訴え、新戦力の内海哲也が肉離れ、松本航が肺炎、と先発要員が相次いで戦線離脱したため3月から急遽先発へ転向[36]。4月3日のロッテ戦で自身5年ぶりとなる先発のマウンドに上がり、先発としては7年ぶりとなる白星を挙げた[37]。しかし、2度目の先発となった同10日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦は試合開始前時点で気温2.6度と真冬並みの寒さの中、4回まで1失点に抑えるも5回に自滅し、5回途中5失点で敗戦投手となった[38]。試合後には肩肘に炎症が起きてしまい、同12日に登録を抹消された[39]。復帰後は中継ぎとして起用されたが、炎症を起こした肩肘に加えて、前年に痛めていた股関節の影響もあって本来の投球ができず、この年の一軍登板は10試合にとどまった[40]。オフに1550万円減となる推定年俸4800万円で契約を更改した[41]

2020年は股関節の状態が悪く、わずか3試合の登板に終わった[42]。オフに2600万円減となる推定年俸2200万円で契約を更改した[43]

2021年は開幕こそ二軍スタートとなったが、二軍戦7試合の登板で防御率0.00と結果を残し、4月9日にシーズン初昇格[44]。左のワンポイントを中心に登板を重ね、9月は9試合の登板で月間奪三振率15.43(7イニング12奪三振)を記録し話題を呼ぶと[45]、10月9日の楽天戦では6回表無死満塁から登板し、2奪三振を含むパーフェクトリリーフ[46]、翌10日の同カードでも8回表一死一・三塁から登板し、1奪三振を含む好救援を見せた[47]。この年は4月の昇格後はシーズン終了まで一軍に帯同し、4年ぶりに40試合以上登板を果たして復活を遂げた。さらに、キャリアハイとなる防御率1.76・WHIP1.01・被打率.168を記録し、チーム3位の46試合に登板した[48]。オフに1000万円増となる推定年俸3200万円で契約を更改した[49]

2022年も開幕二軍スタートとなり、春季教育リーグで左肩を痛め[50]、3月27日の二軍戦を最後に実戦登板から遠ざかった[51]。9月15日の二軍戦で実戦復帰を果たし、1イニングを三者連続三振に打ちとっていたが[52]、一軍のレギュラーシーズン最終戦となった10月2日の北海道日本ハムファイターズ戦(ベルーナドーム)の試合開始前、大型スクリーンの映像にてサプライズという形で現役引退を表明[50]。「何球投げられるか分からない」と春先に痛めた左肩の状態が悪いことから引退試合は行わずに[53]、試合前の引退セレモニアルピッチを行った[54]

選手としての特徴[編集]

持ち球はスライダーカーブチェンジアップの3球種[55]

ストレートは140km/h前後だが、弾道解析システム「トラックマン」による計測で、武隈の直球のバックスピン量が、パ・リーグではトップであることが明らかになった[56]

また、チェンジアップ松坂大輔の握りを石井貴から教わったものであり[55]、武隈の代名詞でもある。ストレートと同じ腕の振りでありながら、球速は120km/h台とブレーキが効いており、打者の左右を問わずに[57]カウント球としても決め球としても使えるのが特徴[55]。対戦した柳田悠岐から「魔球」と称されている[58]

左のワンポイントとして起用されることも多いが、2021年シーズンは46試合の登板で右打者に1安打も許さず、契約更改では「根拠はないけど、右の方がいい。いろいろできるので後悔しない。左ではできることが限られているので」と右打者との対戦を好んでいることをカミングアウトした[49]

人物[編集]

愛称は「クマ[59]

2017年シーズンからは炭谷銀仁朗が行っている難病と闘う子どもとその家族への支援活動に加わっている[60]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 西武 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 17 3.2 4 0 2 0 0 3 0 0 3 3 7.36 1.64
2010 9 1 0 0 0 1 0 0 0 1.000 73 16.1 13 0 11 0 0 15 1 1 4 4 2.20 1.47
2011 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 7 2.0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 0.50
2012 14 4 0 0 0 1 2 0 2 .333 145 31.2 34 2 12 1 4 17 4 0 21 17 4.83 1.45
2013 9 2 0 0 0 1 1 0 1 .500 54 13.2 10 3 6 0 0 4 1 0 5 5 3.29 1.17
2014 47 1 0 0 0 0 1 0 8 .000 206 48.2 39 2 22 1 2 33 3 0 20 20 3.70 1.25
2015 67 0 0 0 0 6 1 1 11 .857 255 57.1 55 1 36 2 1 36 4 0 18 18 2.83 1.59
2016 64 0 0 0 0 5 3 0 14 .625 261 61.0 58 5 20 0 1 53 3 0 24 24 3.54 1.28
2017 58 0 0 0 0 5 2 0 13 .714 234 57.1 47 3 16 0 3 36 1 0 21 20 3.14 1.10
2018 35 0 0 0 0 1 2 0 9 .333 140 29.2 36 4 19 1 3 22 0 0 22 21 6.37 1.85
2019 10 2 0 0 0 1 1 0 1 .500 68 14.2 14 1 12 0 1 5 0 0 11 10 6.14 1.77
2020 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 28 3.2 9 0 7 0 0 4 0 0 11 9 22.09 4.36
2021 46 0 0 0 0 0 2 0 9 .000 120 30.2 17 2 14 0 0 25 0 0 7 6 1.76 1.01
通算:13年 365 10 0 0 0 21 15 1 68 .583 1608 370.1 337 23 177 5 15 254 17 1 167 157 3.82 1.39
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2009 西武 1 0 1 0 0 1.000
2010 9 1 2 0 0 1.000
2011 2 0 0 0 0 ----
2012 9 0 4 0 0 1.000
2013 9 0 4 0 0 1.000
2014 47 4 5 0 0 1.000
2015 67 0 13 0 1 1.000
2016 64 2 11 0 0 1.000
2017 58 0 11 0 0 1.000
2018 35 1 6 0 1 1.000
2019 10 1 5 0 2 1.000
2020 3 0 1 0 0 1.000
2021 46 0 7 0 2 1.000
通算 365 9 70 0 6 1.000
  • 2021年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 48(2008年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年12月2日閲覧。
  2. ^ 2008年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2021年10月14日閲覧。
  3. ^ 西武が栗山を抹消、武隈、星、高山を登録”. 日刊スポーツ (2009年10月5日). 2021年9月19日閲覧。
  4. ^ “3年目の西武・武隈がプロ初勝利”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2010年6月20日). オリジナルの2011年5月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110528131023/https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/06/20/kiji/K20100620Z00000990.html 2013年4月30日閲覧。 
  5. ^ 【西武】武隈初先発4回途中4失点KO”. 日刊スポーツ (2010年7月4日). 2021年9月19日閲覧。
  6. ^ 2012年 開幕登録選手発表!”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト (2012年3月28日). 2021年10月14日閲覧。
  7. ^ “武隈 8回1死まで無安打!2年ぶり先発で今季初勝利”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年7月13日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/07/13/kiji/K20120713003666700.html 2013年4月30日閲覧。 
  8. ^ 【西武】石井を登録、武隈を抹消”. 日刊スポーツ (2012年8月12日). 2021年9月19日閲覧。
  9. ^ 片岡 右手首の靱帯修復手術、武隈も手術受ける”. スポニチアネックス (2012年9月19日). 2021年9月20日閲覧。
  10. ^ 【西武】武隈を1軍登録”. 日刊スポーツ (2013年4月9日). 2021年10月14日閲覧。
  11. ^ 【西武】武隈が好投で今季初V!”. 日刊スポーツ (2013年4月29日). 2021年9月19日閲覧。
  12. ^ 【西武】中崎ら登録、武隈ら抹消”. 日刊スポーツ (2013年5月9日). 2022年2月11日閲覧。
  13. ^ 【西武】武隈5回途中2失点「悔しい」”. 日刊スポーツ (2013年7月4日). 2022年2月11日閲覧。
  14. ^ 「ショックが大きいよ」/渡辺監督”. 日刊スポーツ (2013年7月16日). 2021年9月19日閲覧。
  15. ^ 西武 “メッタ打ち”武隈&中崎が2軍降格 試合後に即、帰京”. Sponichi Annex (2013年7月16日). 2022年2月11日閲覧。
  16. ^ 西武が武隈、秋山らを登録、渡辺を抹消”. 日刊スポーツ (2014年5月9日). 2022年2月11日閲覧。
  17. ^ 武隈祥太投手・貴重な中継ぎ左腕としてフル回転”. 週刊ベースボールONLINE (2014年10月23日). 2021年9月19日閲覧。
  18. ^ 西武武隈750万増の1600万円で契約更改”. 日刊スポーツ (2014年11月14日). 2021年9月19日閲覧。
  19. ^ 西武ヒヤヒヤ5連勝で3位に浮上”. デイリースポーツ (2015年8月21日). 2021年10月14日閲覧。
  20. ^ 武隈祥太投手・場面を厭わず投げ続けたチーム“貯金王””. 週刊ベースボールONLINE (2015年11月6日). 2021年9月19日閲覧。
  21. ^ 西武の栗山、4000万円減の2億円 菊池は1700万円増”. 日本経済新聞 (2015年12月3日). 2022年2月11日閲覧。
  22. ^ 2016年度 パシフィック・リーグ 【登板】 リーダーズ(投手部門)”. 日本野球機構. 2021年10月14日閲覧。
  23. ^ 西武・武隈 1150万円増の5000万円でサイン 2年連続60試合以上登板”. スポニチアネックス (2016年12月7日). 2021年9月20日閲覧。
  24. ^ 西武投手陣が契約更改で見せた決意「便利屋でいい」「自分の居場所見つけたい」”. Full-Count (2016年12月8日). 2021年9月19日閲覧。
  25. ^ 西武武隈、左肩違和感で抹消「無理させられない」”. 日刊スポーツ (2017年9月6日). 2021年9月20日閲覧。
  26. ^ 中日浅尾、DeNA石田を登録/23日公示”. 日刊スポーツ (2017年9月23日). 2021年10月14日閲覧。
  27. ^ 西武武隈が来季も中継ぎフル回転、究極の便利屋へ”. 日刊スポーツ (2017年12月31日). 2021年9月19日閲覧。
  28. ^ 西武 契約更改 2017年”. Baseball LAB. 2022年2月11日閲覧。
  29. ^ 西武 武隈祥太、上々の先発テスト”. 週刊ベースボールONLINE (2018年3月8日). 2021年9月19日閲覧。
  30. ^ 西武武隈、久々救援で1失点「投げられて良かった」”. 日刊スポーツ (2018年3月25日). 2021年9月19日閲覧。
  31. ^ 西武、勝利の方程式は「日替わり」制 投手コーチがキーマンに指名したのは…”. 西日本スポーツ (2018年3月28日). 2021年9月19日閲覧。
  32. ^ 武隈投手の好リリーフでホークス戦の連敗を止める!”. 埼玉西武ライオンズオフィシャルサイト (2018年5月22日). 2021年10月27日閲覧。
  33. ^ 【日本ハム】近藤、2戦連発にガッツポーズ!打率は3割5分に”. スポーツ報知 (2018年5月27日). 2021年10月27日閲覧。
  34. ^ 西武・武隈、650万円減の年俸6350万円でサイン”. サンスポ (2018年12月3日). 2021年9月19日閲覧。
  35. ^ 西武武隈650万減、年内ノースローで巻き返し誓う”. 日刊スポーツ (2018年12月3日). 2022年2月11日閲覧。
  36. ^ 中継ぎ志望も内海らの“穴埋め先発” 西武・武隈が5回1失点の巧投”. 西日本スポーツ (2019年3月17日). 2021年9月19日閲覧。
  37. ^ 西武武隈7年ぶり先発白星「次は長いイニングを」”. 日刊スポーツ (2019年4月3日). 2021年9月20日閲覧。
  38. ^ 西武武隈4回まで1失点も5回暗転…開幕連勝ならず”. 日刊スポーツ (2019年4月10日). 2021年9月20日閲覧。
  39. ^ 西武・武隈が登録抹消 左肩肘炎症”. 西日本スポーツ (2019年4月13日). 2021年9月19日閲覧。
  40. ^ 西武・武隈祥太 焦らずに来季3連覇の主役へ/来季の復活を誓う”. 週刊ベースボールONLINE (2019年12月4日). 2021年9月19日閲覧。
  41. ^ 西武榎田ダウン更改4800万円でサイン「見つめ直して」”. 西日本スポーツ (2019年12月4日). 2022年2月11日閲覧。
  42. ^ 松坂&内海はカムバックなるか…3年連続防御率ワーストの西武で復活期待の選手”. Full-Count (2021年1月7日). 2021年9月23日閲覧。
  43. ^ 12月12日の契約更改”. Sponichi Annex (2020年12月12日). 2022年2月11日閲覧。
  44. ^ 西武が吉川光夫と上間を抹消、十亀と武隈が1軍昇格”. 西日本スポーツ (2021年4月9日). 2021年9月23日閲覧。
  45. ^ 武隈祥太が9月に急変!?「ABEMA バズ!パ・リーグ」でランキングをチェック! 2021 #23”. パ・リーグ.com (2021年10月4日). 2021年10月4日閲覧。
  46. ^ 西武連勝ストップもサウスポーが意地 武隈が無死満塁で失点許さず、公文も満塁斬り”. 西日本スポーツ (2021年10月9日). 2021年10月10日閲覧。
  47. ^ 西武武隈が連日の好救援 森も気迫のダイビングキャッチ”. 西日本スポーツ (2021年10月10日). 2021年10月10日閲覧。
  48. ^ 2021年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(パシフィック・リーグ)”. 日本野球機構. 2021年10月27日閲覧。
  49. ^ a b 西武の左キラー武隈がまさかの告白「右が好き」 今季は右打者に1安打も許さず 1000万円増で契約更改”. 西日本スポーツ (2021年12月2日). 2022年1月26日閲覧。
  50. ^ a b 西武・武隈祥太がサプライズ引退発表 最終戦前にセレモニアルピッチ 球場スクリーンで公表”. 西日本スポーツ (2022年10月2日). 2022年10月2日閲覧。
  51. ^ “西武・今井が長期離脱、若林の1軍復帰に期待”. 高校野球ドットコム. (2022年5月10日). https://www.hb-nippon.com/news/2259-proh/53254-bsinfo20220509006 2022年8月6日閲覧。 
  52. ^ 西武32歳が約半年ぶりに実戦復帰…圧巻の3者連続三振 1軍を目指す選手たち”. Full-Count (2022年10月2日). 2022年10月2日閲覧。
  53. ^ 西武・武隈が電撃引退発表 試合前セレモニアルピッチで発表”. デイリースポーツ (2022年10月2日). 2022年10月2日閲覧。
  54. ^ 西武・武隈が現役引退を“サプライズ”発表 最終戦のセレモニアルピッチに登場”. BASEBALL KING (2022年10月2日). 2022年10月2日閲覧。
  55. ^ a b c 西武・武隈祥太の変化球レッスン!チェンジアップ編”. 週刊ベースボールONLINE (2016年5月24日). 2021年9月25日閲覧。
  56. ^ 大谷空振りさせた西武武隈の1球と「トラックマン」”. 日刊スポーツ (2017年4月4日). 2021年9月20日閲覧。
  57. ^ 武隈祥太投手・場面を厭わず登板する頼りになる左腕”. 週刊ベースボールONLINE (2015年7月3日). 2021年9月19日閲覧。
  58. ^ 【文春野球学校】偏愛選手名鑑2021 埼玉西武ライオンズ”. 文春野球学校 (2021年3月20日). 2021年9月25日閲覧。
  59. ^ 07年「隠れ1位」武隈8回1死まで無安打”. 日刊スポーツ (2012年7月13日). 2021年9月25日閲覧。
  60. ^ 西武・炭谷と武隈が難病と闘う子どもと交流「いいプレーを見せなくては」”. 日刊スポーツ (2017年5月29日). 2021年9月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]